スキップしてメイン コンテンツに移動

何かを掴もうとしている詩人の手は馬鈴薯のようだ。

何かを掴もうとしている詩人の手は馬鈴薯のようだ

感じるにほくほくの美味しさを漂わせている。そこには心だけで掴まれた真実がある。詩人の手はきっと世界を知りながら夢こそ追いかけていた。落ち着いて過ごせば良い。たとえ空っぽの手が悲しくても心では涙が手に入っているように本当は違う。笑うしかない、ただ生きているだけで。


些細な日常の訪れに詩人の手をはっきり認める。良い思いができずに厳しいばかりの人生ならば心の真実だけを掴んで行こう、空気のように。それは他でもなく物事の過程を大事にしている。悔しがりながらでも夢に向かっているんだ。人生で良い思いができるまで涙だけを集めるべきだ。降って湧いたような喜びなんか得られない。神様は動いてくれなかった、どんなに愛したとしても僕のためには。


幾つもの涙を繋げてこそ夢への階段も作られて来る。良い思いが待っている天辺へはもはや駆け上がるにかぎる。だから心の真実を予め掴まない手はないわけだ。詩人ならば是非とも覚えておきたかった。直ぐにへこたれて夢を諦めるな。涙を心から掴むんだ。


詩人の手が物語るのも努力の美しさだろう。優しさが試されるように悲しみを知って来たのではないか。厳しいのに人生は終わらなかった。心で掴んだ涙という悲しみの真実に触れながら優しさは磨かれる。さもなければ人生は終わりだ、ただ厳しいだけで。努力しても無駄だ。馬鹿らしいから止めてしまえ。夢は叶わない。負け犬の餌に過ぎないといえよう、世界も。しかし涙は否零れた。悲しくも掴んだ心ならば宝石と輝きを放ったはずだ。努力して人生を再び続けた分だけ優しさは身に付けられるし、夢の良い思いにはたとえ厳しくともきっと切り抜けられるようになる。美しいとやはり呼ぶしかない。詩人の手は努力して悲しみに打ち勝つかぎり、優しさを示してもいるわけだ。


僕は誓う、詩人の手にかけて人生を。そして些細な日常において夢を追いかけるとブログにも記しておく。今も昔も厳しいのはサイト運営のアクセスが殆ど全てだから一人でも多くの人に所有サイトが見付けて貰えるように必死に努める。または素晴らしく気に入るはずの人がちゃんと来られるようにして行くことも天職の使命なので、上手く行かなくても直ぐに投げ出してはならない。

コメント

些細な日常の人気の投稿

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策