スキップしてメイン コンテンツに移動

L・フランク・ボームの魔法をかけられた活字の日本語訳|アメリカの童話

アメリカの作家、小説家のL・フランク・ボームの童話集アメリカのお伽噺(1901)の収録作品の魔法をかけられた活字の日本語訳を行った。

作品の出典

The Enchanted Types by L. Frank Baum/L・フランク・ボームの魔法をかけられた活字
原文:Project Gutenberg作品集
朗読:LibriVoxマシュー・リース

両方ともパブリックドメイン(著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。

日本語の訳文

鳩の剥製が付いた赤い帽子を被ったジプシーの白い衣装の女性
Stunning Gypsy Lady with Bird Hat by Unknown / Public Domain

ある時、ヌークが美しい生活に疲れ始めて何かを新しくやりたがった。ヌークは他の不死の輩よりも素晴らしい力を持つ――妖精とリルをきっと除いて。なのでヌークは幸せに満ち足りる以外ではあり得ない単純な願いから欲しがるものは何でも手に入れるかも知れないと思われるだろう。しかしそんなことはポポポ、私たちが話すヌークには当て嵌まらなかった。彼は何千年も生きたのだったし、己の考え得るどんな不思議も楽しんだのだった。だが、生活は只一つの願いも叶えることができない者かも知れないのと同じくらい今や彼には退屈になったのだった。

最終的に、偶々、ポポポは都市に住まう地球人を考えた、そうしてから彼らを訪れてどう生きるのかを見ることに決めた。これは確かに申し分のない面白さで、多くの退屈な時間を消し去らせるだろう。

よって、ある朝、とても想像できなかった美味しい朝食の後、ポポポは地球へ出発した、そして直ぐに大きな都市の真ん中にいるのだった。

彼自身の住まいは静かで安らかだったために町の轟く騒音にびっくりさせられた。神経に衝撃を受けたために三分と見て回る前に冒険を諦めると決めて瞬時に家に戻った。

これで、暫くの間、地球都市を訪れるべき願望は満たされた、しかし忽ち存在の単調さに再び居た堪れなくなると又一つ考えるのだった。夜中に人々が眠ると都市は静かだろう。夜中に訪れよう。

なので時間を見計らってポポポは大都市へ一瞬で移動し、通りを歩き回り始めた。誰もが寝入っていた。舗道をガタガタ進み行く荷馬車はなかった;叫び出して呼びかける忙しい人の群れはなかった。警官でさえも悪賢く微睡んでいたし、あちこち徘徊る盗人は見かけなかった。

静穏に神経を宥められたので、ポポポは楽しく過ごし始めた。多くの家に入って好奇心からそれらの部屋を大層と調べた。錠も閂も彼には相違がなかったし、彼は日中と同じように暗闇で良く見えた。

暫く経ってから都市の商業部分へと足を伸ばした。店はお金も交換も両替も必要としない不死の者の中では知られなかった;なのでポポポはそんなに多くの製品や商品が集められた新奇な光景に大変な興味を持った。

歩き回る間に婦人帽子屋に入った、すると大型の硝子箱の内側に大量の女物の帽子があり、それぞれのどこかに鳥の剥製が付いているのを見て驚いた。本当、幾つかの最も手の込んだ帽子は二三羽の鳥を持っていた。

さてもヌークは鳥の特別な守護者で、心から愛するのだ。そんなに多くの可愛い友達が硝子箱に閉じ込められるのを見て苛立たされて悲しまされたポポポはそれらが婦人帽子職人によって帽子にわざと置かれたのだとは思いもしなかった。そこで彼は箱の扉の一つをするりと戻し、どんな鳥も良く知るヌークの口笛を小さくチュッチュッ吹いて呼んだ:

「さぁさ、友達よ;扉は開いた――飛び出せ!」

ポポポは鳥が剥製だと知らなかった。しかし剥製か否かあらゆる鳥は必ずヌークの口笛とヌークの呼びかけに従う。なので帽子を離れ、箱から飛び立ち、部屋を羽搏き始めるのだった。

「憐れな君たち!」といった心優しいヌーク、「もう一度、野や森にいたいんだな」。

そうして彼は外の扉を開くと叫んだ:「出て行け! 飛び去れ、美しいものたちよ、もう一度、幸せになれ」

驚異の鳥たちは一斉に従った、もはや夜気へと舞い上がり去ってからヌークは扉を閉めると通りを歩き回り続けた。

夜明けまで彼は多くの興味ある光景を見た、しかし都市を終える前に日の出となり、そして、翌夕、幾時間か早く来ようと決めた。

暗くなるや否や、次の日、都市に又来ると婦人帽子屋を通りかかって内側の明かりに気付いた。入ってから二人の女性を見付けた、彼女たちの一人は机に頭を傾けて酷く泣きじゃくり、同時にもう一人が彼女を努めて慰めていた。

当然ながらポポポは人身の目には映らなかった、なのでそばに立って彼女たちの会話を聞いた。

「元気を出して、姉妹」といった一人、「貴方の可愛い鳥が全て盗まれてしまったとしても帽子自体は残されている」。

「嗚呼!」と叫んだもう一人、婦人帽子職人だったが「誰も部分的に飾り付けられた私の帽子を買わないよ、流行は鳥を装うことなのだから。もはや私の製品が売れないとすれば私は完全に破産するしかない」。

そうして彼女は又新たに泣きじゃくり、もはやヌークはこっそりと離れた、鳥への愛情から無自覚に地球人の一人に悪いことをして彼女を不幸にしてしまったと認められたのが少し恥ずかしいと感じながら。

この考えで彼は婦人帽子屋に夜遅く戻って来た、二人の女性が帰宅していたときだった。憐れな女性が、もう一度、幸せになれるように何かの方法で帽子の鳥を付け換えようと欲するのだった。なので彼は小さな灰色の鼠たち、全く邪魔されずに暮らしながら隣の家へと壁を齧り通してその配膳室から食料を盗んで生計を立てている者で一杯の近くの穴蔵を見付け出すまで探した。

「生き物が、丁度、いるんだ」と考えたポポポ、「女性の帽子に付けるための。毛皮が殆ど鳥の羽毛と同じくらい柔らかで、私には著しく可愛くて優美な動物だと思い当たる。その上、今や生活を盗みで送るし、いつも女物の帽子に残らざるを得なければ道徳がもっと改善されるだろう」。

なので彼は穴蔵から全ての鼠を引き出して硝子箱の帽子に付けるお呪いを発揮した、そこで鳥たちが退いてしまった場所は占められて非常に相応しく見えた――少なくとも世慣れてないヌークの目には。走り回って帽子を離れるのを防ぐためにポポポは動けなくした、そしてさらに己の仕事に喜んだゆえに店に残って婦人帽子職人が今や飾り付けられた如何に上品な己の帽子だろうと見て嬉しがるのを目撃しようと決めた。

彼女は朝早く来、姉妹に付き添われたけど、もはやその顔は悲しい諦めの表情だった。店の塵や埃を掃いて日除けを引いた後、彼女は硝子箱を開けて帽子を取り出した。

しかし非常に小さな灰色の鼠がリボンとレースの中に気持ち良く横たわっているのを見たとき、大きな金切り声を発した、そして帽子を落としながら机の上へボーンと弾んだ。姉妹は金切り声に恐ろしいものだと気付きながら椅子の上に跳んで声を上げた:

「何なのか? おぅ、何なのか?」

「鼠!」と喘いだ婦人帽子職人、怯えてぶるぶる震えながら。

ポポポはこの騒動を見たとき、やっと鼠が人間には取り分け気持ち悪いと、さらに帽子に付ける重大な過ちを犯してしまったと認めた;なので鼠たちにしか聞こえない命令の口笛を低く吹いた。

瞬時に全てが帽子から跳び、急いで硝子箱の開いた扉から走り出、自分たちの穴蔵へ慌てて逃げ去った。しかしこの挙動に婦人帽子職人と姉妹は脅かされる余り、激しく絶叫した後、背中から床に倒れて気を失うのだった。

ポポポは心優しいヌークだったが、こんな悲惨を全て目撃して自身の人間の行いへの無知によって引き起こされたけれども一直線に家にいることを願い、そうしてから憐れな女性たちが自分たちでできるだけ回復するままにするのだった。

だが、悲しい責任感を免れることはできなかった、そしてその問題を考えた後、彼は鳥を自由にすることで婦人帽子職人の不幸を引き起こしてしまったので、硝子箱に取り戻すことで後始末することができると決めた。彼は鳥を愛するし、再び奴隷状態に運命付けることは嫌だった;しかしそれが厄介事を終わらせる唯一の方法だと思われた。

なので彼は鳥を見付けに旅立った。遠くへ飛んでしまっていたが、一秒で辿り着くことはポポポには何でもなかった、すると大きな栗の木の枝に留まって楽しく歌っているのを発見した。

ヌークを見たとき、鳥たちは叫んだ:

「ありがとう、ポポポ。自由にしてくれてありがとう」

「私に感謝するな」と返したヌーク、「というのも君たちを婦人帽子屋へ送り返しに来たためだ」。

「なぜ?」と強く尋ねた青懸巣、怒って、同時に他の鳥たちは歌を止めた。

「なぜなら女性が君たちを財産と見做すと分かっては君たちの喪失が彼女に不幸をもっと引き起こしてしまうからだ」と答えたポポポ。

「しかし私たちが彼女の硝子箱でどんなに不幸だったかを思い起こしてくれ」といった駒鶇、重々しく。「すると彼女の財産であることに関して君はヌークで、全ての鳥の生来の守護者だぞ;だから自然が私たちを自由に創造したと知る。如何にも悪どい人たちが撃ち殺すと私たちを剥製にして私たちを婦人帽子職人に売った;さてや私たちが彼女の財産であるという見解は馬鹿げている!」

ポポポは戸惑った。

「もしも私が君たちを自由のままにすれば」、彼はいった、「悪どい人たちは君たちに再び発砲するだろうし、君たちは以前よりも益しにはならないだろう」。

「ふー!」と声を上げた青懸巣、「私たちはもう撃ち殺されはしない、というのも私たちは剥製のためだ。実際、二人が、今朝、何発か撃ったが、弾丸は私たちの羽根を逆立たせて私たちの詰め物に埋め込まれるだけだった。私たちは人をもう恐れないよ」。

「聞け!」といったポポポ、厳しく、というのも鳥たちが議論に勝っていると感じたためだった;憐れな婦人帽子職人の事業は破産するだろう、かりに私が君たちを彼女の店に返さなければ。帽子を相応しく飾り付ける必要があると思われる。頭飾りに鳥を装うのが女性の流行だ。なので憐れな婦人帽子職人の品物はレースとリボンで装飾されるけれども君たちが留まらなければ価値がない」。

「流行は」といった椋鳥擬、厳めしく、「人によって作られる。何の法律があって鳥かヌークの間で私たちを流行の奴隷にするべく命令するのか?」。 

「私たちは流行にどうするべきか、とにかく?」と絶叫した胸赤鶸。「もしも女性物の帽子に留まったヌークで装うことが流行ならば君はそこにいて満ち足りるだろうか? 私に答えろ、ポポポ!」。

しかしポポポは望みを絶たれていた。鳥たちを婦人帽子職人に送り返して過ちを犯すことはできず、彼女がその喪失で苦しむのも望まなかった。なので彼は何ができるかを考えようと家に帰った。

仰山の瞑想の後、ヌークの王様に相談することに決めると王陛下へ直ぐに向かってから物語の全体を彼に話した。

王様は眉を顰めた。

「これは地球人に干渉した愚行を教えに違いない」、彼はいった。「しかし其方が総じてこの厄介事を引き起こしたのだから救済することが其方の務めだ。我々の鳥が奴隷にされてはならない、そのことは確かだ;よって其方は例の流行を変えさせなくてはならない、つまり帽子に鳥を装うことはもはや女性にとって今風ではなくなるんだ」。

「どうやってそんなことができますか?」と訊いたポポポ。

「いとも容易く。流行はしょっちゅう地球人の間で変わる、何だって素早く飽きる。今風が云々と新聞や雑誌で読んだとき、彼らは決して問題視せず、直ぐに流行の命令に従うだけだ。だから其方は新聞社や雑誌社を訪れて活字に魔法をかけなくてはならない」。

「活字に魔法をかけなくては!」と復唱したポポポ、驚いて。

「その通り。帽子に鳥を装うことはもはや流行ではないと読ませよ。それが憐れな帽子職人を安堵させると同時に余りに惨く使われてしまう我々の最愛の鳥たちを自由にするだろう」

ポポポは賢い王様に感謝しながらその助言に従うのだった。

都市のあらゆる新聞社と雑誌社の事務所がヌークに訪れられた、そしてさらに彼が他の都市へ向かっては土地に「新しい流行の覚え書き」の頁がない出版物はなくなるまでだった。時にポポポは印刷物を読んだ誰もがヌークが彼らに願うことだけを知るように活字に魔法をかけた。時に彼は忙しい編集者を訪ねて自分が彼らに欲することを正確に書くまで彼らの脳を惑わせた。人身は滅多に自分たちが妖精やヌークやリル、しょっちゅう頭にそんな賢い小さな不死の者だけが思い付き得た考えを入れる者によって如何に大きく影響されているかを知らない。

翌朝、憐れな婦人帽子職人が新聞に目を通したとき、とても嬉しがって「女性はもう帽子に鳥を装って今風ではあり得ない、最新の流行はリボンとレースだけを必要とするから」と読んだ。

ポポポはこの後に己の見付け得たあらゆる婦人帽子屋を訪れて新たな命をぞんざいに使い物にならないと投げ遣られた鳥の剥製に与えることに大きな楽しみを見付けた。すると救い出した良いヌークへの感謝の歌と共に野や山へ飛ぶのだった。

時に狩人が銃で鳥を撃ってそれからなぜ当たらなかったかと思う。しかしこの物語を読んだら鳥は婦人帽子屋の一羽の剥製に違いなく、銃で殺されはもちろんしないのだと理解されるだろう。

参考:アメリカお伽話10 『活字に魔法』 L・フランク・ボーム

コメント

些細な日常の人気の投稿

飽和脂肪酸の多いココナッツオイルの過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ