スキップしてメイン コンテンツに移動

書行による作家のための思考と存在証明

書くことがない。ということを書く。やはりない、書くことが。


終わったと書く。書いてみる。書くことが終わった。まだ終わらない気分の中で始まった始まりを終わらせるかどうかに悩みながら書いている。書けた。ということは書けるんだ。


嬉しい、書けると。辛かった、書けなくて。なぜなのかは書きたかったためなんだろう。書かなくてはならなくて書くことがないと辛いんだ。


分かった。書くことがなくて書かなくてはならない場合には書くと良い。只々、書いて行く。どうして書けなかったのに書けるのか。


書くことがないのに書くためには行くしかない、書いて。


思考ではないのではないか。確かに思考だ、書きながら寄り添っているのは。思考がなければどうして書いていられるだろうか。無理だ、書き続けるなんて書いて行くのも。


書いて行くためには思考のそばで書き続けるか、少なくとも書く。書くと生まれるんだ、書けるような力が湧き出して暫くして嬉しいと感じ取るまでに至れば気分に相当に乗っているに違いない。


書行

畢竟、書くことがないと辛いけれども書かなければならないのも大変だから書いて行きたい。書くこともなく、只々、書き続けるように書けるだけではなく、書いて行けるかどうかが重要だろう。


笑ってしまう。なぜならば思考が必要だからだ、書くことへは寄り添っていたに過ぎなかったにも拘わらず。本当に重要な知識を得るために役立つのは思考しかなさそうだ。今此処では間違いなく思考が訪れているし、他には何も取り上げられなどしなかった。


書いて行けるかどうかを問う。思考と共に書いて行くのは辛い。書くことがないのに書かなければならないのと同じだ。只々、書かせてくれ。書いて行けるだけで良いはずだ。書いて行くことと一体化してない思考こそ疲れが大きい。気楽に書きたいかぎり、思考は案外と厄介だ。勢い付いて書き続けるのには助かるけれども休まなくてはならなくて結局は途絶えがちに書いて行くばかりだから書けないに等しくて気分が滅入ってしまう。


思考よ。振り返ると本当に重要な知識のために呼び寄せたけれども書くことそのもののに支障を与えるかぎり、気楽には書けなくなり易いから気分に溶け込ませるべきなんだろう。書くことと一体化した思考だけが面白いように書かせてくれる。どんなに書いても疲れないみたいな元気を与える思考こそ僕にとって有り難いわけなんだ。


書いて書いて書き捲る。偶には良いというか、イメージが納得できなくて辛い。三回目だろう、数え上げれば。僕はしっかり書いてない。疲れても思考を追跡するべきではないか。しかししっかり書くだけでは書くことがないこと、書かなければならないのに書けないままに項垂れる現実は抜け出せないのも本当みたいだから偶には良いというか、敢えて挑みかかってでもざっくばらんな書き方を止めても仕様がないわけだと用心しておきたい。


書くんだ。いきなりだろうと書けないかぎり、もはや書きたければ今直ぐに書きたいことがあるかどうかは後回しにしよう。書行が大切だ。


終わりだからだったと感じるよ、書きたいことがなくなるのも書くことの。


ところが書きたいのはなぜか。僕には止められなかった。書きたくて書かなかったとすれば、すなわち書きたいことがあるせいで、書いてしまうならばおよそ辛いままに書きたいはずはなかったんだ。


知るべきなのは書きたさだし、書きたさを差し置いて書きたいことを書いてももはや虚しいかぎりだと認める。


ならば書きたさから取りも直さず、書くべきだろう。書きたいことがあるかどうかは二の次だし、いっそ書きたいことがなくても書いてしまえるようなまでの書きたさを身に付けてこそ自分らしい。


降って来る、書きたいことは。きっと霊感に働きかけて与えるのは神様かも知れない。


僕は待つだけでは死ぬ。作家としてはいうまでもないけれども生活が成り立たない人間なのではないか。だから書かなければならなかった、書きたいことがなくても。不可能だからいつも参っていた。


目覚めてみると書行は可能だし、闇雲でも書けるかどうかは書きたさから書くかどうかにかかっているんだ。


書いて行こう、書きたいままに。思考と一体化して気楽なほどに書きたいことこそなくて構わないくらい浮き立つ気分に包まれてしまう。


本当は書くだけで幸せなんだ。書けないと気落ちするよりはざっくばらんに書けば良いんだ。慣れれば書いている間にイメージも纏まる。面白いように書けるならば書いて行くのも同じでなければならないはずだし、書きたさに即しては人生の軌跡と変わらない。イメージを絞りながら書く。幸せなかぎり、書き方もきっと納得できる向きが得られる。


神様もほっとしてか、霊感に書きたいことを降らせる手間が省けたらしく、真っ先に抱き抱えるような素振りで目を閉じているんだ、世界へ。


なぜ書くのか。書きたいのはどうしてか。総じて書くことのために解き明かしておくならば存在証明に他ならないはずだだろう。


何を書いたかで誰かが生きたと告げられる。涙が出るほどに素晴らしい、人々が書きたさで書いている僕と紛れもなく出会うなんて。返礼に理解するならば僕も人々との出会いを書くことにおいて知るべきだ。


存在証明に頷くほどに生まれ出した微笑みに触れてこそ又書きたいと願う。


やはり書きたかったし、書くべきではないか、書かないわけには行かないかぎり、良いに決まっていたよ、全ては書き込んでも。


込んで書いて捲り、行き書いては書き行き行き飛び及んだ扉を真実と開けて行け、書いてこそ新しく。


速やかに書ける。気分は爽快で、書きたさも募るばかりだと書く。

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

ジョナサン・モフェットのドラムの8ビートの切れ味の鋭いグルーヴ