スキップしてメイン コンテンツに移動

クリィーミーマミで息吹きも新たに

小学校の高学年か、アニメの魔法の天使クリィミーマミが大好きだった。金曜日の夕方にTV放映されていたと思うんだけれども急いで帰宅して観逃したくない気持ちだった。本当に自分でも珍しくてなぜこんなにまで引き付けられるのかが訝しかったりもした。

魔法の天使クリィーミーマミの変身前と変身後の姿

さほど細かくは覚えてないにせよ、物語では変身後のマミがスター歌手として人々に持て囃されているにも拘わらず、僕には変身前のマミこそ可愛いと思われたので、パーカーのフードに二匹の小さな猫が入っていたり、気になる存在ともいう、そうしたギャップみたいなものはとても印象に残っているんだ。

巷でも根強い人気を誇っているようで

昔では考えも遠く及ばなかったようなCGアニメも作られている。振り返っても素敵な作品だったと思うし、特別なもの、普通なもの、それぞれの入れ替わりの不思議さは詩にも通じるかも知れない。しかし本当に懐かしい。

主題歌のデリケートに好きしてなんてサビは暗で直ぐに歌えてしまうくらいで、良い曲だったし、アニメにおいては素晴らしい思い出の一つだろう。色褪せないよ、大好きだった気持ちは確かに。月日は経てども折りに触れてや今に蘇るのだった。

コメント

些細な日常の人気の投稿

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ

飽和脂肪酸の多いココナッツオイルの過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ