スキップしてメイン コンテンツに移動

Googleモバイルファーストインデックスの魅力

来年の四月くらいからGoogleはモバイルファーストインデックスというスマホ向けのサイトを主眼とした運営方針に検索エンジンを切り替えるらしい。


追記:当初の予定が、一年程、遅れて2018年の春から漸く開始されるに至った(モバイル ファースト インデックスを開始します)。


サイトが二つに分かれてなければパソコン向けでも検索エンジンのサイト評価の対象で検索結果に出るけれどもさもなければスマホ向けしか重要とは見做されないらしい。


検索エンジンの利用者の傾向が今と昔では逆転していてパソコンよりもスマホでGoogle検索が多く使われているためにパソコン向けのサイトで容量が大きくて重くて直ぐに開けなかったり、デザインが崩れて文字が小さいとか画像がはみ出しているなんて状態がスマホで閲覧するのは不便なので、Googleはモバイルファーストインデックスによって検索エンジンを根本的に作り替えてスマホ向けのサイトこそ優先して紹介しようとしているわけなんだ。


Google検索のインデックスは、サイトやアプリについての第一のインデックスとして存在しますが、将来的にはGoogleのアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになります。つまりページのランキングを決定したり、構造化データを理解したり、検索結果にスニペットを表示する際も、モバイル版のコンテンツが使用されるようになります。



僕は目が悪くてパソコンを裸眼で近寄って見ながら創作活動を行うとさらに視力が低下すると恐れて(元々、近視になったのは中学時代のパソコンへののめり込みが原因だった)スマホ/タブレットしか普段は使わないけど、しかしモバイルの性能もガラケーと比べればパソコンと遜色がなくなってしまったから本当にスマホ/タブレットが何から何まで便利だと思っていた。


生活上、パソコンを優先する必要性がないので、世の中もそうなれば有り難いわけだったけれどもGoogleが流石にやってくれた。以前から好きな会社の一つだったし、だからこそブログやホームページをGoogle検索に出したくて研究せざるを得ない、気が合うというか、同じ方を向いているとすると凄く嬉しくてモバイルファーストインデックスの取り組みには魅力を覚えるばかりなんだ。


いつもブログやホームページに一人でも多くの人に来て欲しいし、全てのデバイスに対応するようにサイト運営はやって来たので、社会への友好的な気持ち、いい換えると友愛がGoogleにもあると僕は思う。検索結果には差別や偏見がないと感じるし、どんなサイトでも紹介される可能性が認められる現実はまるでチャンスに溢れた人生のように素晴らしい。夢が詰まっているという印象を与える。


Google検索そのものがつまりは詩的だった。本当に生きていたいと期待させられるし、使う度に友愛が味わわれるから平和な世界も知り得た。


検索結果に色んなサイトが並んでいて幾つも幾つも続いて行くわけだけれども全てがキーワードで繋がっていて仲良しに見える。社会全体がそのように上手く纏まれば僕も死にたいとしょっちゅう思わずに済むはずだ。友愛が広まってこその平和な世界の訪れが求められて止まなかったし、Google検索には正しく一つの雛形が純粋にも含まれているせいで、心が微笑むほどに詩的に感じてしまう。


サイトのモバイルファーストインデックスへの対応の仕方は引用のリンク先で幾つか示されていて「レスポンシブデザイン」(デバイスへ画面幅を合わせる)と「動的な配信」(デバイスへサーバーを切り替える)はパソコンとモバイルでサイトのマークアップが同じならば何もしなくて良いし――ただし「動的な配信」はクローラーがモバイル版を見付けない可能性があるからVary HTTPヘッダーでユーザーエージェントが正確に検出されるように設定を変えておくと効果的らしい――さもなければモバイル版をパソコン版と同じに調整しなくてはならない。


チェックとしてはGoogleのモバイルフレンドリーテストに合格していれば大丈夫ではないか。検索エンジンにスマホ向けのサイトとして把握されているかどうかが分かる。


僕はmetaタグのviewportを設定して「レスポンシブデザイン」を採用している、ホームページでもブログでも。


TumblrブログはデフォルトのOpticaテーマならば最初からhtmlにmetaタグのviewportが記載されているし、ウェブのカスタマイズの「詳細設定」のモバイル用テーマは使っても使わなくても同じだ。


本当に検索エンジンにスマホ向けのサイトが主流になるとすると小さな画面で見易くなるのは確かだけど、ただし情報量が減るかも知れないので、情報量が多くて大きなパソコン向けのサイトほどにモバイルに対応するのは難しいはずだし、有用にも拘わらず、 消えると検索エンジンのユーザー体験が下がり兼ねない。


Googleは「重要な変更であり、慎重に取り組むべき課題」ともブログでいっている。


現時点で検索結果にパソコン向けのサイトは数多く掲載されて役立っているので、がらりと変わるのは心配にせよ、きっと大丈夫と判断されてモバイルファーストインデックスの構想が生まれているんだろうから楽しみに待っていたい。


スマホ/タブレットでGoogleの検索エンジンから見付けたサイトがどれも悉くスムーズに閲覧できるように変わってしまう。

コメント

些細な日常の人気の投稿

アドセンスの支払い日は翌月二十一日前後だけれども保留されると送金されない

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法