スキップしてメイン コンテンツに移動

カーラ・トーマス|ソウルシンガー

カーラ・トーマス/Carla Thomas。1942年12月21日生まれ。アメリカのテネシー州メンフィスの出身。メンフィスソウル、サザンソウル、ソウルを歌う。

カーラ・トーマス

父親のルーファス・トーマスもR&Bやファンクやソウルやブルースを歌う黒人男性ソウルシンガーだった。

そして兄のマーヴェル・トーマスはキーボーディスト、妹のヴァネス・トーマスは歌手になるという音楽の三兄妹の中で、カーラ・トーマスは育った。

父親が地元のビールストリートのパレスシアターの司会者をやっていて良く催しに触れたのが音楽世界の分けてもメンフィスソウルへ向かう動機付けになった。

十歳のときにやはり父親が地元のラジオ局:アフリカ系アメリカ人のためのWDIAのパーソナリティーをやって本来は高校生のために提供するティーンタウンシンガーズ――卒業生に歌手のアニタ・ルイスソウルチルドレンのメンバーやミュージシャンのアイザック・ヘイズがいる――に特別に参加して勉強と歌に励んで高校卒業まで続けていたんだ。

十七歳のときにCause I Love Youで、サテライトレコード(後のスタックスレコード)からデビューした。父親のルーファス・トーマスとのデュエットで、兄のマーヴェル・トーマスもキーボードで共演している。まだ高校生のうちに録音された歌で、地方で好評を得た。

同年に発売された二枚目のシングルのGee Whiz (Look at His Eyes)が大ヒットして全国で好評を得るともはや歌手として不動の地位が築かれずにいなかった。

CARLA THOMAS - GEE WHIZ (LOOK AT HIS EYES) RARE VIDEO FOOTAGE via ILMJXXX

代表曲はCause I Love You(ルーファス・トーマスとのデュエット/1960)やGee Whiz (Look at His Eyes)(1960)やB-A-B-Y(1966)やTrampローウェル・フルソンの楽曲のオーティス・レディングとのデュエット/1967)やI Like What You're Doing To Me(1969)などがある。

スタックスの女王で、オーティス・レディングやルーファス・トーマスのデュエットパートナー。

原文

Queen of Stax soul and duet partner of Otis Redding and Rufus Thomas.

カーラ・トーマスは伸びやかに際立って哀愁漂う美声の持ち主で、1960~70年代にアメリカ南部のメンフィスで栄えた黒人音楽のスタックスレコードに所属して「スタックスの女王」、またはそうした煌びやかで官能的なサザンソウルを大きく牽引したメンフィスソウルを体現して「メンフィスソウルの女王」とも呼ばれる最高の歌姫の一人だった。

1968年の第十回グラミー賞でアルバムのThe Queen Aloneが最優秀R&B女性ヴォーカルパフォーマンス賞とオーティス・レディングとの共作アルバムのKing & Queenが最優秀R&Bパフォーマンス賞ヴォーカル入りデュオまたはグループ部門にノミネートされた。

コメント

些細な日常の人気の投稿

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

スノーボードのジャンプ中のグラブには幾つもの種類がある

イメージ

陸上自衛隊の歌姫/鶫真衣のいのちの音は死の恐怖に打ち勝つ勇気そのものだ

イメージ