スキップしてメイン コンテンツに移動
9月, 2020の投稿を表示しています すべて表示

年を取るとか筋肉が少ないときに筋力トレーニングの筋肉痛が遅れてやって来るのはなぜか

イメージ

夏の暑さに注意して 健康と能力の向上の膝屈伸 などの筋力トレーニングを中止せざるを得なかった。やっと気温が下がって来たので、約一ヵ月振りに再開することにした。やらない間に筋肉が減って弱くなっているから少しずつ分量を増やさなくては危ないと考えて膝屈伸だけを昼と夜に百回ずつからやり始めた。 中止する直前は膝屈伸だけならば一日千回でも楽勝なくらい脚の筋肉は増していたので、暫くやらなくてもそんなに減らないと思ったけど、何もしないときから、百回、やるよりは辛くないのは確かだったものの途中で少し休まなくてはならない程度には衰えていた。 しかし筋肉痛が直ぐに来たのが驚きだった。日頃の運動が少なかったり、特に老化現象の一つで、年を取って筋力が落ち易くなるほどに筋力トレーニングの筋肉痛は何日も遅れてやって来ると今まで感じていた。数日後ではなく、膝屈伸の最中から筋肉痛が来たのは以前に鍛えた筋肉がまだ多めに残っ…

L・フランク・ボームの笑う河馬の日本語訳

イメージ

アメリカの作家、小説家で戯曲家の L・フランク・ボーム の童話集 アメリカのお伽噺 (1901)の収録作品の 笑う河馬 の日本語訳を行った。 作品の出典 The laughing Hippopotamus  by L. Frank Baum/L・フランク・ボームの 笑う河馬 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( マシュー・リース ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 Hippopotamus with its mouth open from the water by szirinada / CC0 コンゴ川の上流の支流の一つに河馬の古来の貴族の家族が暮らし、ノアの頃を越えて――人類種の存在を越えて――世界が出来立ての微かな時代へと遥かに遡る家柄を誇っていた。 彼らはいつもこの同じ川の岸に暮らし、ゆえにその水のあらゆる屈曲や…

all about / butの幾つかの意味の捉え方|英文法

イメージ

オリーヴ・シュライナーの夢の生活と現実の生活;小さなアフリカの物語の日本語訳

イメージ

十九世紀から二十世紀の南アフリカの作家、小説家の オリーヴ・シュライナー の小説の 夢の生活と現実の生活;小さなアフリカの物語 (1893)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 作品の出典 Olive Schreiner from The literary digest / No known copyright restrictions Dream Life and Real Life; a Little African Story  by Olive Schreiner/オリーヴ・シュライナーの 夢の生活と現実の生活;小さなアフリカの物語 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ノエルバドリアン ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)…

L・フランク・ボームの魔法をかけられた活字の日本語訳

イメージ

アメリカの作家、小説家で戯曲家の L・フランク・ボーム の童話集 アメリカのお伽噺 (1901)の収録作品の 魔法をかけられた活字 の日本語訳を行った。 作品の出典 The Enchanted Types  by L. Frank Baum/L・フランク・ボームの 魔法をかけられた活字 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( マシュー・リース ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 Stunning Gypsy Lady with Bird Hat by Unknown / Public Domain ある時、ヌークが美しい生活に疲れ始めて何かを新しくやりたがった。ヌークはどんな他の不死の輩よりも素晴らしい力を持つ――妖精とリルをきっと除いて。なのでヌークは幸せに満ち足りる以外ではあり得ない単純な願いから欲しがるものは何でも手…

仮定法現在の助動詞の省略ではない述語動詞の特徴|英文法

イメージ

ヴァージニア・ウルフの社会の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のイギリスの作家、小説家の ヴァージニア・ウルフ の小説の 社会 (1921)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 作品の出典 Virginia Woolf by George Charles Beresford / Public domain A Society by Virginia Woolf/ヴァージニア・ウルフの 社会 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( リズマウラント ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 Crispy London by Ricardo Frantz on Unsplash こんなふうにそれは全く来した。私たちの六七人は、お茶の後にある日、…