スキップしてメイン コンテンツに移動

サキの侵入者の日本語訳|イギリスの小説

十九から二十世紀のイギリスの作家、小説家のサキの小説の侵入者(1919)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。

作品の出典

E・O・ホッペのヘクター・ヒュー・マンロー、別名サキの肖像
Hector Hugh Munro aka Saki by E.O. Hoppé / Public domain
The Interlopers by Saki/サキの侵入者
原文:Wikisouce作品集
朗読:LibriVoxC・T・ハート

両方ともパブリックドメイン(著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。

日本語の訳文

ウクライナのカルパティア山脈の様子

カルパティア山脈の東の尾根の混成繁茂したどこかの森の中、一人の男が立ち、冬のある夜のこと、まるで山林の中から現れる動物へ視界と、その後にはライフルの範囲内に待ち構えるように目を凝らし、聞き耳を立てていた。ところが保ってそんなに鋭敏な観が示される猟獣ではスポーツマンの日程表の合法で適切な追跡として考え入れられるものではなかった;ウールリッヒ・フォン・グラドヴィッツは人間の敵を探し求めて暗闇の森の中を巡回した。

グラドヴィッツの森林地は程広くて猟獣も良く備えていた;その郊外に横たわる急峻な山林の狭い区域の土地は目立って猟獣が隠れたり、狩猟ができたりはしなかったものの全ての所有者の領土が最も警戒して護られていた。有名な訴訟に彼の祖父の時代の小さな地主の近隣家族の不法所有からの無謀な取り上げがあった;所有せざる方は裁判所の判決に決して黙って従わなかったが、すると長い一連の密猟騒動や同じような醜聞によって両家族の関係は三世代に亘って敵意を抱くこととなった。隣人の確執はウールリッヒが家長になった頃からは個人的なものへと発展したのだった;この世に大嫌いで、不幸を願う男がいるとすればそれはゲオルグ・ズネーム、喧嘩の継承者、疲れ知らずな猟獣の略奪者、係争された境界の森の侵略者だった。その確執が収まりかけるか歩み寄りを見せるかも知れないのは恐らく二人の男の邪な意志が立ち塞がれない場合だ;子供では互いに相手の血に飢えていたし、大人では各々が相手に降りかかるはずの厄災を祈ったのだったが、さてはこの風が鞭打つ冬の夜にグラドヴィッツは森林官を結集して暗闇の森を見張り、追い求めるのは四つ足のものではない、土地の境界を越えて進行中と怪しまれる盗人の徘徊に向けて用心を保った。ノロジカの雄が暴風の間は避難所の洞穴にいつもいるのに狩り追われるように今夜は走っていたし、暗闇の時間は眠るのが習慣の生き物たちに波乱と動揺があった。確かに森の中に妨害要素があり、ウールリッヒはそれが起きたところからは四分の一マイルだと推測することができた。

彼は丘の頂上に待ち伏せて配置した見張り番たちからはぐれるや原野の縺れた下草の真ん中の急な坂を下って遠く彷徨い、略奪者の姿と音を木の幹を越えて見詰めてひゅーひゅー鳴るやぴゅーぴゅー鳴る風と休みなく打ち付ける枝を越えて聞き取っていた。この原野の夜、この闇、人跡稀な地点でありさえすればゲオルグ・ズネームと、一対一、誰にも目撃されずに出会すかも知れなかった――それこそ考え得る最上の願いだった。巨大なブナの幹を回って踏み込みながら彼は探し求める男と顔を合わせ出した。

二人の敵同士が互いに睨み合いながら長い沈黙の瞬間に立っていた。各々が手にライフルを抱え、各々が心に憎しみと胸のうちに殺意を抱えていた。終生の情動を遺憾なく発揮するべき機会の到来だった。ところが抑制的な文明の規範の元に育った男には隣人を撃ち倒す勇気を振り絞るのは冷血と一言も話さないままでは易からず、除くと自らの家庭や面子を害されてもない。そうして躊躇いの瞬間が行動へ移される以前に自然の猛威によって圧倒される両者だった。嵐の恐るべき金切り声が彼らの頭上にドガシャンと割れて応じられるや落雷してしまったブナの木の倒れる塊の傍らへ跳ねるにも至らなかった。ウールリッヒ・フォン・グラドヴィッツは地面に伸びている自分に気付いたが、片腕は背中で感覚を失い、もう片方は串刺しの枝の緊密な縺れの中に殆ど無力に等しく固まっており、他方、両脚は倒れた塊の下にピン留めだった。重い射撃靴で足は細かく粉砕されるのを免れたのだったが、かりにあったはずの酷い骨折ではなかったにせよ、少なくとも明らかなのは誰かが来て引き出してくれるまでは現在の位置から動けないことだった。顔の皮膚が下向きの細枝で切り付けられたために彼は瞬いて睫毛から血の滴を払うとついに災害の全体像を目に入れた。その側、普通の状態ならば殆ど触ることができるくらい近くにゲオルグ・ズネームが放り出され、生きて藻掻いていた、しかし明らかに彼自身と同じくらい無力に縛り付けられていた。彼らの周りには割れた枝や壊れた細枝の厚くばら蒔かれた残骸があるきりだった。

生きている安堵と縛られる苦境から信心深い感謝の捧げ物と痛烈な悪罵の不思議な連続物を唱えるウールリッヒだった。ゲオルグは目にぽたぽた垂れる血によって早々に何も見えず、聞こうと少しの間に藻掻くのを止めたが、すると短く唸る笑い声を上げた。

「かくて貴様は死ななかった、当然のことのようにな。だが、貴様は捕まったんだ、どうにも」と彼は叫んだ。 「先に捕まって。ほぅ、何て冗談を、ウールリッヒ・フォン・グラドヴィッツは盗まれた森で罠にかけた。真の正義というもの」

すると彼は再び笑った、にたにたと獰猛に。

「俺が捕まるのは自分の森林地だ」といって退けたウールリッヒ。「仲間が連れ出しに来たら貴様は隣人の土地の密猟で捕まえられたよりは益しな苦境だと恐らく願うだろう。恥を知れ」。

ゲオルグは、一瞬、黙った;そうして急に答えた。

「連れ出しが適うとは間違いないか? 俺にも仲間がいて森の中で、今夜、後ろに近付く、もはや〈連中〉はここで先に連れ出しを行うだろう。これらの忌々しい枝の下から俺が引き出されたら貴様の上のこんな木の幹を退ける役目を果たす彼らの方の不手際なんて要るまい。貴様の仲間は倒れたブナの木の下で斃れた貴様を見付けるんだ。形式上、俺は貴様の家族に哀悼の意を送ろう」

「それは役に立つ示唆だ」と狂暴にいったウールリッヒ。「俺の仲間には十分以内に追って来るように指示してあるんだ、既に過ぎたところでは七分だが、ついに彼らが俺を見付け出したときに――示唆を思い出そう。俺の土地で密猟して斃っちまった貴様のためだけでは貴様の家族へ哀悼の言伝てをきちんと送るなんて俺は考えない」。

「構わん」と唸ったゲオルグ。「構わん。この喧嘩は死ぬまで戦って行かれるし、貴様と俺と俺たちの森林官、俺たちの間に現れる悪罵の侵入者は持たない。死と滅亡を貴様に、ウールリッヒ・フォン・グラドヴィッツめ」。

「貴様に同じだ、ゲオルグ・ズネームめ、森の盗人が、猟獣の略奪者が」

男両者は有り得べき敗北の苦さを相手に並べ立てたけど、かくて各々はその仲間の捜索か発見が長引いてそうだと気付いていた:どちらの一団が現場に先に到着するかは偶然の事態だった。

両者とももう自らが押し潰された木の塊から自由になろうと無駄に藻掻くのは止めたのだった。ウールリッヒは取り組みを制限すると片方の部分的に自由な腕を外側のコートのポケットへ近寄せてワインフラスコを引き取ろうと努めた。そうした作業をやり遂げたにしても塞いだ栓を回し開けたり、喉に液体を流し込むには長くかかった。しかし何と天与の一飲みと思われたことか! 開ける冬で、雪は少ししか降らなかったにせよ、このために捕虜は寒中だった場合よりも少しも苦しまなかった、とはいえ、ワインは負傷した男を温めながら力付けていたし、もはや彼は横たわる敵が結んだ唇から痛みと疲弊の呻き声を上げるばかりのところへ何か憐れみが拍動するように見渡した。

「このフラスコに手が届くか、貴様へ投げてやれば?」と突然と訊いたユールリッヒ;「良いワインが入っているし、かぎりも良く快適かも知れないぞ。飲もう、俺たちのうち一人が死に行く今夜だとしても」。

「否、何も見られやしない。目の周りに血がこってり被さり過ぎているんだ」といったゲオルグ。「それにどうあっても俺は敵とワインなんか飲まない」。

ユールリッヒは、数分間、黙り、そして疲弊した風がキーキー鳴るのを聞きながら横たわった。ある考えが脳裏にゆっくり形成されると発展していた、自分が戦っている男が痛みと消耗に余りにも顔を歪めるのを見遣るときはいつでも強さを得るという考え。痛みとウールリッヒ自身が感じている鬱陶しさの中で古い恐るべき憎しみが死に倒れかけているようだった。

「隣人よ」と彼は間もなくいった、「好きにするが良い、貴様の仲間が先に来たらな。それが公平な盟約だった。しかし俺にとっては気が変わっちまった。もしも俺の仲間が来るのが先ならば貴様を救うのが先だろう、さても客人のようにさ。俺たちは森;木はそよ吹く風に真っ直ぐ立つことさえもできない、この見下げた区域に全生活をかけて魔物みたいに喧嘩した。横たわりながら、今夜、ここにむしろ俺たちは馬鹿野郎だと考えるようになったと考えていると;境界紛争を有利に運ぶよりも良いことが人生にはあるんだ。隣人よ、貴様が昔の喧嘩を葬り去る手助けをしてくれるならば俺は――俺は貴様に友達になって欲しいと頼むだろう」。

ゲオルグ・ズネームが長く黙っている余り、ウールリッヒは恐らく傷の痛みで意識を失ってしまったと思った。それから彼はゆっくりと唐突に喋った。

「俺たちが一緒に市場広場へ乗り込んだら地域全体は如何に見抜いて捲し立てよう。友好的に会話するズネームとフォン・グラドヴィッツを知っていると心に留める住民はいない。そして俺たちが、今夜、確執を終えたならば森の皆にはどんなにか平和だろう。そしてもしも俺たちが誰彼を平和にすることを選んだならば外部から干渉する他の人、侵入者はいない……貴様は訪れたうちの屋根の下で聖シルヴェスターの夜を祝うし、すると俺は訪れたたくの城で祭日を愉しむんだ……俺は貴様の土地に決して発砲しないで、客人として請われるならば救うんだ;貴様は猟鳥のいる湿地の元に俺と一緒に来て撃つんだ。全ての田舎の人たちはもしも俺たちが平和にしようと望むならば誰も妨げはしない。一生、貴様を憎むよりも他のことを欲するなんて決して考えなかったけど、俺も事によると気が変わっちまったと考えるよ、この半時間に。ついに貴様は自らのワインフラスコを俺に差し出したし……ウールリッヒ・フォン・グラドヴィッツよ、友達にして欲しい」

暫くの間、男両者は黙ってそれらの気持ちの劇的な仲直りが齎した素晴らしい変化へ考え巡らしていた。冷たい、薄暗い森の中、風は葉のない枝を通して断続的に煽るし、木の幹の周りにひゅーひゅー鳴った、彼らは横たわりながら両一団が今にも引き出して助け出してくれるはずの応援を待った。そうして各々が個人的な祈りを、すなわち自分の仲間が先に到着して友達になった敵へ敬意を先に表するようにと祈った。

間もなく、風が、一瞬、収まったところで、ウールリッヒが沈黙を破った。

「応援を叫ぼう」、彼はいった;「この小康に声が少しは届くかも知れない」。

「木々と下草を越えて遠くへは届くまい」といったゲオルグ。「だが、俺たちにはやれる。一緒に、さぁ」。

二人は尾を引く狩猟用の鳴き囮に声を上げた。

「もう一回、一緒に」と数分後にいったウールリッヒ、おーいという返事を無駄に聞き求めた後だった。

「余計な風の音しか聞こえんな」と嗄れ声でいったゲオルグ。

沈黙が再び何分間かあり、そしてついにウールリッヒは嬉しい叫びを放った。

「森を抜けて来る人影が見えるぞ。俺が下りて来た丘の斜面を追っている」

男両者は奮い起こせるだけの大きな喚く声を上げた。

「聞こえる! 止まったぞ。やっと見ている。俺たちの方へ丘を駆け下りている」と叫んだウールリッヒ。

「何人くらいいるんだ?」と訊いたゲオルグ。

「はっきり見えない」といったウールリッヒ;「九人か十人」。

「すると貴様のか?」といったゲオルグ;「俺は七人だけ連れていた」。

「全速力を出している。勇敢な君たちよ」と喜んでいったウールリッヒ。

「貴様の仲間か?」と訊いたゲオルグ。「貴様の仲間か?」急勝に繰り返したのもウールリッヒが答えないためだった。

「否」と笑っていったウールリッヒ、嫌な恐れで狼狽えた男の馬鹿げたキャッキャ笑いだった。

「誰なのか?」と急いで訊いたゲオルグ、相手が喜んで見なかったものを見ようと目を引き絞りながら。

「〈狼〉」。

参考:第三者(妹尾アキ夫)

コメント

些細な日常の人気の投稿

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

タモリの友達不要論は一人の時間を大切にしながら常識を越えて林修も同感する

イメージ