スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2015の投稿を表示しています

思い出される紫陽花の二人

イメージ
紫陽花が咲きかけている。二人は別れの側に付くか、出会いの側に付くかだ。恋を諦めるか否か。カチンと来た私には寂しいかぎりの詩人みたいだけど、ただし彼女が可憐なので彼は胸の空く想いがした。出会いの側に付くだろう、二人とも。苦しませたくないので。紫陽花には思い出される。何かの間違いだった、別れの側に付くなんて。彼も彼女も恋を諦めかけても夢は追いかけていたし、遠ざかりはし得なかった。

マイケル・ジャクソンに解き解される心

イメージ
音楽というとマイケル・ジャクソンのXscapeばかり聴いている。
最晩年の作品集かと思ったら昔の未発表曲も含まれているらしい。
Michael Jackson, Justin Timberlake - Love Never Felt So Good via Michael Jackson
そんな中でLove Never Felt So Goodがお気に入りだ。タイトルを和訳すると愛が気持ち良いなんて(今まで気持ち良い愛など全くなかったんだよ)かな。ポジティブで、本当に良い。何で未発表曲だったのかと訝られる。
彼のThrillerやBadやDangerousといったネガティブなイメージとは対照的で、かりにミステリアスではないとしたらファンタスティックな魅力に溢れているようだ。
人に優しくなれるみたいな印象で、心が解き解されるし、満足感で胸が一杯になるのだった。