独自ドメインのサイト運営でGoogle検索への初めてのパーフェクトインデックス

僕がサイト運営を始めたのは2002年の詩のホームページで、大体、五年後くらいにGoogle検索からのアクセスアップを考えるようになったかも知れない。すると十年を過ぎてついに漸く初めて達成されたけれどもSearch Consoleでブログの些細な日常の七百件以上の全ての記事がGoogle検索にインデックスされてパーフェクトなのが確認された。ページ数が増えると部分的に抜け落ちて難しくなってしまう。押し並べて百以上か、サイトの管理人として頑張ってもいつも全てのページのインデックスは無理だったのにサイトアドレスを独自ドメインに切り替えた途端に一ヵ月ちょっとであっさり夢が一つ叶ってしまった。


些細な日常のサイトマップの「送信」のページ数とGoogle検索へよ「インデックスに登録済み」が完全に一致したSearch Consoleのサイトマップインデックスのデータ
サイトマップ インデックス via Search Console

Google検索へのインデックスはサイトが検索結果に表示されるための第一条件なんだ。サイト内容がページ毎に格納された状態を示している。Search Consoleではサイトマップとの照合で一目瞭然で、サイトの「送信」のページ数と「インデックスに登録済み」が一致すればパーフェクトだけど、とにかくインデックスされなければ待てど暮らせどGoogle検索からのアクセスアップはあり得ない。訪問者は断じて一人もやって来ないという。


だからパーフェクトインデックスはSEO(検索エンジン最適化) 対策でサイトを盛り上げる際には是非とも欠かしてならない最も肝心な要素に他ならなくて実現した気持ちは素晴らしいかぎりなんだ。


サイト運営で十年もかかったから振り返ると本当に難しかった。独自ドメインの有料サイト、年間千円程度の出費で初めてしかも速やかに可能だったわけで、かねて無料サイトのホームページやブログばかりやっていたのが不味かったのではないか。


SEO対策を考えると外部サイトからのリンクが多ければインデックスのためにサイトへやって来る検索エンジンのクローラーの平均巡回数を増やせるし、見付け出されたコンテンツが高品質ならばサイト評価も上がってクロールバジェットという一回当たりの割り当ても増やせるほどにパーフェクトは必ずしも無理とはかぎらないはずだけど、しかしながら結果的にどうも違うらしい。


有料サイトと無料サイトのサイトアドレス、前者は自分だけの独自ドメインと後者は他の人たちも数多く使っているサブドメインやサブディレクトリーのURLに対する検索エンジンでのドメインのサイト評価の優劣がはっきり出ているように受け留められる。


Google検索がクロールしたページを検索結果に出して良いかどうかを諸々のランキング要因から分析する。低品質なコンテンツで必要ないと判断するとインデックスされないか、されても後から削除される。同時に全体のサイト評価も下がるはずだから検索エンジンからのアクセスアップはさらに苦しくてSEO対策は悪循環へ追いやられてしまうと考えられる。


そうしたクロールとランキングとインデックスのプロセスそのものは独自ドメインと無料サイトで理論上は変わらないはずなのに優劣があると初めてのパーフェクトインデックスで明らかになった。


僕は後者から前者へと移転しながらサイト内容を大きく変えてないし、ブログの記事の作成は従来通りの品質:基本的にタイトルにキーワードを入れた数千字の長文のコンテンツで検索エンジンに好かれるように行っているので、突然、Google検索へのインデックスが捗り捲るのは新しいサイトアドレスが原因としかいいようがないと感じるんだ。


どうして独自ドメインと無料サイトで検索エンジンでのサイト評価に優劣が付くのか


サイトの検索エンジンでのサイト評価が低いとインデックスされないか、されても後から削除されるので、パーフェクトを達成するのは無理なんだ。


独自ドメインと無料サイトで最も大きな違いはトップレベルのサイトアドレス/ドメインそのものについて自分だけがやっているか、他の人たちもやっているかに含まれる。


無料サイトの場合には自分と関係ないというか、皆のそれぞれのコンテンツも数多く含まれるわけなので、もはや検索エンジンのサイトの検索結果へのランキングの分析が予想外に影響されると捉えなくてはならないようだ。サイト評価を上げるにはテーマが大事で、一つに絞って繰り返しながらコンテンツを増やすのが最良だと思う。SEO対策のサイト運営で専門化するべきと頻繁に聞くけど、または雑記ブログの些細な日常でも多く取り上げるテーマの記事が少なく取り上げる場合よりも検索エンジンからのアクセスアップに強く繋がるのを正しく経験している。


他の人たちも好き好きにやっている無料サイトだとコンテンツのテーマが比較的に揃わないからサイト評価が緩んでしまうのではないか。自分以外のテーマが良いとなると他の人たちよりも自分のサイト評価が下がるはずだし、検索エンジンのランキングの分析はトップレベルのサイトアドレス/ドメインそのものが載せている個々のページについて相対的に行われる印象を持っている。だから雑記ブログは専門ブログよりもSEO対策に向いてないと否応なしに考えられもするわけだ。少ないテーマの記事が多いテーマの記事よりか検索結果で弱くなってしまう。たとえ高品質でも検索エンジンからのアクセスアップに繋がらないくらい後者に比べて前者のサイト評価が切り捨てられるようなんだ。


実際、色んな記事を載せてGoogle検索などからどれも同じように人を呼んでくれないけれども一般的に世の中のキーワードの必要性(検索数がどのくらいか)に激しく左右されるだけではなくて検索エンジンでのサイト評価にはブロガーが取り上げるテーマも関与していて多様性が高いほどにアクセスアップのバラ付きが避けられないと思う。


反対に独自ドメインだとページを載せているのは自分だけなので、個々にテーマを揃えて検索エンジンでのサイト評価を全体的に上げ易いのがパーフェクトインデックスも可能にしていたりするSEO対策の利点かも知れない。


十年以上、サイト運営を行って初めて分かって来た。僕が捉えるテーマとサイト評価の認識が妥当かどうかはGoogleの検索アルゴリズムの複雑怪奇な真実において推測の域を出ないにせよ、SEO対策を徹底的に研究しながら見る間に人気サイトを手に入れられない、少なくともSearch Consoleでそうした努力に見合うだけの満足の行く検索結果のデータを得られないから飛んでもなく難しいのは明らかだ、世の中でも良くいわれているように独自ドメインが無料サイトよりも検索エンジンからのアクセスアップに繋がるのは間違いないと本当に頷く。


インデックスなしに検索結果はない、サイトというホームページやブログにとっていつも


そしてインデックスの確率が高いのは検索エンジンでのサイト評価が高い証拠だし、Googleならば利用者に必要ないと判断して外したり、延いてはサイト自体へクロールさえもしたがらなくなってしまうだろう。サイトのインデックスがきっちり得られるかぎり、SEO対策は真っ先に喜んで良いし、パーフェクトには笑顔こそ相応しい。


将来、アクセスアップが果たせるわけで、僕はGoogle検索へのパーフェクトインデックスは初めてだから以前よりも訪問者が増えるのは間違いない。気になるのはどのくらいまで成長できるか。インデックスとサイト評価の相関関係から検索結果で目立って紹介される頻度が問われる。Search Consoleのデータでは主に表示回数と掲載順位の動向から掴めるだろう。


些細な日常は全記事がGoogle検索でのサイト評価に加味されるように生まれ変わったからスタイルは雑記ブログでもテーマを多く揃える専門性と別々ならば敢えて結び付けるオリジナリティーの両方の検索アルゴリズムのランキング要因をもっと大切にしながらやって行くべきだと考える。


すなわちコンテンツSEOで重視される専門性とオリジナリティーの両方を一挙に高められるのが雑記ブログの特徴というわけで、記事の作成で最大限に打ち出せると訪問者と検索エンジンから面白いと本当に好かれて世の中の人気ブロガーの仲間入りか、少なくとも一日千人以上を掻き集めるプロとしてのスターラインに立つのもまさか不可能ではないと期待するんだ。


サイト運営で僅かながら消せなかった不安が独自ドメインで免れられたのは有り難い


公開済みのコンテンツのインデックスがパーフェクトでなければSEO対策はGoogle検索などでのサイト評価がどこかで低いと懸念されるしかなかったんだ。少しならば構わないように取り組んで来たもののやはり上手く行くには越さないと感じる。


当初から無料サイトでどこまで成長できるかを実験したかったり、Google検索へのインデックスに不安を抱えるのも幾らかは仕様がなかった。しかし反省すると気付くのが遅過ぎたようだ。十年近く前ならば検索アルゴリズムが今現在よりも簡素で、例えばキーワードを多用するとか外部サイトからのリンクを貼り捲るなんて仕方で、検索エンジンからのアクセスアップは爆発的に可能だったように思うし、インデックスは不足してもSEO対策は十分にカバーできたんだ。サイトのコンテンツの品質が重視されると口々にいわれ出したたぶん五年くらい前からは確実に大変になっていたのではないか。するとSEO対策に新しく有利な独自ドメインを直ぐに考えず、無料サイトでの不利なサイト運営を何年も引っ張り続けたのは間違っていたし、大勢の訪問者を望んで止まない自分らしい人生において時間の無駄だったと悔やまれる。


サイト運営の捉え方を注意するべきだ。コンテンツの全て(意味と価値)を決定付けるのは自己表現なので、サイト作成の能力を上げるために時間がかかるのは良いというか、毎日が経験だし、身に付く知識も豊かならば管理人として勉強に他ならない生活そのものだけど、アクセスアップをどうするかは又別だったんだ。総じて時間をかける必要はないし、人を呼ぶのは早ければ早いほどに助かる。死んだら現世では誰とも出会えないかぎり、もはや簡単に済ませられるには越さないだろう。


金輪際、サイト作成とアクセスアップを混同せずにやって行くのを念じて神と天使へ問答無用に宣言するだけだ。


厄介なのはいつでも急ぐべきアクセスアップなので、個人的にいってGoogle検索をメインとしながらSEO対策はなるべく有利な方法、時間を無駄にせず、人を呼ぶにはできるかぎりの楽勝な仕方を選んでサイト運営に取り入れるように心がける。

コメント

些細な日常の人気の投稿

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策