スキップしてメイン コンテンツに移動

神風特攻隊を志願して死を選んだ石丸進一の人生で最後のプロ野球選手としての顔付きが凄い

零戦の前でボールを投げようと構える石丸進一

格好良過ぎる表情に驚かされるし、命懸けの思いを秘めた顔付きが凄いという他はない。


プロ野球選手だった石丸進一が神風特攻隊に任命されて爆弾を搭載して死にに行く零戦の前で今正に人生で最後のキャッチボールを野球が本当に好きだったと心から噛み締めるように行っている写真を見付けた。


神風特攻隊を調べるとやる気がない兵士が多かったと分かったけれども石丸進一は違う。自ら志願して日本のために死を選んだらしくて顔付きもそれだけ勇ましさが溢れているのではないかと瞬く間に頷かれる。


写真ではプロ野球選手としての生涯を名残惜しみつつも自分らしさを解き放つようなキャッチボールと共に責任感を持って神風特攻隊の二度と生きては帰れない任務を覚悟を決めて遂行しようとする命懸けの思いがはっきり伝わって来るから第二次世界大戦の戦争物語に打って付けのドラマチックな感動を呼び覚まさずにはいない。


普通に考えて当たり前に思い浮かべる有り難みも非常に大きい。この人がいてくれたからこそ今の日本も存続しているわけだった。歴史的な重みが犇々と味わわれてしまう。もはや足を向けて寝られないとも過言ではないだろう。国の存亡を賭けた一人の人間の佇まいにはどんな仕方で果たされた後世からでも涙を誘うように胸打たれるのが自然に違いない。


石丸進一の零戦の前でのキャッチボールの写真は魂が震える瞬間が素晴らしい詩の一節のようにまるで表現されていて注目せざるを得なかった。


我、人生二十四歳にして尽きる。忠孝の二字。


石丸進一の神風特攻隊で出撃する鉢巻

石丸進一は二十二歳(数え年:二十四)で戦死した。神風特攻隊はプロ野球選手でも唯一らしい。どうして他の兵士たちと違って志願するまでにやる気があったのか。人間的に興味を引かれながら考えてみたくならせる。


石丸進一の生い立ちと性格について


名古屋軍のユニフォームを来てベンチの入り口に片足をかけて立っている石丸進一

少年期、父親が自分の子供たちには苦労させたくないと学歴を付けさせるために学費を借金していたらしい。


石丸進一は子煩悩な父親の身を削る思いを誰よりも感じながら過ごしていたという生い立ちが任命されれば死ぬしかない神風特攻隊でも敢えて積極的に手を挙げて志願するほどの大真面目な性格に結び付いていると想像される。


一言では人情派の人物なんだ。エピソードでは知り合いの子供を突如と殴ったり、気に入らない友人を怒鳴り付けたりする場面が目立つし、そばにいたら鬱陶しいだけかも知れない。


ただし戦時中で日本全体が荒れていた状況も踏まえながら認識するべきだろう。


石丸進一は深く悩んでいた。自分には寝ても覚めても止められないくらい好きな野球があるし、プロ野球選手になるという夢も叶って明るい未来を信じながら頑張って行く矢先に暗雲が非情にも立ちこめて来た。するとやはり人情派の人物にとっては世界から正反対の悲劇に見舞われた嘆かわしいかぎりの事態だったと察せられる。


どうしてこんな目に遭わなくてはならないのか。かつての幸せな日々を何とか取り戻せないかと煩悶に藻掻き苦しみながら胸を押し潰されるしかなかった感じがする。


知り合いの子供を突如と殴ったのは戦死しても自分を忘れないように覚え込ませるための愛の鞭だったのかも知れなくて理由もない拳骨で気付くと直ぐに謝ったようだった。気に入らない友人を怒鳴り付けたのは国のための戦争という人殺しへ自分を奮い立たせるための喝入れだったかも知れなくて野球への熱い思いを断ち切るように迫られていたようだった。


他のエピソードではどこかの子供たちと余りに微笑ましく野球を行っていてプロ野球のチームメイトが試合に遅れては不味いと辟易しながら探しに来たのに怒れもしなかったというのが如何にも人情派の人物として味わい深くて心に染みる。苛立ってさっさと連れて帰りたいチームメイトも普段から親しんでいて良い人だから好きな野球を通じた子供たちとの幸せな光景に言葉を濁さざるを得なかったのではないか。周りからの人望が厚いと感じさせるし、優れた人情味に加えて世の中での信頼できる人柄も滲み出ているようだ。


プロ野球では石丸進一は名古屋軍(中日ドラゴンズ)に入団して主に投手としてエースの活躍を見せていたらしい。全盛期にはチームの四割の勝利に貢献していたというから大黒柱といって良い。


ノーヒットノーランも、一回、達成している。相手を全く寄せ付けない試合運びだけれども本当に数少ない結果を残した。相当に秀でた投手だったはずだ。


平和への祈りが否高まらずにいない


今此処から石丸進一の零戦の前での人生で最後のキャッチボールの写真を思うとプロ野球選手の耀かしい栄光の軌跡と神風特攻隊の戦争への勇ましい意気込みがオーバーラップして目頭が熱くなる。


一体、死に急ぐ必要はなかったのではないか、戦争に不本意に巻き込まれたと可哀想なだけならばやる気のない兵士でも誰でも同じにせよ、平和への祈りが否高まらずにいない。短い生涯を本気で駆け抜けた石丸進一の格好良過ぎるくらい凄い顔付きから皆の生き易い社会、そして日本を実現するべきだと改めて学ぶ。

コメント

些細な日常の人気の投稿

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策