投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

食品の五大栄養素と健康成分について

健康への復習を兼ねて基本中の基本を明確化しておきたい。食品に関する用語法として「栄養素」と呼ばれるのは人体に不足すると病気になるものなんだ。炭水化物(糖質)と脂肪(脂質)と蛋白質が三大栄養素で、そこにビタミンとミネラルを含めて五大栄養素とされる。
炭水化物脂肪蛋白質ビタミンミネラル
さらに人体に不足しても病気にはならないけれども取り入れると健康に良いものが「健康成分」と呼ばれるんだ。食物繊維(消化・吸収されない炭水化物)やファイトケミカル(カロテノイド、ポリフェノールという植物の色素)が代表格で、取り分け食物繊維は腸内環境を高めたり、血糖値の上昇を抑制したり、健康的な生活に非常に役立つためにそれも「栄養素」に含めて「六大栄養素」と考えられる向きもあるようだ。
食物繊維ファイトケミカルカロテノイドポリフェノール
僕は野菜と果物とナッツ類を軸として腸内環境を最優先に考えながら食べていてどうしても蛋白質が疎かになりがちなんだ。
アミノ酸やペプチド(蛋白質の構成要素)が何種類も含まれるという黒酢は常日頃と飲んでいるにせよ、補えるほどには十分でもないはずだし、長生きのアルブミンも含めて蛋白質への注意を行ってはならないと思う。
付け加えると魚は蛋白質が取れて脂肪酸(脂肪の構成要素)DHAやEPAも他では得難いものだし、中々、万能の食事は考え付かないにしろ、全体から捉えて減ってしまいそうな部分は絶えず、目を光らせながらか補って行くように心がけておかなくてはならない。

健康のバロメーターをアルブミンに掴む

イメージ
長生きで百歳を越えるような日本人はどうも肉を良く食べるらしい。

悪玉菌で腸内環境が低下して病気になり易いのではないかと思うので、概して野菜なども欠かさずに栄養バランスに優れた人たちが年を取っても元気と受け留めていたけど、ところが肉こそ百歳を越えるような長生きに繋がるのは血中のアルブミンという蛋白質の増加が大きいみたいだ。
血管の内外の水分量を調節しながら栄養分やホルモンの運搬や受け渡しの働きを高めてしかも毒素も取り除く。すなわち各臓器を維持するのに力を発揮する。年を取っても各臓器が比較的に弱らずに済むというところで、肉が非常に役立つんだろう。
血中のアルブミンは健康のバロメーターだ
卵や乳製品や大豆も効果的といわれる。食べて吸収された蛋白質のアミノ酸から肝臓でアルブミンが作り出されるんだ。
ただし肉ばかり食べていればコレスレロールの上昇などによって動脈硬化を進めて心筋梗塞や脳卒中、糖尿病という危険性が高まるのも事実なので、難しいといえば難しいながら食事での栄養バランスを改めて考えさせられる。
参考:お肉と健康寿命の気になる関係アルブミンの働き

苺を追いかけて野菜と果物も見分けが付いた

イメージ
スーパーでDoleのストロベリーでおいしい野菜という商品を見かけた。Doleは果物ジュースのイメージが強いので、珍しいと、そして野菜ジュースにストロベリーという組み合わせも珍しいと思って買って飲んでみたら美味しかった。
苺が中心になっていて他の野菜や果物が周辺を固めるみたいな感じで、恰も指揮者とオーケストラの如く味覚のハーモニーを巧みに奏でているというか、それぞれの素材の個性がしっかり出ていて感心させられた。全体を包み込むように苺の味わいが広がりながら他の野菜や果物の味わいが絶妙のバランスで溶け合っている。
苺の味わいも柔らかみが増していて仄かな甘みが印象に残った。特に酸っぱくもなくて他の野菜や果物のせいなんだろうけれども引き締まって伝わって来た。料理で変わるので、やはりアートだと思う。
苺と野菜の組み合わせも良いものだ。しかし、先日、初めて知ったんだけれども苺は果物ではなかったという。野菜だった。本当に驚いたけれども調べてみると西瓜やメロンも果物ではないらしい。
野菜と果物は何が違うのか/どうやって苺を野菜に分類しているのか

野菜は一年や二年で収穫されて果物は何年も収穫される。つまり木に熟すのが果物で、草に熟すのが野菜なんだ。専門用語では前者が木本類(もくほんるい)と、後者が草本類(そうほんるい)と呼ばれているようだ。
苺や西瓜やメロンは「果物的野菜」とも呼ばれるんだけれども果物屋で売られる習慣による甘みが強いと果物だろうと感じる、僕としてみるや。分かるようで、分からなかったけれども野菜は草から来て果物は木から来るんだ。
ところで苺は姿も独特で、苺本体が実ではなかった。実は表面の粒々らしい。粒々に種が入っている。苺本体は「花床」と呼ばれるけれども種の付け根が膨らんだ部分で、それを食べるものの場合は「偽果」といわれる。林檎、梨、無花果、パイナップルも同じみたい。
桃や柿のように種を包んでいる部分の「子房」を食べるものの場合は「真果」なんだ。どちらも似ているけれども成り立ちが違うんだろう。
しかし苺は実というか、種が外側に付いているところがユニークだ。他にはちょっと思い浮かばないくらい。
参考:いちごやメロンは野菜なの?何でも質問隊

確かな夢の叶え方〜プロ野球選手になるために努力を欠かさなかった中学の先輩〜

中学の先輩でプロ野球の選手になった人がいる。しかも一軍のレギュラーだ。年俸にしたら数千万円だろう、低くても。高ければ数億円の世界だ。最初はパッとしなかったというか、試合に出たり、出なかったりしていたけれども少しずつ定着するようになって行った。腐らずに練習に励む、そうした影の努力が実を結んだ結果なのかも知れない。ガッツのある性格なんだ。
僕は小学生の頃から学校が同じで、彼は野球部で一つ上で野球部に同級生の友達もいたし、知り合いの知り合いみたいな立場で見ていた。しかし中学一年だけ僕も野球部に入った。部活動はやりたくなかったのにどうしてもやらなくてはならない校風だったんだ。好きだから野球部に決めた。入ったのは良いけれども全く面白くなくて殆ど参加しなかった。振り返ると自分でやりたかったのか。今日はキャッチボールで、明日はノックみたいに気分的に過ごしたくてスケジュールか定められた状況に馴染めなかったという。本心で入りたかったわけでもないし、時々、数えるほどしか野球部には顔も出さなかった。
ところで今でも良く覚えているのはプロ野球の選手になった彼にとても驚かされた。練習や何かが凄く真面目だった。一人だけ必死みたいに取り組んでいて空気が全く違うので、僕は気持ちが狼狽えるくらいだった。誰よりも早く来て誰よりも遅く帰るというか、とにかく野球への熱気がもう全身に漲り溢れ返っている様子に一目を置かざるを得なかったわけなんだ。学校としては野球に力を多く注いでもなかったし、他の部員も血眼になってとは感じられなかったので、彼が飛び抜けて見えるのも疑問だった。周りにはつまり不釣り合いなくらい頑張っていた。
地元の有名人になってから知ったんだけれども高校は甲子園(高校野球の全国大会の開催地)に出るようなところへ入学して実際に活躍しながらプロ野球の球団のスカウトに招かれたらしい。
命の輝きがきっと夢を叶える
考えると小学生か中学生のうちに目指す気持ちがあって野球をやっていたのか。人の倍でも丁度みたいな印象を持つ、夢を叶えるということは。そして倍の世界で頭角を現すにも又一層の弛みない努力が欠かせないんだろう。アマチュアからプロになるのも大変だし、プロで稼ごうとするのも大変だ。自分に向いていて好きならば続けられるというと天才肌な感じがする。彼はやりたくてやっているようなので、むしろ一本気らしく受け留められる。ど…

富士山の水のバナジウムと精神的な喜び

イメージ
スーパーで様々な水が売られていて何が良いのかと考えたりする。ミネラルウォーターが、文字通り、栄養素のミネラルを含んでいて微量でも健康に役立つし、飲みたくなる。産地によって水の状態も様々なんだけれども富士山の水が特徴的な成分としてバナジウムを含んでいて興味深いと感じた。
主な効果は血糖値の上昇を抑制する。ちょっと飲むだけでは充分ではなくてしかし多く飲み過ぎると毒性もあるらしくて難しい。僕は気休めでも嬉しい気持ちがするので、時々、ペットボトルで買っているんだ。

日本では富士山は昔から霊峰と呼ばれて神が宿ると崇められて来たわけだし、肖りたいというか、神に祈るような感じで、富士山の水を飲むことそのものに精神的な喜びがあって霊水のご利益としてそれも健康に繋がるのではないかと考えてしまう。生活のリズムを整える。さもないと調子を崩して病気にもかかり易くなりそうだ。
バナジウムの効果は血糖値の上昇を抑制する他には脂質代謝や解毒作用もあるみたい。本当に生活習慣病の予防にもなるし、若返りにもなるしという効果が並んでいる。富士山の水だけで考えると可成の量のバナジウムを含んでなければならなくて巷では値も張るようで、繰り返しになるけれども充分とはいえないくらしか飲んでなくても僕なんか魂の鎮静剤にも等しく受け留めている。因みに貝や海藻や黒胡椒やパセリ等にもバナジウムは含まれているんだ。
必須のミネラルではなくて取らなくても病気になったりはしないにしてもファイトケミカルや食物繊維と同じように健康に生きるためには知っておいて損はないはずだし、況んや興味深くも引き付けられる成分の一つだと思われる。

ハッブル宇宙望遠鏡は天体観測に革命を齎した

イメージ
テレビの地球ドラマチックハッブル宇宙望遠鏡の特番を観た。丁度、僕が青春を謳歌していた頃に打ち上げられたらしい。かれこれ二十年以上も前になる。知らなかったというか、名前は聞いた覚えがあるにせよ、何なのかと感じてばかりだった。地球の軌道に沿って人工衛星のように回りながら星々の写真や動画をを撮影するためのもので、それが宇宙には空気がないから本当に遠くまで映し出すことができて科学へとても大きく貢献した、かつてなかったくらいで、すなわち天体観測に革命を齎したと呼ばれるほどの偉業を成し遂げていたんだ。
A sky full of stars NGC 4833 by ESA/Hubble [CC BY 4.0], via Wikimedia Commons
ハッブル宇宙望遠鏡で何が発見されたのか
宇宙には太陽系のような数多くの銀河があり、銀河にはずば抜けた引力を持つ(光も吸い込まれる)ブラックホールがある。さらに宇宙は膨張し続けていて逆算すると誕生してから百三十七億年(現在だと百三十八億年らしい)と分かり、また全く衰えない理由としてダークエネルギーが考えられ出している。
最後のメンテナンスが終了して何れは地球に落下して大気圏で燃え尽きるらしい。アメリカのNASA(アメリカ航空宇宙局)が次世代機を投入する予定みたいだけど、とにかく人類の英知を非常に高めたわけで、ハッブル宇宙望遠鏡は凄いと初めて感じられたし、詳しく知ってみると気持ちも違う。
青いお空の底ふかく
海の小石のそのように
夜がくるまで沈んでる、
昼のお星は眼にみえぬ
  見えぬけれどもあるんだよ、
  見えぬものでもあるんだよ。
金子みすゞ星とたんぽぽ
ハッブル宇宙望遠鏡は人の目には映らない微細な星の光も捉えて真っ暗闇の夜でも輝いているという結果を出したけれども「昼」に重なった、奇しくも金子みすゞの歌った言葉に。人の目には映らない星があるかぎり、宇宙がロマンチックなのも心の世界のせいだろう。五感を越えてか、我を忘れてか、僕は現実そのものを味わわされる。肉眼では捉えられないのに夜空は明るかったなんてそれこそプラネタリウムもさながらに素敵ではないかしら。遥か彼方の望みまでも詩を投げかけているようで、心の世界に触れられて良い。

Tumblrでサイトマップを送信する

GoogleのSearch Consoleにサイトを登録するとGoogleの検索での状況が把握できる。どのくらい表示されているか、キーワードや掲載の順位、さらに実際に訪問者があるかどうかも出て来る。
Googleの検索エンジンに表示されるためにはクローラー(検索ロボット)にページがインデックスされないと無理なんだけれどもインデックスされるためにSearch Consoleでサイトマップを送信することが大事といわれている。サイトにクローラーが来れば基本的に(htmlのmetaタグで検索避けを設定したりしなければ)インデックスされるし、だから他のサイトにリンクを貼ってクローラーへの道を作ることが最も大事なわけなんだけれどもサイトの構成(トップページと子ページ)をサイトマップで伝えておくとスムーズに回ってインデックスするのも捗るらしい。
サイトマップはxmlファイルでサーバーに置くことが多い。僕はサイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」で取得してやっている、ホームページでは。
しかしTumblrはxmlファイルのアップロードができないので、考えるのも止めていたくらいだった。サイトマップを送信しなくても検索エンジンには表示され得るわけだし、Search Consoleではインデックスのリクエストをクロールの項目のFetch as Googleで行うこともできる。
ところがTumblrについて種々と調べているうちに分かったんだ、自動的にサイトマップが作成されるということが。非常に有り難いと思う。
ブログのURLの末尾に「/sitemap.xml」を付けてアクセスするとサイトマップの場所みたいなものがあってそこの下の方の番号付きのURL(「/sitemap1.xml」)がサイトマップのxmlファイルになっていた。アクセスするとトップページと子ページのURLが網羅されて出て来るんだ。
通常のサイトマップとしては番号付きのURLを使うけれども番号なしのURLでも大丈夫だった。
サイトマップ インデックス ファイルを使用してすべてのサイトマップのリストを指定し、このファイルだけを Google に送信します。個々のサイトマップを送信する必要はありません。
サイトマップを作成、送信する via Search Console ヘルプ
Tumblrのサイトマップは番号なし…