投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

日本のメダリストたちから振り返ってしまう平昌オリンピックへの特別な感情

イメージ
昨日の昼過ぎ、平昌オリンピックから帰国する日本代表の選手団が全日空のチャーター機で成田空港に到着した(平昌五輪の選手団が帰国)。ロビーに五百人以上が待ち構えていて大変な盛り上がりを見せていたらしい。
個人的に選手団の帰国にまで注目するオリンピックはかつてなかったし、どうなるかと思ったけれどもメダリストは首からそれぞれのメダルをかけて先頭から続いていた感じだったので、人々の期待通りの出方が演出されていたようだった。さらにメダリストだけ集まって花束の贈呈や写真の撮影会(フォトセッション)も催されていた。日本代表としてやっているから選手団が直ぐに解散せずにオリンピックの会場から帰国した後に記者会見や報告会などを開くのは当たり前だとしても途中の空港でもちょっとしたセレモニーがあるんだとはっきり覚えた。
そして驚いたというか、選手団の一人一人は晴れやかな表情で、疲れているのに又大勢の視線に晒されて面倒臭いみたいな印象を与えるわけでもなく、本当にオリンピックの日本代表に選ばれた事実を誇らしく受け留めているようだった。
平昌オリンピックの日本代表の選手団の十九人のメダリストたち
「チームがんばれ!ニッポン!」さん(@team_nippon)がシェアした投稿 - 2月 26, 2018 at 7:20午後 PST
金メダリスト(四種目で六人)
羽生結弦/フィギュアスケートの男子シングル小平奈緒/スピードスケートの女子500m高木美帆/スピードスケートの女子団体パシュート佐藤綾乃/スピードスケートの女子団体パシュート菊池彩花/スピードスケートの女子団体パシュート高木菜那/スピードスケートの女子団体パシュート高木菜那/スピードスケートの女子マススタート
銀メダリスト(五種目で五人)
高木美帆/スピードスケートの女子1500m平野歩夢/スノーボードの男子ハーフパイプ渡部暁斗/ノルディック複合の男子ノーマルヒル小平奈緒/スピードスケートの女子1000m宇野昌磨/フィギュアスケートの男子シングル
銅メダリスト(四種目で八人)
原大智/フリースタイルスキーの男子モーグル高梨沙羅/スキージャンプの女子ノーマルヒル高木美帆/スピードスケートの女子1000m藤沢五月/カーリング女子吉田夕梨花/カーリング女子吉田知那美/カーリング女子本橋麻里/カーリング女子鈴木夕湖/カーリング女子
夕方になってメダリストの記者会見(平…

Search ConsoleのブロックされたリソースのYouTubeのエラーは消せるかも知れない

イメージ
Googleのクローラー(検索ロボット)がサイトのコンテンツのファイル/リソース(Javascript、css、画像など)をクロールできないとSearch Consoleのブロックされたリソースに表示される。
サイトの robot.txt ファイルでこれらのリソースのクローラーが許可されていない場合、Google によるページのレンダリングとインデックスへの登録が十分に行われず、Google 検索におけるページのランキングに影響する可能性があります。
ブロックされたリソースのレポート via Search Console ヘルプ
恐ろしいのはサイトがGoogle検索にインデックスされなければ検索結果に掲載されずにアクセスが途絶えてしまう。ブロックされたリソースのコンテンツがサイト全体のサイト評価に悪影響を及ぼすかどうかは定かではないにせよ、少なくとも該当のコンテンツのサイト評価がエラーの分だけ下がるのは間違いないと思う。クローラーがサイト解析に失敗しているわけだからサイト評価には全く結び付かなくなっている。
Search Consoleのブロックされたリソースは見付けたら早急に改善しておくのがサイトのSEO(検索エンジン最適化)対策として望ましくて検索エンジンからのアクセスアップに支障を来さない。
所有サイトのファイルならば直ぐにGoogleのクローラーを弾かないように修正できるけれども外部のファイルも出て来る場合があって自分ではどうすることもできないから困ってしまう。
方法としてはコンテンツから外すか、外部サイトの管理人に原因を調べて修正して貰うように依頼するしかない。
ブログでYouTubeの埋め込みコードを使った記事がSearch Consoleのブロックされたリソースに出て来てしまうから何とかならないかと悩んだ。
不可解なのは全てのYouTubeの動画がGoogleのクローラーを弾いているわけではない。
たぶんブログの記事が適切にクロールされてないだけで、YouTubeが動画の埋め込みコードからGoogleのクローラーを弾いているわけではないのではないかと感じるんだ。
YouTubeはGoogleのサービスだけど、何よりもオリジナルの動画ページが検索結果に数多く表示されているし、埋め込みコードを使ってもクローラーをブロックするはずはなさそうだ。
ブロックされたリソース via …

日本と韓国の友好を示した小平奈緒と李相花の平昌オリンピックでの最高の場面

平昌オリンピックのスピードスケートの女子500mで小平奈緒が優勝して金メダルを獲得した。数日前の1000mで銀メダルだったけれども雪辱を果たした格好だったから流石に強いとテレビで観ていて唸った。
小平奈緒 日本女子初金!小平奈緒の銀メダルをノーカットで!
スピードスケートの女子の中短距離で、昨年から圧巻の成績を残していたらしくて1000mでは昨年の十二月のワールドカップ(ソルトレイクシティー)で、1分12秒09の世界新記録を樹立して500mでは十五連勝、国内外の他のレースを含めると二十四連勝を飾っていた。
事前の予想で小平奈緒か平昌オリンピックのスピードスケートの女子1000mと500mの何れも金メダルを間違いなく取れるみたいな印象を与えていた。
どちらかというと連勝のない不安な1000mで、幾分かは案の定の銀メダルだったので、直近の世界記録保持者でも四年に一度のオリンピックの大舞台では偶さか厳しいのかと感じたし、本当に負けない500mでも同じように現実は危ういのではないかと逆に不安に駆られながら視線を向けるしかなくなってしまっていた。
オリンピック(The Olympic Games)さん(@gorin)がシェアした投稿 - 2月 18, 2018 at 7:02午前 PST
金メダルを獲得した瞬間は本人の得意の種目だからやはり大丈夫なんだと感じると共に世界中で他を寄せ付けない実力を出し切ったのをはっきり認めながら唯一無二の素晴らしさに心から頷かれた。
普段ならばもう終わりのスポーツで、感動と興奮に際しては余韻に浸るばかりだけど、ところが試合直後のインタビューが物凄く面白かった。
小平奈緒のキャラクターが際立っていて相手の質問を何度か打ち払っていた。専任の結城コーチと二人三脚でここまで来たといわれるとそうではなくて支えてくれた全ての人たちに感謝したいと受け付けなかったり、獣のような滑りだったといわれるとそうかどうかは分からないけれども十分にやれたから良かったみたいに切り返したりしたのが可笑しかった。かりに相手の気持ちに合わせるならば結城コーチとの苦労に苦労を重ねた涙ぐましい日々や獣のような滑りを実現できた集中力の尋常ではない高さについて口を割っても良かったかも知れない。やらないのはなぜかと咄嗟に考え込ませた。念願が叶って長らく待ち兼ねた金メダルを獲得したばかりだからそれこそ色…

キーワードが当たりさえしてくれれば検索エンジンからのアクセスアップはやはり凄まじい

イメージ
先一昨日の夜からブログのアクセスが急上昇して一昨日とそして昨日の夜まで併せて二日間くらい絶好調だった。
結城永人のWebコンテンツ via アルファポリス
最高で一日七百人以上に達した。一日二百人を安定して得るのに何ヵ月も苦しみ続けていたからまるで嘘のような夢見心地を味わっていた。爆発的と凄まじいばかりのアクセスアップが止まってしまったのは非常に残念だけれども素晴らしい経験だったと振り返る。
アクセス解析によるとGoogle検索から調子が上がって暫くしてYahoo検索も追い付いてダブルのアクセスアップを完全に果たした
いつもYahoo検索はGoogle検索の三分の一ほどのアクセスしかないはずなのに結果として同じくらいの状態に跳ね上がっていた。
当初の勢いから判断すると一日五百人を期待した。Google検索で勢いがさらに増して一日千人もあり得るのではないかと頭を過りはしたものの流石に変わらなかった。とはいえ、一日七百人以上で想定されるよりも二百人以上が上乗せされたのはYahoo検索が後から勢い付いたせいだった。
検索エンジンからの凄まじいアクセスアップは初めてではないし、偶に起きている。記憶に新しいというか、本当に忘れ難いのは真夜中のドカンだった。数時間で数百人の飛んでもない衝撃が走ったわけで、ブログに定着すれば一日数千人のアクセスは確実視されるはずの大爆発を起こしていた。
今回はアクセスアップの勢いそのものは最高ではなかったものの二日間くらい続いたのが特徴的だった。経験上、中程度の爆発が比較的に長めに得られたといって良い。もうちょっと勢いが弱くてもっと長く、何週間か続くような場合もある。検索エンジンからのアクセスアップの新しいパターンを掴んだのがサイトのSEO(検索エンジン最適化)対策としてGoogle検索を研究する僕には非常に面白かった。
どんなパターンでもコンテンツのキーワードが当たって検索結果にページが表示回数や掲載順位などで有利に紹介されるのが要件だ
目下、昨日の夜から落ち込んで元に戻りかけているところだけれどもブログのアクセスの底上げを改めて期待したい。
ブログのSEO対策で良く聞くのは検索エンジンで好調な記事が一つでもあると他の記事も調子が上向きになる。ドメインのサイト評価が上がるせいだと考える。ブログ全体がGoogleやYahoo!に好かれなほどにどんな記事も以前よりは…

肋骨を骨折していた渡部暁斗の平昌オリンピックのノルディック複合は本当に大健闘だったんだ

イメージ
平昌オリンピックのノルディック複合の団体は日本が四位(48分18秒6)に終わった。
個人の金メダル候補で、ノーマルヒルとラージヒルは二位(銀メダル)と五位と何れも残念な結果に終わったものの世界屈指の実力者の渡部暁斗を擁した日本はどうなるか、二つの金メダルと銀メダルと銅メダルを一つずつ取ったドイツが圧倒的に有利で、今季のワールドカップの成績を踏まえるとノルウェーとオーストリアが続いているようだったけれどもトップに食い込んで二位かせめて三位に入ると凄いと期待しながら注目していた。
平昌オリンピックのノルディック複合の団体の日本選手
渡部善斗(第一飛躍/第一滑走)山元豪(第二飛躍/第三滑走)永井秀昭(第三飛躍/第二滑走)渡部暁斗(第四飛躍/第四滑走)
日本は前半のジャンプで三位に付けて一位のオーストリアと十九秒差、二位のドイツと十三秒差から後半のクロスカントリーのスタートを切った。四位でスタートを切ったノルウェーが六秒差だった日本に直ぐに追い付いて一緒に追い上げて行った。しかし序盤からドイツが大きく引き離したので、その後はオーストリアとノルウェーと日本の銀メダル以下の争いに変わった。
クロスカントリーは渡部暁斗にチャンスが大きいから終盤まで渡部善斗と永井秀昭と山元豪で繋いでオーストリアとノルウェーのベースに付いて行くと良かったはずだけれども三番手の山元豪が得意のジャンプでは活躍したものの不得意のクロスカントリーで一分くらい引き離されてメダル争いから日本は脱落してしまった。
オリンピック(The Olympic Games)さん(@gorin)がシェアした投稿 - 2月 22, 2018 at 3:13午前 PST
平昌オリンピックのノルディック複合の団体の試合結果
金メダル:ドイツ(46分09秒8)銀メダル:ノルウェー(47分02秒5)銅メダル:オーストリア(47分17秒6)
試合を観ながら日本は前半のジャンプで三位だったのが敗因だと考えた。
テレビの解説では踏み切りや飛行の細かいミスが指摘されていた。事前の予想でもオーストリアが一位になるのは驚きで、むしろ日本が上回るべきだったかも知れない。後半のクロスカントリーで、選手同士が集団で滑るならば多少の順位の入れ替わりは関係なさそうだけれどもオーストリアを引き離しておくと日本とは逆の結果だったともいえる。
クロスカントリーは一人で滑ると風を諸…

Instagramの埋め込みコードがバージョン8で非常に軽量化されて使い易くなった

ブログの記事にInstagramの写真や動画を埋め込みコードを使って載せようとするとそれ自体が長くてびっくりするけれどもJavascriptも付いていて読み込み時間が延びるのが懸念される。
マークアップの<script>と</script>の囲みで、コンピューターのプログラムだからブラウザにとっては通常の場合よりも余計に計算しなくては内容がサイトに反映しない。
しかしバージョンアップで8(埋め込みコードの冒頭付近に「data-instgrm-version="8"」と載っている)に変わってからInstagramの埋め込みコードのJavascriptが非常に軽量化されたようだ。
外部ファイルなので、手元に取り込んで調べてみるとたったの8.23KBしかなくなっている。日本語で換算すると四千文字くらいに相当するけれども以前のバージョン7の60.85KBと比べて七分の一程度の容量に収まっているから一層と使い易くなって喜ばしい。
Instagramさん(@instagram)がシェアした投稿 - 1月 30, 2018 at 3:28午後 PST
ページの読み込み時間が延びて表示速度/ページのダウンロード時間が下がると訪問者と検索エンジンに悪影響を与えてサイトのアクセスが減るかも知れない。一般的に三秒以下が望ましいとされる。スマホが普及して重いサイトは人離れが激しいとすると持ち前のスピーディーな便利さが損われているせいだろう。
Instagramは分かっていて埋め込みコードのJavascriptをついに改善したのではないか
流石に人気爆発のソーシャルメディアで、世界中で利用者を新しく増やし続けている数年来、やはり人々の気持ちを上手く取り入れていると感心する。
気付いて早速、ブログの記事に使っていたバージョン7の埋め込みコードはInstagramのオリジナルの個別ページから再び取り直したバージョン8で悉く書き換えた。
閲覧して体感的に明らかに速いので、気持ち良いばかりだ。僕だけかも知れないけれどもInstagramの埋め込みコードにはasync(非同期)が付いているからページが開くのはさほど遅くならないもののブラウザの読み込みが長引いて直ぐに止まらないのは好きではない。またはページのダウンロード時間が嵩めば検索エンジンでのサイト評価が下がってアクセ…

渡部暁斗がスキーのワックスを間違えて日本初のオリンピックのノルディック複合の個人の金メダルを取り逃した

ノルディック複合はスキーのジャンプとクロスカントリーを併せた競技で、現今、オリンピックの種目としてはジャンプが標準のノーマルヒルと大型のラージヒルのそれぞれに10kmのクロスカントリーの二つの個人とラージヒルを使ったジャンプに5kmずつのクロスカントリーの四選手の国別の団体がある。
日本の渡部暁斗が絶好調らしくて今季のワールドカップで総合優勝を果たすかも知れないので、オリンピックの平昌大会でも金メダルが期待されずにいなかった。
先日のノーマルヒル個人では銀メダルを獲得していた。実力者のエリック・フレンツェル(ソチオリンピックの金メダリスト)との一騎討ちみたいな感じで、ジャンプからクロスカントリーの終盤まで非常に接戦だったけれども最後に突き放されて追い付けなかった。
日本人はノルディック複合のオリンピックの個人でまだ誰も優勝してないんだ。
かつてキングオブスキー(スキーの王様)と称された荻原健司がワールドカップで三連覇や世界選手権でも二回の個人優勝を遂げながらオリンピックには、四回、出場して一回も金メダルどころか、銀メダルや銅メダルでさえも手が届かなかった。団体ではアルベールビル大会とリレハンメル大会で金メダルを獲得して最高の成績を残して来た日本だったけど、どういうわけか、しかし世界屈指の実力者がいても個人では優勝できないのがオリンピックのノルディック複合だと感じていた。
平昌オリンピックのノルディック複合の個人ノーマルヒルをテレビで観ていて渡部暁斗の銀メダルという結果は素晴らしくもやはり駄目かと住み着いた魔物に阻まれているようだった。
ところが絶好調だからもう一つのラージヒルは本当に期待できてチャンスが大きかったために新たに頑張って魔物でも何でも追い払って日本人で初めてのノルディック複合の個人の金メダルを獲得するのではないかと注目するばかりだった。
オリンピック(The Olympic Games)さん(@gorin)がシェアした投稿 - 2月 20, 2018 at 5:28午前 PST
テレビの解説者に荻原健司が来ていて本人は良く分かっていたかも知れないけれども渡部暁斗が平昌オリンピックのノルディック複合の個人で優勝すれば日本人で初めての快挙を成し遂げると同時に悲願達成なのは間違いなかったと思う。
調べると北野建設の実業団のチーム/スキー部で二人は師弟関係を築いているらしくて…

スノーボードのジャンプ中のグラブには幾つもの種類がある

イメージ
スノーボードでジャンプして板を掴む動作をグラブ、またはグラブトリック(掴み技)としてエアー(空中)に組み込まれる。幾つもの種類があって空中での姿勢を安定させたり、ハーフパイプやスロープスタイルやビッグエアーなどの演技を競う試合では得点を左右する要因にもなっている。覚えておくと観るのもやるのも面白い。

目次
スノーボードのエッジ(縁)の呼び方基本の四種類のグラブのエアー両端の二種類のグラブのエアー変形の六種類のグラブのエアー応用の十七種のグラブのエアー基本から派生するスタイリッシュなグラブトリックグラブとノーズボーンのエアーグラブとテイルボーンのエアーグラブとメソッドのエアーグラブとストレートレッグ/スティフィーのエアーグラブとシフティーのエアーその他の派生するスタイリッシュなグラブトリック

スノーボードのエッジ(縁)の呼び方
先端がノーズ、末端がテイル、乗った正面/爪先側がトゥー、乗った背面/踵側がヒールになる。
Illustrated diagram of grabbing locations on a snowboard By Nlin86 (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
スノーボードのグラブには幾つもの種類があって選手が新しく作り出すたびに増えて行くので、全てを纏め切れないにしても実際に良く使われたり、個人的に気になったものを取り上げる。
基本の四種類のグラブのエアー
Juliane Bray's indy grab by LG Snowboard FIS World Cup [CC BY 2.0], via Flickr
インディー(Indy)テイルサイドの手でトゥーエッジを掴むミュート(Mute)ノーズサイドの手でトゥーエッジを掴むメランコリー(Melancholy)ノーズサイドの手でヒールエッジを掴む※短縮してメロン(Melon)とも呼ばれるステールフィッシュ/フレッシュフィッシュ(Stalefish/Freshfish)テイルサイドの手でヒールエッジを掴む
何れも両足の間のエッジを狙ったグラブで残りの腕を遠くへ伸ばしながらバランスを取る。
両端の二種類のグラブのエアー
テイルグラブ(Tail Grab)テールエッジをテールサイドの手で掴む/両手だとダブルテイルグラブになるノーズグラブ(Nose Gra…

一日遅れのバレンタインデーのチョコレートと買い物とラーメン屋での夕食

イメージ
姪が入院している精神科から一ヵ月振りに外泊に又来た。バレンタインデーの翌日だったので、一日遅れでも何かを貰えるかも知れないと思っていたら家に向かう途中でチョコレートを買って来てくれた。嬉しくも穏やかな気持ちがするのが珍しいと驚きつつも一年に一度の素晴らしいプレゼントを受け取るのは本当に有り難かった。

Mary's/メリーチョコレートという。調べると日本で初めてバレンタインデーのチョコレートを発売したメーカーの一つらしい。素敵な思いがする。味わいはあっさりして自然な口溶けなのが食べ易い。
治療抵抗性統合失調症は順調に回復しているのは間違いない。投与される薬物の数も日増しに減っているようだから幸いだ。一日も早く止めて欲しい。世の中には不可能な患者もいるから最も重症の精神病の一つに診断されながら薬物を免れるとしたら腕利きの医者と出会えたのかも知れない。面会して感心するほどの思い遣りの主治医だと分かったし、健康と長生きのために副作用だらけの科学療法を避けるように持って行くだけの器量というか、精神科医としての実力もないわけではない。可哀想な姪が一切の薬物から解放される生活こそ心待ちに願うばかりだ。
家に来た初日、姪は良く笑っていた。車でCDを買いに店へ連れて行くのも一日遅れのバレンタインデーのデートではないか。手持ちの紙幣の肖像を見て喜んでいて病んだ精神から幻覚でも起こしてそうに危惧されたけれども楽しくて細かく気付いただけならば素晴らしい。感覚が広がるのは外向的には良いと思う。内向的では実存の不安だから用心するべきだし、無用な観念に夥しく襲われていつも気落ちしたまま、生きざるを得なくなるだろう。有名なのはセーレン・キルケゴール(哲学者)で、自らの存在に絶望しながら思考していた。親の遺産を使い果たした頃に死んでしまったらしくて貧困などの現実の不幸にはとても弱いかも知れない。しかし外向的に広がる感覚は物事を細かく捉えられる分だけ生活の自由度が増している。新しい世界に数多く気付くし、殆どの場合、自然は平和(さもなければ誰も存在しないかぎりの心の恵み)だから元気付けられるのも間違いない。
一件目の店で、姪は欲しいCDがなかったみたいで、本のコーナーで予定外に本を買った。モコモコのポーチの付録が付いたファッション雑誌だった。自分でもモコモコの白い上着を着ていたし、フードにパンダの耳の…

平昌オリンピックのスノーボードの男子ハーフパイプのショーン・ホワイトと平野歩夢の熾烈な争い

ショーン・ホワイトが勝ち、平野歩夢が負けた。平昌オリンピックのスノーボードの男子ハーフパイプの決勝は二人の世界を代表するスノーボーダーの熾烈な争いの末に素晴らしい感動と興奮と共に幕を閉じた。
得点差は僅かに2.5とはいえ、それぞれの獲得するメダルの色を金と銀に分けたし、いうまでもないにせよ、敢えて振り返るならば一位と二位の順位付けをもはや待つ暇はなかった。
逆転に次ぐ逆転で、手に汗を握り、固唾を飲んで見守るという本当に人生で稀に見るほどの好勝負が正しく繰り広げられてしまった。
火花散る戦い! 平野歩夢とショーン・ホワイト
ショーン・ホワイトと平野歩夢の平昌オリンピックのスノーボードの男子ハーフパイプの決勝は記憶に深く深く刻まれるし、オリンピック史上でもかつて例のない如何にも突出した内容だったのではないかと個人的に頷くんだ。
十九世紀後半にオリンピックが初めてアテネ大会で開催されたけれどもコンセプトに取り入れられた古代ギリシャのオリンピアの祭典まで含めて完全に嵌まったせいみたいだ。平和を呼び覚まされたのが何よりの生きる喜びだったし、スポーツへの純粋な思いがそれこそ紛れもない清らかさを湛えながら全ての選手たちの頂点を目がけて登り詰めて行くだけの瞬間をついに漸く経験したのは確実だったと考えたい。
幾ら送っても送り切れず、血が流れ出すと咄嗟に歌いたい気持ちも吝かではない拍手と共に試合が終わった直後、余韻は未だ冷めやらない感動と興奮の熱気に包まれる真実というか、テレビでショーン・ホワイトと平野歩夢から受け取った印象は極めて晴れやかだった。
平和がやって来るのを如実に覚えたオリンピックは他にあったかどうかも余りに怪し過ぎて今まで知らなかったかぎりは初めての衝撃的な胸のうちの平昌オリンピックのスノーボードの男子ハーフパイプの決勝だと認めながら驚きもするわけだ。
もはや本当にやはり、そうとしか味わえない昨日の今日だけど、凄いと改めて思う、オリンピックとスポーツとそして一つの純粋な思いを託された熾烈な争いをとにかく。
二人の世界を代表するスノーボーダー、ショーン・ホワイトと平野歩夢の何れも殊更に注目されたのは僕にとっては平昌オリンピックの事前に固有の物語を聞かされていたのも大きかったかも知れない。
オリンピック(The Olympic Games)さん(@gorin)がシェアした投稿 - 2月 13…

スノーボードのハーフパイプのダブルコーク1440/ヨーローフリップとはどんなトリックなのか

イメージ
スノーボードのハーフパイプのエアー(空中)から繰り出されるトリック(技)で、ダブルコーク1440(フォーティンフォーティー)は非常に難しいと聞く。
2018年の平昌オリンピックの男子の決勝ではコンボ(連続)で挑んだショーン・ホワイト平野歩夢が何れも成功して優勝と準優勝、すなわち金メダルと銀メダルを手にしたから世界で最高のトリックに数えられる。
ショーン・ホワイトのダブルコーク1440のコンボ(ショーン・ホワイト3回目の金!/二番目と三番目のエアー)平野歩夢のダブルコーク1440のコンボ(平野歩夢が2大会連続銀メダル!!/二番目と三番目のエアー)
コークはコークスクリュー(corkscrew)の略で、ワインのコルクの栓抜きなどの旋回させるという意味がある。
スノーボードのハーフパイプのトリックとしては縦に一回転すると同時に捻りながら横に一回転半する3D(立体)なんだ。

ラン(走行)のフロントサイドから行われる場合、利き脚、または主要な足取り/メインスタンスか、あるいはそれを逆向きに入れ換えた状態/スイッチスタンスの腹側のハーフパイプのリップ(縁)を跳ね上がる。
他面、背中側から試みるとバックサイドコークスクリューになる。
何れも縦回転が後方へ向かうのが特徴で、バックフリップ(後方宙返り)の形を取っている。
3Dトリックとして反対にフロントフリップ(前方宙返り)で捻りを加えるとマックツイストになってショーン・ホワイトのダブルマックツイスト1260(トゥエルヴシックスティー)が非常に名高くて他の選手には厳しいらしい。
ハーフパイプのトリックに付けられる数字は横回転の度数を表しているので、コークスクリューは横に一回転半の540°ならば詳しくはコークスクリュー540になる。
ダブルコークはコークスクリューのダブルだから縦回転を、二倍、行う。そのままだと横回転も二倍なので、ダブルコーク1080(テンエイティー)になるけど、1440の場合はさらに横回転が増えて四回なんだ。
コークスクリューから二倍の縦回転に合わせて捻りも二倍になっているとすると想像したただけでもダブルコークの1080から1440へは只単に多く回転する以上の3Dトリックだから難易度も相当に上がってそうだ。
I-Pod Lands first ever YOLO Flip - Winter X Games via X Games
スノーボ…

Bloggerの無料のブログサービスとしての特徴:成り立ちと使用感と二つの利点など

イメージ
無料ブログというか、ホームページを含めてもBloggerでのサイト運営が最も気に入っている。

Bloggerの成り立ちはTwitterと結び付く
Bloggerは世界で最も利用者の多いブログサービスの一つだけれども元々はTwitterの創業者の一人のエヴァン・ウィリアムズがパイララボで開発したらしい。ブログやブロガーという言葉もBloggerから専ら来ているようで、だからそのままの名前が付いている(Blogger/ブロガー)のもコンセプトがオリジナルのせいだとも過言ではなかったんだ。考えると格好良いし、Bloggerはかつてホームページだけしかなかったインターネットに新たな地平を切り拓いていた。アイデアが画期的で、素晴らしいと感動を覚える。
1999年に始まって人々に大きく広まった2003年にGoogleにパイララボは買収されたんだ。以降、Bloggerはブログサービスとして現在に至るまでGoogleが提供し続けている。
エヴァン・ウィリアムズは2004年にGoogleを退社して2006年にTwitterをオブビアスで立ち上げた。Bloggerに続いて人々に又大きく広まったからビックリするし、さらに盛り上がってもいると思う。しかし何れにせよ、並外れた才気を示している結果だったのは間違いないだろう。
Bloggerは使用感がパソコン向けで辛い
僕は何も知らずにBloggerをやって日本ではさほど広まってなくて直ぐに気付かなかったせいかも知れない。やってみるとスマホでブログを作成するのが大変なので――公式アプリを使っても只単に投稿するのが精一杯みたいな現今――日本の他のブログやホームページのモバイル端末に対応した無料サービスに使用感は完全に劣っている。パソコンか、せめてタブレットでなくては厳しい状況で、たとえ色んなデザインが作り出せるとしてもウェブの編集画面が縮んだままだから面倒臭いのは事実だ。
スマホで気持ち良くブログを作成できないかぎり、もはや率先してオススメするわけには行かないと思う。
日本は海外と比べて特別かも知れないけど、ガラケーの頃からモバイル向けのホームページやブログの無料サービスが発展して来ているし、またはパソコンでやっても愉快なので、とにかく全てのデバイスに的確に対応した使用感こそ世界最高の水準とするとBloggerは追い付いてないといわざるを得ない。
一つだけ凄いの…

サイトのSEO対策のタイトルの文字数は三十文字前後がオススメなんだ

ホームページやブログの検索エンジンでのサイト評価を上げてアクセスアップを図るためにはキーワードを入れてタイトルを付けるのが大切だけれどもどのくらいの文字数が良いのかも考えておきたくなる。
タイトルは半角 60 文字(全角 30 文字)前後にする(短い簡潔なタイトルは読みやすく、末尾の切り詰めも防ぎます)。
検索エンジンでブログを見つけてもらいやすくする via Blogger ヘルプ
信憑性が高いと思う。BloggerヘルプのSEO対策への助言で、最大手の検索エンジンのGoogleが提供していて世界で最も利用者の多いブログサービスの一つなのが真実味を著しく与える。検索結果やブログのアクセスの何れも正しくビッグデータに裏打ちされたサイトの検索エンジンからのアクセスアップの並外れた専門家の意見として殊更に重視して然るべきではないか。興味深い指摘なのは間違いない。
日本語だと全角文字だから三十文字前後のタイトルの文字数がオススメと受け取られるわけだ。
自分でやって来てちょっと短いと違和感を覚えるけど、ブログの検索エンジンからのアクセスアップは遅々と捗らないし、いっそ省みればSEO対策が緩いせいもあるかも知れない。
現時点、好調な記事のタイトルの文字数を調べてみると二十七文字と二十三文字と三十六文字と十九文字と三十一文字が挙げれられる。
三十六文字は少し長くて十九文字は少し短い。それ以外はオススメの三十文字前後に収まっているのではないか。五文字の加減で捉えると好調な記事ではタイトルのオススメの文字数の割合が非常に高い。
五件ではデータが少ないので、他の記事を調子が良い方からもうちょっと含めると短いのは厳しくて長いのはさほど変わらないような傾向がありそうだ。
かねて僕自身はロングテールキーワードを狙ってタイトルを長めに付ける記事を増やしていたので、却って上手く行ってないとすればきっぱり減らすべきだと考え直したい。
好調な記事の五分の三がBloggerのヘルプのSEO対策への助言、または検索エンジンからのアクセスアップの非常に興味深い指摘に当て嵌まっている。
結構、他の記事とは調子の差が大きい記事ばかりなので、五件しか挙げないのではタイトルの文字数が最善かどうかを判断するデータとしては少ないにせよ、気に留めて良いかも知れない。
サイトの利便性からするとタイトルが短いほどにサイト内容が伝わり切らなかっ…

フリー素材のぱくたそは専属モデルの河村友歌が相当に可愛いと好印象を与えた

イメージ
サイトで無料で使える写真などのフリー素材のWebサービスは海外に多いけれども日本にもぱくたそ(PAKUTASO)を見付けて良いと思った。
ダイヤル式電話機の使い方がわからずスマホから電話する平成生まれ by すしぱく via ぱくたそ
ユニークな写真が貰えるというか、外国人からは得難いはずの日本人ならではの小綺麗に纏まったようなセンスと数多く出会えるのが日本のWebサービスとして流石に有り難い。
ぱくたそは画質も優れていて高品位な写真を提供していて素晴らしいと心から拍手を送る
ダウンロードはSのサムネサイズとMのブログサイズとLの高解像度版の三つ――ウェブで切り出ってトリミングの機能も付いている――から選べる。最高のLの高解像度版だと1MBを越えるような非常に大きなサイズになる。サイトで使うには一般的にMのブログサイズがスマホからパソコンまでの閲覧に適していて容量も軽くて必要十分だと思うけれども写真の画質に拘泥るとすると非常に大きくて重くてもオリジナルに近い状態で手に入るのが嬉しい。

アカウントの登録が不要で、非常に大きなサイズの写真を提供するWebサービスは海外でも珍しいと思うし、好意的に運営されている。難点なのはサイト広告が多過ぎるところで、フリー素材のボタンとも接近しているから押し間違えないようにしないと何も貰えなくなる。
ぱくたその利用規約を確認するとフリー素材のライセンスはパブリックドメインやクリエイティブコモンズのCC0とは一致してないから勝手には使えないと幾分とも注意を要する。
二次利用や商品価値を決める成果物の場合、事前に許諾やクレジット表記が必要な場合があります。(例えば、販売物として、カレンダー、名刺、スマホケース、Tシャツなど、全面にほぼ無加工で使われている場合に該当します。販売しない配布物、掲示物であれば問題ありません。)
ぱくたそのご利用規約・ガイド via ぱくたそ
作者の著作権が消滅したか、または放棄されたパブリックドメインやクリエイティブコモンズのCC0とぱくたそがフリー素材として最も大きく異なるのは商用利用が可能だけれども販売目的では不可能と定められているところだ。簡単にいうと著作権法の引用と同様に作品に取り入れた際の主従関係を守らなくてはならなくてフリー素材をメインに使って「二次利用や商品価値を決める成果物」を作成するのは是認されない。それ以外の…

Googleは見出しを多用するサイトを好むからやはりSEO対策に取り入れるべきだ

イメージ
人気のキーワードで検索結果の上位に掲載されないとサイトのアクセスアップは時間がかかる。どうすれば良いのか。Google検索を研究するためのフィールドワーク(現地調査)として実際の検索結果を調べるのはとても大事な作業の一つなので、やってみると見出しを多用したサイトが好かれていて検索結果の上位を占めていると気付いたんだ。
人々の検索数が少ないキーワードだと本文ばかりのサイトでも有利だけど、ところが人気のキーワードで爆発的なアクセスを得ているサイトは見出しを多用している。
数え切れないほどの競合サイトが犇めき合った検索結果の激戦区を勝ち上がっているサイトは検索エンジンでのサイト評価が素晴らしく高いのは間違いない。
Googleでは高品質なコンテンツとページランク(外部サイトからのリンク)が二大要因だから何れも満たしているのは当たり前だし、サイトのSEO(検索エンジン最適化)対策はタイトルにキーワード数千字の文字数で仕上げるサイト作成の基本も押さえた上で、さらに見出しを多用すると人気のキーワードでも有利なくらいアクセスアップに爆発的に繋がるのかも知れない。
僕がやって来て良い場合も悪い場合もあった
A woman holding sparkler by Morgan Sessions on Unsplash
考えると総じて人気のキーワードでは駄目なんだ。ページランクが低くてどうしようもないとか開設して一年ちょっとだから信頼性が不足しているなんて弱点が大きく響いてないとはかぎらないので、他でサイト評価を落とさなければ見出しを多用するサイト作成がSEO効果を持つのは強ちではないと認める。
一般に、見出しタグはタグに囲まれているテキストをページ上の通常のテキストよりも大きく表示するため、ユーザーにとってはそのテキストが重要であるという視覚的な手がかりとなり、見出しのテキストの下に続くコンテンツの内容について理解しやすくなります。複数の見出しサイズを正しい順序で使用すると、コンテンツの階層構造が作成され、ユーザーがドキュメント内を移動しやすくなります。
検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド via Search Console ヘルプ
Googleが助言しているから見出しを使うサイト作成がSEO対策に良いと検索エンジンに好かれるのは明らかだ。
興味深いのは多用すると人気のキーワードに強い…

プラークコントロールで口内環境のバランスを良好に保って口臭も少なく減らす

イメージ
人間の口の中には一千億から三千億個の細菌が住み着いている。歯を磨かないと六千億から一兆個と倍以上に増えるらしいけれども腸の中と同じように善玉菌と悪玉菌と日和見菌に分かれて勢力争いを繰り広げている。

目次
口内バランスは善玉菌と悪玉菌で九対一が望ましいプラークコントロールの三つの方法について第一に歯磨きが大事だ第二に食生活が大事だ第三に唾液が大事だ就寝前のプラークコントロールは効力が高い口臭の少ない寝起きは口内バランスに優れる

口内バランスは善玉菌と悪玉菌で九対一が望ましい
数多くの細菌の集まりを顕微鏡で観察すると花畑に似ていてフローラとも呼ばれる環境を持った腸内に悪玉菌が必要以上に増えると排出される毒素や免疫力の低下などから様々な病気を引き起こすかも知れない。
口内環境も腸内環境と似ている。悪玉菌が増えると虫歯や歯周病という歯の病気の原因になるけれどもさらに全身でも病気にかかり易い状態を強いられる。腸内環境とは細菌の作用が少し違って免疫力の低下には直接的に結び付かないようだから健康への被害は比較的に少ないものの悪玉菌や毒素が血管を通って全身に広がると調子が落ちると考えられる。
歯磨きと歯周病の記事に歯以外の病気を危惧して幾つか取り上げたけれども諸々の原因として最も厳しいのが歯周病菌の吐き出す毒素だった。
口内環境で特徴的なのは悪玉菌が歯のプラーク(歯垢)や歯石に住み着いて領土を拡大するように自陣の勢力を増して行くところなんだ。善玉菌と繰り広げる細菌同士の争いにプラークや歯石がバリアーの役割を果たしている。一旦、住み着くと非常に強力で、敵対する善玉菌や日和見菌の勢力だけではもはや速やかに数を減らせない。プラークならば人間が歯ブラシで、歯石ならば歯医者が専用の器具で打ち壊して行かないかぎり、悪玉菌の勢力は広がる一方とも過言ではないんだ。
腸内環境の場合には善玉菌と悪玉菌の割合は七対三のバランスが良好といわれる。悪玉菌もいないと善玉菌がもきっちり働かないみたいなので――栄養を産出するとか独自の素晴らしい能力を発揮するべく活性化するためには敵も必要で、ライバルと切磋琢磨してこそ健康のために活躍する場を得られ易いと聞く――ある程度の悪玉菌はいるのが望ましいせいなんだ。または悪玉菌自体も全くの不要な存在ではなさそうで、腸の中に入って来た他の病原菌などを秀でてやっつけたりすると人間にとって役立…