スキップしてメイン コンテンツに移動

ペンギンアルゴリズムがラストアップデートでリアルタイム更新へ変換

Google+のGoogle Webmastersでペンギンアルゴリズムがアップデートされたと知らされたので、どうなったのかとリンク先で詳細を確認してみたら衝撃的に受け留めた。


Googleのペンギンアルゴリズムは検索エンジンでの上位表示を狙った不正行為を取り締まるために作り出されたもので、検索エンジンへの不正行為には訪問者に表示されないキーワードを数多く埋め込む(隠しテキスト)とか検索エンジン向けにキーワードだけらのコンテンツを出す(クローキング)なんて様々な方法があるけど、取り分けページランクを上げるために外部サイトにリンクを不自然に増やしている(リンクスパム)サイトにペナルティーを課して検索結果から排除するように作動している。


検索エンジンでコンテンツの品質が伴わないサイトが上位表示を果たすと利用者に役立たない検索結果が作り出されてしまうわけだから改善しなくはならなくてGoogleはペンギンアルゴリズムで対処していた。


ただしコンテンツの優れたサイトまで誤ってGoogle検索で不利になってしまったり、取り締まり切れない不正行為も残されたり、新たに作り出されたりしてペンギンアルゴリズムは検索エンジンにとっていつでも十分に働くと呼ぶには難しかったみたいなんだ。


理想的な形としてはリアルタイムに更新されるべきだし、検索エンジンの検索結果が遅滞なく適正に保たれることが待ち望まれていたわけだけれども漸くというか、ついに実現されて人の手を借りずにいつでも十分に働くようにGoogle検索のアルゴリズムに機械的に組み込まれてアップデートもラストを迎えた。


  • ペンギンは今やリアルタイムだ。かつてペンギンに関与するサイ トのリストは定期的に並行して更新された。ウェブマスターがサイトやインターネットでの表示を熟考して改良してしまえばGoogleのアルゴリズムの多くは大変に急いで熟考に取り入れようとした。しかし他のもの、おそよペンギンは更新される必要があった。今度の変換により、ペンギンのデータはリアルタイムに更新される、すると変換は目に見えてより早く、典型的には私たちがページを再クロールして再インデックスした後で直ちに効果を発揮して行くだろう。それはまた私たちが未来の更新へ口出しするつもりがないことを意味する。
  • ペンギンは今やもっときめ細かい。ペンギンは今やスパム・シグナルに基づいてランキングを調整することで、全てのサイトのランキングに関与することではなく、スパムを減価する。


Googleの検索エンジンの検索結果の精度が今まで以上に高くなると期待される


サイトのアクセスアップにおいてはコンテンツの品質に基づいたサイト評価がGoogle検索の利用者の目に留まり易くなるはずだし、僕からすれば「Googleがコンテンツのしっかりしたサイトを検索結果で有利に紹介しようとしているかぎり」という方向性、すなわち検索エンジンの望ましい在り方が強化されたのは間違いない、両手を上げて喜ばざるを得ないのではないかと思う。


ただしアルゴリズムに合わなければペンギンにかぎらず、Google検索からアクセスを伸ばすことは儘ならない。スパムの判定だけは受けてはならないけど、とにかくGoogle検索の特徴を弁えなければ気付かずにサイト評価を下げてしまわないともかぎらないわけだ。厳しいほどに出会えなくなる、インターネットで人々とも。


サイトはコンテンツの品質を高めながら検索エンジンの動向に注意しながら持つように努めてこそアクセスアップも明らかに見込めるとペンギンアルゴリズムのリアルタイム更新から著しく感じた。

コメント

些細な日常の人気の投稿

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策