スキップしてメイン コンテンツに移動
7月, 2020の投稿を表示しています すべて表示

トマス・ベイリー・オールドリッチのマージョリー・ドーの日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアメリカの作家、詩人で小説家で評論家の トマス・ベイリー・オールドリッチ の小説の マージョリー・ドー (1869)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 トマス・ベイリー・オールドリッチの マージョリー・ドー の原文と朗読 Thomas Bailey Aldrich by Unknown / Public domain Marjorie Daw  by Thomas Bailey Aldrich/トマス・ベイリー・オールドリッチの マージョリー・ドー 原文: Wikisouce ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ウィリアム・クーン ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 トマス・ベイリー・オールドリッチの マージョリー・ドー の日本語の…

白い恋人という北海道の人気の土産物の菓子を食べてみた感想

イメージ

北海道で人気の土産物として菓子の 白い恋人 (石屋製菓)が挙げられる。1976年に発売が開始されてから現在では年間に二億枚程度を生産するほどに良く買われているようだ。国内ではもはや 白い恋人 という名前を聞いたことはない人はいないくらい北海道の菓子として知名度は高いかも知れない。加えて海外からの旅行者にとっても日本を代表するものの一つに数えられる。 僕は買ったことはないし、北海道へ行ったこともないけれどもそうした人から土産物として貰うことは偶にあった。大抵、一枚だけ挙って食べて終わりで、何ということもない菓子だからむしろどうして国内や海外で物凄い人気なのかを訝っていた。記憶に残るような格段の印象はなかった。 しかし初めて一箱貰って九枚入りの定番のホワイトをしっかり味わいながら食べてみたらこれは確かに人々が唸って店に殺到してもおかしくないくらい素晴らしい菓子だとついに認めるに至ったんだ。 ラングド…

L・フランク・ボームの硝子犬の日本語訳

イメージ

アメリカの作家、小説家で戯曲家の L・フランク・ボーム の童話集 アメリカのお伽噺 (1901)の収録作品の 硝子犬 の日本語訳を行った。 L・フランク・ボームの 硝子犬 の原文と朗読 The Glass Dog  by L. Frank Baum/L・フランク・ボームの 硝子犬 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( マシュー・リース ) ※一部に誤字があってhis hoes→his shoesが正しいようだ。 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 L・フランク・ボームの 硝子犬 の日本語の訳文 Orange hot glass bubble by Gauthierpous / CC0 熟練の魔法使いがかつて借家の最上階に住んで考え込んだ研究と研究熱心な考えで過ごしていた。魔法について知らないことは少しも知っておく価値がなかった、というのも彼は彼以前に生き…

ifの直後に形容詞が来る仮定表現|英文法

イメージ

アンブローズ・ビアスのアウルクリーク橋の出来事の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアメリカの作家、小説家でコラムニストの アンブローズ・ビアス の小説の アウルクリーク橋の出来事 (1890)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 アンブローズ・ビアスの アウルクリーク橋の出来事 の原文と朗読 Ambrose Bierce by John Herbert Evelyn Partington / Public domain An Occurrence at Owl Creek Bridge by Ambrose Bierce/アンブローズ・ビアスの アウルクリーク橋の出来事 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( アラン・ディヴィス・ドレイク ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 アンブロ…