スキップしてメイン コンテンツに移動

人生の願い事を祈った神社参りの胸のうち

神社の赤と白で縒られた古びた鈴緒

神社へお参りというのも柏葉紫陽花の好影響か。身近でいつも通り過ぎてばかりの神社なのについに気持ちが入った。カメラを持ってふらふらしていたので、偶々、写真が撮れないかという感じだったにせよ、人生の流れには逆らえなさそうな結果にはなっている。柏手を実際に打ってみたい。だから神社に僕は来た。

逆算すれば神社で柏手を打つためにカメラを持って近辺をふらふらしていたわけだ。普段の通り道とは少し離れているから特別な理由がないと寄り付かなかった。散歩でも良かったけど、しかし創作活動への意欲からカメラを持つ僕ならば本当に自然だろう。

柏手は記念すべき瞬間とも呼べなくはない。直ぐに忘れて去ってはご利益も薄らぎ兼ねない。胸に止めることが大切だ。とはいえ、自己表現に繋げることは決して吝かな試みではないはずだ、カメラでも何でも。

いって良いのかどうか、願い事をブログで。テレビ番組で二人で神に参拝しながら隣同士で何を願ったかと良い意味で揉めつつも口に出す人がいたり、口に出すとご利益が下がると黙る人がいたりするのを観たことがある。僕自身は実生活でそんなふうな経験はかつてなかったような気持ちがするよ。だから神社で柏手を打って願い事を祈るとしても一人で黙っておくしなかった。

心理上、祈りは自己暗示だから神がいるどうか、または人のために動く神なのかどうかには関わらず、参拝することは人生で間違いなく役立つだろう。

夢と考えると叶えるために口に出すか出さないかが問われざるを得なくなる。

皆に願い事を教えたら

直ぐに分かって貰えるから助けて貰い易い。周りに愛されるほどに夢は叶うと感じる。

ただし皆に良く思われなければ現状維持に過ぎない。一人で頑張るのと全く同じなんだ。期待してやると逆に落ち込みが増すから高望みは禁物かも知れない。

皆に願い事を隠したら

夢に一人で粛々と励む。辛くて非常に大変だけど、周りに惑わされずに速やかに叶えられそうだ。

ただし気詰まりというか、皆に本当の自分を分かって貰えなければ途中で投げ出さないともかぎらない。他のことで喜んでいる間に頭から飛んでしまう。

僕は「まだ目が覚めないのか」(叔母さん)といわれた。

プロの作家・詩人で飯を食って行くなんて夢を持つことよりも好きな人と結婚して互いに寄り添いながら生計を立てることこそ幸せなのにいつまでも一人で世の中に実力を試すような真似ばかりしていては将来性がないだろう。

テレビ番組でも観るけど、親子で話し合って何年かの期限付きで夢を叶えるように努力を惜しみなく出してみてもしも駄目だったら潔く気持ちを入れ替えて生き直すということもあり得る。

どうしても夢を叶えたくて無期限でやっている僕は二十年くらいでスタートラインにやっと立てたばかりだ。プロデビューというけど、ただしサイト広告で飯を食って行けるかどうかだから作品で収入を得るのとは全く同じではない。良く考えてみればサイト運営の様々な知識がなければ無謀かも知れないし、当初と比べれば取り零しの多さが目立つから勉強あるのみの日々に変わっている。しかし出た芽を少しでも早く育てて行けるように頑張りたいと思う。花が咲くまでは石に齧り付いてでも努力するつもりなのに他に生き延びられる方法があれば直ぐにでも切り替えたい気持ちもあるんだ。揺れていては不味いのは恋愛だけで人生にも当て嵌められるかどうかは悩みどころで、さらに狂おしくもある。

元よりがベストの選択ではないせい。僕としては作品で収入を得るような形こそ創作活動に向いている。ところがサイト運営が非常に面白くて時間を割くのも惜しくないくらい好きだったと本当に感じる。創作活動とサイト運営のバランスを取ってやるかぎり、気持ちは全く揺れてないけど、しかしサイト運営に向かうほどに創作活動が疎かになることは避けたいと思う。ホームページでもブログでもコンテンツが貧しくなるからサイト運営に頑張っても仕様がないわけで、バランスだけは是が非でも崩してはならないと思う。他に収入源が楽にあれば移りたいということに関しては今現在の迷いに繋がり兼ねないから恋愛と同じように人生でも警戒して然るべきではないか。

物事を律儀に進める。ブログならば目の前の記事を丹念に仕上げて載せてこそアクセスアップに繋がるのではないか。迷いがあれば自己表現には逆らえないゆえに記事に出て来てしまわざるを得ないと思う。だから何もかも大丈夫ではなくてスタイルやテーマも大事だけど、しかしながら気持ちが伴わないと頑張っても充実感は得られないだろう。

多少とも繰り返しにはなるにせよ、本当に纏めておきたいところでは人に心配させないためには一日でも早く夢の先まで叶えられるように努めたいと僕は考えている。

神社での願い事を口に出せばホームページやブログのアクセスが増えてサイト広告の収入で生活費を賄えるようにという感じだった。

初めてだけど、僕が本質的な認識を並べたりして世間一般からすれば分かり難い人だから逆に考えて丁度かも知れないし、創作活動、生計にかぎれば二十年以上もぐだぐだして来たことは確実なので、古びた殻を破るつもりもなきにしもあらずにせよ、高望みしないでやるしかないと気分を変えてみた。

神に祈っても皆に助けて貰える人に現実にならなければ駄目だし、愛されなくては努力しても無理なままに終わるので、これを考えると過去に《尊ぶべき黄金時代》がどのくらいあった僕か、持ち前の魅力を果敢に掘り下げながら自分を好きになってくれた人たちから宝石を見付け出して磨くようにしながら励むことが大切になって来る。

個人的には白熱した記事をブロガーとして上げるべきかな。

ただしスタイルも外せないし、ブログのデザインに合わせて記事もすっきり纏めて行かないと厳しいと思う。訪問者の気分を盛り上げて引き付けるためには必要なんだ。およそ葬儀屋が明るかったり、婚礼屋が暗かったりしては客は寄り付き難いみたいな状況だけど、ブログでデザインと記事のスタイルを的確に合わせることはテーマを揃えても無視してはならない要素の一つに数えられる。

Tumblrでスキやリブログが偶にあって記事はすっきり纏まっているものが喜ばれるようだから美点は貪欲なまでにというか、ピラニアにも引けを取らないくらい自分に取り入れたい。血となり、肉となり、食事が身体を養うのに匹敵するわけで、美点は精神を養うかぎり、ブログの明日をきっと形作ってくれるはずだ。

以前、健康なしに元気なしと載せたけど、しかし元気が出なければ健康は持て余されるばかりで折角の生活力も消え失せるままに手を拱いて見ているだけの悲しみに触れたくなければ僅かでも成長する自分に期待しながら将来へは夢見るように送るべき人生こそが尊ばれるのでないか。

僕は思うし、牛の列に加わってでも歴とした頑張りに目覚めながらサイト運営を行うことが良いと、確かに事なきを得て助かるような事態に陥ってばかりだからお手上げだし、宝くじで巨万の富を得るよりもサイト広告でしっかり稼ぐなんて可能性は低そうなくらいにせよ、他に出口も見えない世の中のせいにしてばかりいないで、神へ祈っては米粒に日記を認めるように、極々、微かに喜ばれた気持ちを掻き集めてでも続けていくことは間違いなく素晴らしいわけなので、少しずつを励みに前向きに取り組むしかない。

コメント

些細な日常の人気の投稿

飽和脂肪酸の多いココナッツオイルの過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ