スキップしてメイン コンテンツに移動

キーワードを吟味してサイト運営にレベルアップを

サイトのアクセスを伸ばしたくて色々と考えてやっていいるけれどもランク・アートは別として個人のホームページやブログは一日に十人くらいがやっとだ。


ドラゴンクエスト(ゲーム)に例えるとレベル2で弱い弱いスライムにも瞬く間に倒され兼ねないような状態だろう。


ドラゴンクエストのモンスターのスライム

本当に死ぬまでやっていてもレベルアップは無理ではないかとサイトのアクセスは遅々と伸びなくて悩まされざるを得ない。


とはいえ、頑張るしかないところで、気付いたのはランク・アートの宣伝用の掲示板がGoogle検索に全く引っかかってなかった。


titleタグが『創作サイトのための宣伝板』になっていて「創作、宣伝、掲示板」という三つのキーワードでGoogle検索に出て来ないことが分かった。恐しい。考えると「掲示板」がtitleタグに入ってないせいで、弾かれてしまうのではないか。ならばタイトルをGoogle検索に合わせて変えておくべきだと感じる。三つのキーワードが諸に重なってないと不利になるみたいだ。


キーワードを「宣伝板」で探す人は殆どいないかも知れないけど、まさか「宣伝、掲示板」で望みがないなんて想定外だった。多少とも引っ掛かれば構わないみたいに自分で思い込みながらやったらGoogle検索には小指の先も通用しなさそうだ。


キーワードで「宣伝板」と「宣伝、掲示板」が同等に扱われないとすればきっちりきっちり合わせて行かなくては仕様がないと思う。他でどんなに上手く行くようにアイデアを仕込んでもキーワードで弾かれては致命的な欠陥に等しいはずだ。


創作サイトの宣伝/アピールのための掲示板
トップページ via 創作サイトの宣伝/アピールのための掲示板

ランク・アートの宣伝用の掲示板のtitleタグは『創作サイトの宣伝/アピールのための掲示板』に変えたよ。これだったら「創作、宣伝、掲示板」という三つのキーワードにも完膚なく当て嵌まるし、誰も調べないような「宣伝板」よりもアクセスは期待できるのではないか。


Google検索のキーワードは皆が使う言葉遣いでサイト運営に取り込まないとアクセスは厳しいばかりだろうからできるかぎりの確実な方法が求められる。


一日に五十人くらいでレベル3と捉えながらやっている。


目先の目標をクリアして行くことが大事としかもはやいいようがない。焦っても付いて来る結果はアクセスよりか徒労感こそ多い。ただし遅れて喜べるわけではないから少しでも早く成長したいと願う。

コメント

些細な日常の人気の投稿

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策