スキップしてメイン コンテンツに移動

素直で真面目な性格なのに清原和博は覚醒剤に手を出したなんて望まれた道を間違えたせいだ

清原和博が覚醒剤で逮捕されたのはなぜか。プロ野球の大スター、または国民的なヒーローというとイチローが越えたかも知れないけど、元々は長嶋茂雄で、次が清原和博だったのではないか。二人と比べればまさかの転落人生の真相をいみじくも追ってみたくなる。


噂では相当に良い人だったらしい。町中で車を自転車で擦られても怒るどころか、真っ先に相手が怪我をしてないかどうかを心配していた。普通かも知れないけど、こうしたことが他に幾つもあるし、探せば大量に見付かりそうなくらい速やかでは本当に素直で真面目な性格だったと感じる。


きっと親思いの子供が周りに騙されて非行に走るみたいな格好になっているよね。


清原和博の場合は少年期には野球一筋で親孝行をしていた。高校野球の甲子園で華々しい活躍をして優勝もしたし、PL学園で同胞の桑田真澄と共にKKコンビと呼ばれながら全国区の人気を博していた。


そしてプロ野球に鳴り物入りで就職して初年度から常人離れした成績を残したんだ。王貞治が樹立した世界のホームラン記録を塗り替えるような勢いで、素晴らしい打撃を見せてチームの西武ライオンズも日本一に何回も輝いていたんだ。


僕は少年期に見ていて本当に清原和博は目立たなかった。打撃だけてはなくて守備や走塁を含めると秋山幸治が好きで全面的に応援していたけど――プロ野球ではイチローのプロトタイプみたいな感じで、全てにおいて優れた野球選手とは何かを考えさせてくれる存在だった――当時の西武ライオンズは優秀な選手が数多く揃っていて黄金時代とも見做されていた。他のチームは勝てないと試合前から思わされてしまいそうなくらい強かった。


振り返ると清原和博は黄金時代の西武ライオンズで飛んでもない結果を出しながら完全に霞んでいた、プロ野球選手として。これが《満たされない気分》を生んでいたのではないかとプロファイルされる。


親孝行な子供が成人して働くようになれば今度は社会貢献が求められて来るはずだ。


清原和博は数字ではホームラン数や打率など文句の付けようがなかったし、勝負強さも甚だしくてさながら優勝請負人の様相を呈していた。秋山幸治と二人の強打者で、AK砲とファンには常に期待されながら攻撃面では頼みの綱として夢を叶えてくれる日も多かった。


ところがチーム事情から優秀な選手に囲まれるとそれこほ普通になってしまって清原和博はどんなに頑張っても頑張ってないみたいな《人生の蟻地獄》に嵌まった可能性がある。すなわち焦燥感を抱いていたと察せられるんだ。


二十歳前後で年上の後世にも語り継がれるような幾人ものスター選手たちと共にどう過ごしていたか。自分は駄目だとか実力はまだまだなんて感じながら性格が歪められたようだ。非常に難しい、プロファイルするのは。未成年ならば決して珍しくない内面なので、皆、様々な悩みを抱えながら人生に取り組んで行く。ただし清原和博にかぎっては野球一筋だったがゆえに自分自身への問いかけが人格形成には足りなかったかも知れない。すると英才教育とは何かも社会的に考え直すべきだろう。人間精神において自我が内面性を支えるに至るまでの過程が未成年では取り分け重視される。いい換えれば勉強だろうけれどもそれが清原和博には遅れて出て来ていたわけだった、恐らく。


プロ野球の国民的なヒーローで、若くして大金持ちになって親孝行も金銭的な方面に切り替えられて仕事が忙しいし、職場では見上げるべき先輩たちに情けなさを味わいながら自分自身への問いかけがむくむく増したのではないか。


そこが転機の訪れだったと僕はいいたい。素直で真面目な性格が内面に定着し切れなかったのはなぜか。日々の憂さ晴らしを仕事以外に求めた。現役中の豪遊伝説みたいな噂も絶えない清原和博だからやはり頷かざるを得なかった。引き付けられた暴飲暴食によって糖尿病にもかかったかも知れないし、プロ野球の成績もある頃からは頭打ちになっていた。王貞治のホームラン記録を抜き去る当初の勢いこそ虚しく、選手生命の総括としては半分程度の数字に終わってしまって遠く及ばなかったんだ。


僕は歯痒かった、見ていて落ち目の清原和博は。引退した後から調べながら糖尿病を患っていたと知って仕様がなかったと納得されたという。病人では無理だし、プロ野球でさほど期待するべきではなかった。


清原和博に特徴的なのは素直で真面目な性格だけれども野球一筋の生い立ちと二十代での自己発見の遅れが重なり合って人間的な良さが美点、または自分らしさとして掴めずに間違った方向へ進むしかなかったと思う。


さもなければ覚醒剤で逮捕されても反省してないはずだ。コメントからは申し訳ないと感じているようなので、僕も清原和博のプロファイルには参考にしている。本人にとっても犯罪は望んだ生き方ではなかったのではないか。事実上、親不孝なのはいうまでもない。


避けられたとすれば歪んだ性格を取り上げるしかなかったよね。未成年は心が柔らかくて幾らでも悩みを払拭できる。内面性が自我に支えられて二十歳頃に人格が定まって来る。成年だと厳しい。身体は勝手に成長を遂げるから実生活で精神とのずれが分からなくなるせいなんだ。歪んだ性格でも別に構わないのではないか。気持ちは何となくしっくりしなくてもそういう人がいるに過ぎないみたいに笑うことができる。個性かどうかは本当は怪しい、身体だけでは。


大人が自分の殻に閉じ籠る形になるともはや引っ張り出して真実と向き合うように精神の日の光を浴びさせることは非常に大変と感じざるを得ない。


行き着くところまで行くと気付くかも知れないので、清原和博は今正に差しかかっているようだ、どんな道が望まれるかの心へ。


覚せい剤の離脱は極度の苦痛を伴うものであるため、ほとんどの乱用者がまた薬物に戻ってしまいます。



覚醒剤を止めることは依存性が高くて難しいから可哀想だけど、しかし手を出してしまった以上は人生で負う他はない。そして素直で真面目な性格を取り戻すように日々を励んで欲しい。僕は会ったわけではないし、触れ合いの欠片もないにせよ、人間的な良さを著しく耳にするかぎり、気付けばきっと変わる。


清原和博は皆と手を繋いで楽しく暮らしてこそ身も心も本来的ではないかと考えている。

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

ジャパネットたかたの丸尾詩織の商品説明に気持ちが入っていて素晴らしい理由