スキップしてメイン コンテンツに移動

ホームフリーのUnder the Boardwalk(ドリフターズ)|恋愛歌

2009年に発表されたホームフリーUnder the Boardwalk渚のボードウォークが恋愛歌として胸に響いた。

作詞作曲はケニー・ヤングアーサー・レスニックで、オリジナルの歌手はドリフターズになる。

アトランティックレコードの共同経営者だったジェリー・ウェクスラーがケニー・ヤングとアーサー・レスニックの出版社からUnder the Boardwalkを見付けて自社のドリフターズに歌わせることを決めた。

ドリフターズの前作のUp on the Roofと関連している。恋人同士が海辺で過ごしていて日差しが強いからもっと涼しいところへ行ってみたというのがUnder the Boardwalkなんだ。歌の場面が屋根の上の日向から板道の下の日陰に切り替わる。

1964年の5月21日に録音が予定されていたけど、ところが人気のメインヴォーカルのルディ・ルイスが薬物中毒か何かで前日に死去したんだ。急遽、他のメンバーのジョニー・ムーアが彼の代役を務めて翌月にシングルで発表されるとヒット曲にもな った。

ホームフリーのUnder the Boardwalkのカヴァーはアカペラのコーラスの海辺の情景が思い浮かぶ仕上がりで、例えば波の効果音が添えられていたりするのが素敵だ。全体にとても爽やかな感じがして板道の下の日陰のイメージが本当に良く出ていると驚く。歌の世界に難なく引き込まれてしまう新鮮味のある表現が如何にも魅力的だ。

歌詞の内容

出だしの部分;

おぉ、照り付ける日差しが屋根を焦がし
熱過ぎる靴の、燃えそうな足を労る
板道の下、海辺の側
僕は恋人と共に毛布の上

(板道の下)日差しの外
(板道の下)楽しんでいる
(板道の下)上を行く人
(板道の下)抱き合っている
板道の下、板道

原文

Oh, when the sun beats down and burns the tar up on the roof
And your shoes get so hot, you wish your tired feet were fireproof
Under the boardwalk, down by the sea
On a blanket with my baby is where I'll be

(Under the boardwalk) Out of the sun
(Under the boardwalk) We'll be havin' some fun
(Under the boardwalk) People walking above
(Under the boardwalk) We'll be making love
Under the boardwalk, boardwalk

ドリフターズのUnder the Boardwalk(訳出)

恋人同士のデートの海沿いの板道の下を歌っている。人々が行き交うのとは少し離れて暗がりの隠れ家で遊ぶような感覚がある。または結び付きをさらに強めるだろう二人だけの秘密を思い起こさせる。微笑ましくも心を擽られるときめきの恋愛歌だ。

その他のカヴァー

十五組の楽曲;

世界でカヴァーが続々と生まれているUnder the Boardwalkは恋愛歌のスタンダードな名曲に他ならない。

関連:結城永人の恋愛のスタンダードな名曲選集

参考:Under the Boardwalk Under The Boardwalk by The Drifters The Drifters – Under the Boardwalk Lyrics Cover versions of Under the Boardwalk by The Drifters

コメント

些細な日常の人気の投稿

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ

飽和脂肪酸の多いココナッツオイルの過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ