スキップしてメイン コンテンツに移動

α5100とSELP1650で室内のピンクの百合を撮影した

花瓶の二輪のピンクの百合の花

一眼カメラは難しいのかと思ったけれどもオートならばスマホやコンパクトと何も変わらない。それ以上に絞りやシャッタースピードなど自分で決めながら使うには知識が求められるわけだろう。画質が上がって嬉しい、しかし。通常の6000×4000pxのサイズで撮ると5MBを超えるような容量になって来て流石に大きい。

α5100とキットのズームレンズのSELP1650で、殊更には艶かしさが良く出ている。いい換えると花弁や葉の質感が自然に伝わるところはやはり有り難い。表現者としては見過ごせないはずだ。光の細かな明暗、あるいは被写体のニュアンスを少しでも損わずに撮影できれば助かる。真実を写し取ることが写真の醍醐味だと知る。

ちょっと暗いのは明かりが蛍光灯のせいか。写真に素直に出てしまうとすると被写体も今まで以上に考えなくてはならない。色味が角度によって変わり易い。表情も異なる。構図への追求はさらに加速させられるばかりだ。そして影の存在感も増しているので、人生の場面としての重みもしっかり出して行きたいと思う。

良いカメラで良い写真が得られると良い撮り方が身に付くようで、するとスマホやコンパクトでやっても一層と面白いに違いない。敢えて自分を上回るというか、必要以上の方法を試すことも創作活動には大切だったんだ。現状に満足するだけではなくて自分には何ができるのかと求めもしなくては芸術家は進化しないだろう。高価な方法が全てではないにせよ、表現において世界を切り開く、新しく生きられるかどうかを取り零してはならない。

作例は撮影したままだけれども編集でエフェクトをかけても非常に楽しめる。化粧で乗りが良いといわれるけれどもそんなふうに嵌まるんだ。写真の細部までエフェクトが確然と反映する。勿体ないくらい、むしろ原画を秘め隠さざるを得ないのが。すっぴんの魅力みたいなものがあると気付かされる。エフェクトも写真の個性を引き出すためにかけるべきだろう。編集へは慎重さがとにかく問われた。

α5100SELP1650で存分に味わい深い写真に仕上がる

心に訴えるという何かを探すのには重宝する。事実をあるがままにというか、ドキュメントタッチで世界を示してくれるし、今此処での嘘偽りのなさが捨て難いと感じる。僕にとっては腕が鳴るばかりだ、些細な日常へ。

明かりの少ない室内で大きめに写真を撮るには鮮やかさが不足しているようで、キットのズームレンズでは必ずしも向いてないかも知れない。単焦点の標準レンズならばきっともっと簡単だろう。しかしながら鮮やかさも光源と被写体の関係を掴むかぎりは大丈夫だと分かった。

様々な面から完成度の高い作品を素早く生み出すために修行を怠るのだけは避けたいものだ。さもないと別売りのレンズでも結局は納得されなくて駄目ではないかしら。実力が伴わなければ写真も世界に相応しくは生きて来ない。

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

乞食娘のアリス・リデルの湿板写真から逆算するルイス・キャロルの不思議の国のアリスへの本当の願い

イメージ

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ

スノーボードのジャンプ中のグラブには幾つもの種類がある

イメージ

Bloggerブログのテンプレートのhead内のカスタマイズのために独自タグのall-head-contentを分解する

イメージ