スキップしてメイン コンテンツに移動

リンダ・ウーマック|ソウルシンガー

リンダ・ウーマック/Linda Womack。1953年4月25日生まれ。アメリカのイリノイ州シカゴの出身。R&B、ソウル、ファンク、ダンスを歌う。

ウーマック&ウーマックのシングル『Baby I'm Scared of You』のジャケット
Womack & Womack's Baby I'm Scared of You by METROFN SABC via Twitter

ゴスペル/ソウルシンガーのサム・クックを父に持ち、音楽活動を身近に感じて大きな影響を受けながら1964年の十一歳の頃から音楽制作を始め、I Need A Womanという曲を完成した。

しかし不幸にも同年12月11日にサム・クックが射殺事件に巻き込まれて死亡してしまう。数ヵ月の翌年三月に未亡人の母のバーバラ・キャンベル・クックと以前からサム・クックが支援して親交深いヴァレンティノス(ウーマックブラザーズ)のメンバーのボビー・ウーマックが再婚してリンダ・ウーマックの継父になるけど、だたし二人の結婚は世間的に物議を醸さずにはいなかったんだ。不謹慎なくらい早かった。殊にサム・クックの熱烈なファンからは当の殺人の調査もまだ終わらないうちに何なんだと厳しく叩かれてしまった。ボビー・ウーマックは気に病んでヴァレンティノスを抜けてソロ活動を始めたものの仕事が減って音楽活動も裏方の演奏や曲作りに回るしかなくなる。

そんな中、彼はウィルソン・ピケットI'm in Loveという1968年のヒット曲を手がけて音楽活動への再起を引き寄せるけれども共作でリンダ・ウーマックも制作者の名義はないものの参加していたらしい。

1970年にはリンダ・ウーマックが十代後半で、一緒に音楽制作も行ったはずの継父のボビー・ウーマックから性的な関係を持たされたと気付いた母親が直ぐに離婚したとされる。

とはいえ、数年後の1972年に彼女はボビー・ウーマックのA Woman's Gotta Have Itを一緒に仕上げてヒット曲になった。

リンダ・ウーマックは1979年にヴァレンティノスの五人兄弟の末っ子のセシル・ウーマックと結婚した。彼はヴァレンティノスで共演したソウルシンガーのメアリー・ウェルズと1969年に結婚してプロデュースしていたけれども1977年に離婚した。そして昔から知り合いのリンダ・ウーマックと再会して自分が十二歳のときに告白して八歳の彼女に断られた思い出もあって気持ちは変わらず、何回かデートして、もう一度、告白すると受け入られた。

以降、二人で組んでフィラデルフィアインターナショナルレコードの楽曲を手がけるようになり、テディ・ペンダーグラスドラマティックスオージェイズパティ・ラベルといった人気のアーティストが続々と二人の作った歌を歌った。

1983年に夫婦でウーマック&ウーマックを結成してアルバムのLove Warsでデビューした。このときからリンダ・ウーマックが音楽制作を行うだけではなく、表立って歌も歌うようになって来たんだ。

アルバムはヒットしてアメリカどころかイギリスなどのヨーロッパでさえも人気を博してデビューから国際的な活躍を見せていた。

1980年代は多くのヒット曲に恵まれていたけれども1990年代からは以前ほどは売れないにしても地道な音楽活動を続けていた。

アフリカのナイジェリアに旅行したときに自分たちのアフリカ系アメリカ人の祖先の絆をゼカリヤ族に見出だして芸名を本名から変えて再出発することになる。

セシル・ウーマックはゼク・ゼカリヤス/Zek Zekkariyas、リンダ・ウーマックはゼリヤ・ゼカリヤス/Zeriiya Zekkariyasという。

音楽活動はさらに七人の子供たちも加えたハウスオヴゼカリヤス、あるいはゼク(ZEK: Zekkariyas Enlightenment Kingdom/ゼカリヤス啓発王国の短縮形)という名義でやってもいる。

2017年にBGとゼイマニとクチャの三人の子供たちのウーマックシスターズもシングルのDarlingで歌手デビューを飾った。

代表曲はBaby I'm Scared Of You(1984)やStrange And Funny(1985)やTeardrops(1988)やCelebrate The World(1988)やSecret Star(ハウスオヴゼカリヤス/1993)などがある。

セシル・ウーマック(1947年生まれ)とリンダ・ウーマック(1953年生まれ)は1983年の最初のデュオアルバムまでに長い経歴を持つ。セシルはヴァレンティノスとなったゴスペルシンガーのウーマックブラザーズの一人……。

原文

Cecil Womack (born 1947) and his wife Linda (born 1952) had a long history before the release of their first duo album in 1983. Cecil was one of the gospel-singing Womack Brothers who became the Valentinos…

リンダ・ウーマックは切れ味の鋭いナイフのように端的な声色で、フレーズから音楽の才能が迸るような歌い方が聴いていて気持ち良いと感じる。そして最愛の父親を殺人事件で失うという大変な不幸を乗り越えて来ただけに生きるために欠かせない慈しみを親身に与えられる歌手だろう。

関連:ジェームズタウンのShe Got Soulの二十二人の正真正銘の黒人女性ソウルシンガー

コメント

些細な日常の人気の投稿

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ

飽和脂肪酸の多いココナッツオイルの過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ