スキップしてメイン コンテンツに移動

ジェイムズ・ジョイスの痛ましい事件の日本語訳|アイルランドの小説

十九から二十世紀のアイルランドの作家、小説家で詩人のジェイムズ・ジョイスの小説の痛ましい事件(1914)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。

作品の出典

帽子を被って眼鏡をかけた殆ど正面向きのジェイムズ・ジョイス
A Painful Case by James Joyce/ジェイムズ・ジョイスの痛ましい事件
原文:Wikisource作品集
朗読:LibriVoxタイグ

両方ともパブリックドメイン(著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。

日本語の訳文

ダブリン市のフェニックスパークのウェリントン記念碑が見える道に二台の二輪馬車が停まっている

ジェイムズ・ダフィ氏は自分が市民権を持つ町のできるだけ近くに住みたいのとダブリンの他の郊外の全てが下品で、現代的で、自惚れていると気付いたためにチャペリゾッドに暮らしていた。地味な家に住んでおり、その窓からは使われなくなった蒸留酒製造所の中かダブリンが建てられた狭い川に沿った上流を眺めることができた。彼の敷物がない部屋の堆い壁には一枚の絵もなかった。彼は自身で家具のあらゆる品目を購入していた:黒い鉄のベッド枠組み、鉄の洗面台、四つの籐椅子、洋服棚、石炭入れ、炉格子と鉄器、両机が置かれた四角い卓。本箱は白木の棚によって凹所に作られていた。ベッドは白い寝具に包まれて黒と緋の敷物がその足を覆っていた。小さな手鏡が洗面台の上にかかって日中は白い笠のランプが炉棚の唯一の装飾品になっていた。白木の棚の本は大きさに応じて上の方へ下から揃えられていた。ワーズワース全集が最下段の棚の片端に立ち、『メイヌースの教理問答』の写しが冊子の布のカヴァーに縫い付けられながら上段の棚の片端に立っていた。文房具はいつも机の上だった。机にはハンプトマンの『マイケル・クレイマー』の手書き翻訳、紫のインクで書かれたト書きが置かれ、さらに小さな紙の束が真鍮のピンで一緒に留められていた。これらの紙には文章が、時折、記入されており、皮肉な瞬間、バイルビーンの広告の見出しが最初の紙に貼られていた。机の蓋を開けるとある微かな香が漏れ出した――新しいシダー材の鉛筆かゴム糊の瓶かそこに置き忘れたかも知れない熟れ過ぎた林檎の香が。

ダフィ氏は身体や内面の病気を予兆するどんなものでも忌み嫌っていた。中世の医師は彼を陰気と呼んだだろう。彼の顔はその年月を正しく物語るように運ぶが、ダブリンの通りの茶色の色合いだった。その長くて大きめの頭にはパサパサの黒髪が生えており、黄褐色の口髭はその無愛想な口を全く隠さなかった。彼の頬骨もその顔に厳つい性格を与えた;ただし目に厳つさはなく、黄褐色の眉毛の下から世の中を見るけど、しょっちゅう気落ちさせられるしかない他人への直感を埋め合わせに挨拶することにずっと余念がない人という印象を与えた。 彼はその肉体から少し離れて生きていた、自身の行動を疑いの横目で見ながら。奇妙な自伝の習慣を持ち、心の中で、時折、自分自身についての短い文章を三人称の主語と過去時制の述語を含めながら構成するのだった。決して施しを乞食に贈らなかったし、丈夫な榛を構えながらしっかりと歩くのだった。

彼は、長年、バガッド通りの私営銀行の出納係だった。毎朝、路面電車でチャペリゾッドから通った。正午にダン・バークスへ行って昼食――ラガービール一瓶とアロールートビスケットの小さな一盛りを取った。四時に自由になった。彼はジョージ通りの安い料理店で食事した、そこにはダブリンの金色に輝く若者たちの会合よりも安らぎが感じられたし、そこには品書きの確かで明白な正直さがあった。夜は己の女家主のピアノの前か町外れをぶら付いて過ごすのだった。モーツァルトの音楽への好みから、時々、歌劇か演奏会へ出向くのだった:彼の生活の只一つの遊興だった。

彼は仲間も友達もなく、礼拝も信経もなかった。自らの精神生活を他人との交わりなしに過ごすのだった、縁者をクリスマスに訪ねたり、彼らが亡くなったときに共同墓地へ付き添ったりしたけど。彼はこれらの二つの社会的な義務を古い品位のために演じたが、市民生活を統制する仕来りを越えて認めることはなかった。ある特定の状況では自分の銀行を襲おうと考えることも辞さなかったが、こんな状況は決して起きなかったけど、生活は均しく平らに広がるのだった――無冒険譚。

ある宵、彼はロタンダで二人の女性の横に座っている自分に気付いた。建物は人出が薄くて静かで、失敗者を苦しげに予言していた。彼の隣に座る女性が人気のない建物を、一二回、見回すとそれからいった:

「こんな寂れた建物の今夜は何て憐れなんでしょう! 空っぽのベンチへ歌わなくてはならないなんて人には余りにも辛いことです」

彼はその発言を話すための招きと取った。彼女がとても気さくなのには驚かされた。話しながら彼女を自らの記憶にいつまでも留めようとするのだった。彼女の横の若い女性がその娘だと聞き知ったとき、彼は彼女が自分よりも一歳くらい若いと判断した。彼女の顔は堂々としていたに違いないが、知性的なままなのだった。それは強く際立って特徴的な瓜実顔だった。目は非常に濃い青で、しっかりしていた。目付きは挑戦的な調子で始まったものの虹彩への瞳孔の緩慢な卒倒のようなもので困惑した、一瞬に並外れた感受性を露にしながら。瞳孔は自身を素早く主張し直し、この半ば明かされた本性は用心深さの支配下に再び落ちた、するとアストラカンジャケットが確かに膨らんだ胸を象りながら挑戦的な調子を、一層、はっきりと打ち出した。

彼は彼女とアールスフォールテラスの演奏会で数週間の後に再会した、すると彼女の娘の注意力が逸らされた瞬間を掴んで親密になった。彼女は自分の夫を、一二回、仄めかした、しかしその調子は仄めかしを警告に変えるようではなかった。彼女の名前はシニコ夫人だった。その夫の高祖父はレグホーンから来たのだった。その夫はダブリンとオランダを定期的に往復する商船の船長だった;そして彼らは一人の子供を儲けた。

彼女と図らずも三度目に会ったときに彼は勇気を出して約束してみた。彼女は来た。これが多くの逢瀬の始まりとなった;彼らはいつも宵に会うと最も静かな方面を一緒に歩くために選んだ。ダフィ氏はしかしながら人知れない仕方を嫌って自分たちがこっそり会わざるを得ないと気付いてから無理に彼女の家に招待するように強いるのだった。シニコ船長は彼の訪問を奨励した、その娘の方こそ問題だと考えたので。その妻は喜びの画廊から本気で放逐してしまっていたので、他の誰かが彼女に興味を示すだろうとは疑わないのだった。夫がしょっちゅう離れて娘も音楽の授業を受けに出るほどにダフィ氏は夫人との交際を楽しむ多くの機会を得た。彼も彼女もどんなそんな冒険もかつて経験しなかったし、どんな不調和を自覚もしなかった。少しずつ彼は自分の思いを彼女のと縺れさせた。彼女に本を貸し、己の考えを与えつつ、知的な生活を彼女と共にした。全ては聞き入れられた。

時々、彼の学知の返礼に彼女は自身の生活の何かの事実を発表した。殆ど母性的な心遣いで彼の本性を全開にさせるように促すのだった。彼女は彼の聴罪司祭だった。彼は暫く前に自分がアイルランド社会党の集会を支援して非効率な灯油ランプに照らされた屋根裏部屋の二十人の穏健な労働者の只中で自分自身を変わり者に感じたと彼女に話した。党が三派、各々がそれ自体の指導者の下とそれ自体の屋根裏部屋の中に分かれたとき、参加するのは続けなかった。労働者の議論は彼がいうには臆病過ぎた;賃金の問題で彼らが持つ関心は無節操だった。彼は彼らが強面の現実主義者だと、しかも手の届かない余暇の産物である厳正さに憤っているのだと感じた。社会革命は彼が彼女に話すには、数世紀、ダブリンに到来しなさそうなのだった。

彼女はなぜ自分の思いを書き出さないのかと彼に訊いた。何のためか、彼は彼女に訊いたが、徹底して蔑んで。美文家と競い合うために、六十秒、連続して考える能力を有する? 警察に道徳とか監督に美術なんて任せた中産階級の批評に従うために?

彼はダブリンの外側の彼女の小さな別荘にしょっちゅう行った;しょっちゅう彼らは夕べを彼らだけで過ごした。少しずつその思いが縺れるに連れて隔たりのない題目について喋るのだった。彼女の交遊は外来物に近い暖かい土みたいだった。何回も彼女は自分たちを闇に包み込ませた、ランプを灯すのを控えながら。目立たない部屋の闇、彼らの孤立、尚も耳に響く音楽。こんな結び付きに彼は有頂天となり、自らの性格の荒削りを磨り減らし、内面生活を感情的に扱うのだった。時々、気付くと自らの声色を聞こうとしていた。彼はその目で自分が天使的な力量へ向上するのだと思った;つまり自分の仲間の熱烈な本性をもっともっと近くに慕うに連れて魂の救い難い孤独を強請むけれども自分自身と認識される不思議に人間的ではない声が聞こえるのだった。私たちは浸り切り得ない、いうに:私たちは自分自身だ。これらの談話の締め括りは彼女が尋常ではない興奮のあらゆる兆しを見せたある夜;シニコ夫人は彼の手を情熱的に掴み上げると己の頬に押し当てたのだった。

ダフィ氏は物凄く驚いた。自分の言葉への彼女の解釈に幻滅させられた。彼女を、一週間、訪ねないのだった;それから彼は自分と会って欲しいと彼女に手紙を書いた。最後の対面を自分たちの破滅した告解聴聞席の影響によって煩わしくしたくなかったので、彼らはバークゲートの近くの洋菓子店で会った。冷たい秋の天候だったが、そんな冷たさにも拘わらず、三時間近く、パークの道を行きつ戻りつ彷徨った。彼らは自分たちの交際を止めにすることを認めた:あらゆる絆は彼がいうには悲しみの絆だった。パークから出て来てから彼らは路面電車の方へ黙って歩いた;しかしすると彼女は激しく震え始めたので、そちらでは又別の衰弱の恐れもあったけど、彼は素早く別れを告げると彼女から立ち去った。数日後、自分の本と楽譜を入れてある小包を受け取った。

四年が過ぎた。ダフィ氏は自らの平らな生き方に戻った。その部屋はやはりその心の整頓を証言した。幾つかの音楽の新しい作品が下の部屋の楽譜台を塞ぎ、または棚にはニーチェの二巻が立っていた;『ツァラトゥストラはこう言った』と『悦ばしい知識』。彼は机の紙の束に滅多に書かなかった。その文章の一つがシニコ夫人との最後の対面の後に書かれたけれども読める;人同士の愛情は性交渉があってはならないゆえに不可能だ、さらに男女間の友情は性交渉があってはならないゆえに不可能だ。彼は彼女と会うと行けないと演奏会を避けた。彼の父親は亡くなった;銀行の下級職員は辞めた。そして、今尚、毎朝、彼は路面電車で町へ向かうと、毎夕、ジョージ通りで適度に食事してはデザート代わりに夕刊を読んだ後に町から徒歩で帰宅した。

ある宵、彼が一口のコーンビーフとキャベツを口に運びかけたときに手が止まった。目が水差しに立てかけてあった夕刊のある段落に留まった。食べ物の一口を皿に置き直してその段落を念入りに読むのだった。それから彼は一杯の水を飲み、自分の皿を片側へ押し、新聞紙を肘の間の自分の前に下げて畳むとその段落を何度も何度も読み返した。キャベツが冷たく白い獣脂を彼の皿に蓄え始めた。女性店員がやって来て彼に食事の調理は適切かを訊いた。彼は申し分ないというとその何口かを頑張って食べた。それから支払いを済ませると出て行った。

十一月の薄明を抜けて忙しなく歩いた、丈夫な榛の杖を規則的に地面に突きながら黄褐色の『メール』の縁をぴったりのリーファーオーヴァーコートの脇ポケットから覗かせていた。パークゲートからチャペリゾッドへ向かう孤独な道で、その歩調を緩めるのだった。杖は地面を力弱く突きながら息は不規則に吐いたけれども殆ど溜め息の音と共に冬の空気に凝結した。自宅に着いてから彼は寝室へ直ぐに上がって行くとポケットから紙を取ってから例の段落を窓の落ちた光で又読んだ。声を出さずに読むのだった、ただ秘密の祈祷を読むときの司祭のように唇を動かしながら。

『シドニーパレードの女性の死』

【痛ましい事件】

本日、ダブリン市の病院で検視官代理(レヴァレット氏が不在で)がエミリー・シニコ夫人、四十三歳で、昨夕、シドニーパレード駅で死亡した者の遺体を検視した。証拠から亡くなった女性は線路を渡ろうとした際にキングストン発の十時の鈍行の機関車によって打ち倒され、そのために頭と死を招いた右側に傷を負っていたことが明らかだった。

ジェイムズ・レノン、機関車の運転士は、五十年、鉄道会社に勤務ていたと述べた。車掌の笛が聞こえて列車を動かすと一二秒後に大きな悲鳴に反応して停車させた。列車はゆっくり進んでいた。

P・ダン、駅夫は列車が出発しかけたときに線路を渡ろうとする女性を目撃したと述べた。駆け寄りながら大声を発した、しかし着く前に彼女は機関車の緩衝器に捕えられて地面に倒れた。

〈陪審員〉。「女性が倒れるのは見えました?」。

〈証人〉。「はい」。

クローリー巡査部長は着いてから故人がどうも死んだらしくプラットフォームに寝かされているのを見付けたと証言した。救急車がまだ来ないうちに遺体を待合室へ運ばせた。

57E巡査が確証した。

ハンプトン医師、ダブリン市の病院の病棟外科医助手は故人が二本の下部肋骨を骨折して右肩に重度の打撲を負っていたと述べた。頭の右側は倒れて負傷したのだった。その傷は通常の人に死を引き起こすほどではなかった。死は彼の意見では恐らく衝撃と心臓の働きの突然の麻痺によるのだった。

H・B・パターソン・フィンレー氏は鉄道会社の代理で事故への深い遺憾を表明した。会社はいつも人々に高架橋以外の線路を渡らせないための予防措置をあらゆる駅で掲示と踏切の新案の跳ね上げ門の使用の両面から取っていたのだった。故人はプラットフォームからプラットフォームへと夜遅くに線路を渡る習慣があった、さらに事件の他の状況の一定の見地から彼は鉄道の役員に責任があると考えなかった。

シニコ船長、シドニーパレードのレオヴィルの故人の夫も証言を与えた。故人は自分の妻だと述べた。ロッテルダムからその日の朝に着いたばかりだったので、事故の時点でダブリンにはいなかった。彼らは結婚して二十二年で、約二年前の妻が可成の酒飲みを習慣的に始めるまでは幸せに暮らしていたのだった。

メアリー・シニコ嬢は最近の自分の母親について蒸留酒を買いに夜中に出歩く習慣があったといった。彼女は証言によると母親をしょっちゅう説き付けようとしながら勧めて連盟に参加させていた。事故後の一時間までは家にいなかった。

陪審員は医学的な証拠に従って評決を下してレノンの全ての責任を免れさせた。

検視官代理はそれは非常に痛ましい事件だというとシニコ船長と彼の娘に甚だしい同情を表明した。鉄道会社には、将来、同様の事故の可能性を防ぐための強力な施策を取るように促した。誰一人、責任を被らなかった。


ダフィ氏は目を新聞紙から上げると陰気な宵景色を窓から凝視した。川は空っぽの蒸留酒製造所の横に静かに横たわって、時折、明かりがリューカン街道のどこかの家に現れた。何という末期! 彼女の死の物語の全体に反感を催すのだった、つまりかつて自分が何を神聖にしたかを彼女に喋っていたと思うまでそれに反感を催すのだった。擦り切れたいい回し、同情の虚ろな表現、記者の注意深い言葉は有り触れた俗悪な死の細目が彼の胃を襲うのを秘密にしておくように説き伏せた。単に己の品位を落としたのでは彼女はなかった;彼女は彼の品位を落としたのだった。彼は浅ましくて悪臭を放つ彼女の非行の荒れ果てた道に気付いた。己の魂の仲間に! 彼はバーテンに満たされた缶や瓶を携えてよろよろ歩く惨めな人を思った。神様、何という末期! 明らかに彼女は生きるには適さず、どんな決意もないまま、習慣への好餌、文明が立たされる敗残者の一人になっていた。しかし彼女がそんなに落魄れてしまえたとは! 彼女のことをそんなにすっかり誤解してしまっていたなんてあり得たのか? 彼は彼女のあの夜の激発を思い起こすと自分がつとにしたよりも苛酷な意味で解釈した。取った方針に同意するのは今や難しくなかった。

明かりが落ちて記憶が彷徨い始めたときに彼は彼女の手が自分のを触るのを思った。初めに胃を襲われた衝撃に今や神経を襲われていた。オーヴァーコートと帽子を素早く身に着けると出て行った。冷たい空気と戸口で出会した;それはコートの袖へ忍び込んだ。チャペリゾッド橋のパブに来てから彼は中に入るとホットパンチを注文した。

経営者が媚び諂って仕えたものの話そうとはしなかった。五六人の労働者が店で、ある紳士のキルデア県の不動産の価値について議論していた。間を開けて大容量のタンブラーから飲酒しては喫煙し、床にしょっちゅう唾棄して、時々、大鋸屑をブーツでその唾に引き伸ばしていた。ダフィ氏は腰掛けに座ると彼らを凝視した、見るとも聞くともなく。暫く後、彼らは出て行って彼はもう一杯のパンチを呼びかけた。それで、長い間、座っていた。店はとても静かだった。経営者は『ヘラルド』を読んで欠伸しながらカウンターに手足を伸ばして着いていた。間々、路面電車が外の孤独な道に沿ってシュッシュッと音を立てるのが聞かれた。

彼はそこに座ったときに彼女との生活を取り直すと自分に今や思われる二つの心象を交互に呼び起こしながら彼女は死んだと、存在しなくなったと、記憶になったと理解した。殆ど不安に感じ始めた。自分は他に何ができたかを自問するのだった。彼女を欺く喜劇は続けられなかったのだ;公然と彼女と暮らすことはできなかったのだ。彼は自分に最善と思われることをしたのだった。如何に責任があったのか? 彼女が逝った今となってそんな部屋に一人で、毎夜、座りながら彼は彼女の生活が如何に孤独だったに違いないかを識った。彼の生活も孤独だろう、彼も死に、存在しなくなり、記憶になるまで――もしも誰かが彼を思い起こすならば。

店を去ったときは九時後だった。その夜は冷たくて陰気だった。彼は最初の門からパークに入ると不気味な木の下を歩いた。彼らが四年前に歩いた侘しい小道を抜けて歩くのだった。彼女が闇の中で自分の近くにいるようだった。折々、自分の耳に触れる彼女の声が、自分のに触れる彼女の手が感じられるようだった。彼は聞こうとじっと立ち止まった。なぜ自分は彼女を生かさなかったか? なぜ自分は彼女に死を宣告したか? 彼は自分の道徳的な本性が瓦解するのを感じた。

マガジンヒルの頂上に達したとき、止まって川をダブリン、冷たい夜に赤く温かく燃える明かりの方へ見遣った。坂を見下ろすとその底でパークの壁の影の中に何人かの人影が横たわるのが見えた。そんな金に動かされるこそこそした愛情に彼は絶望で一杯になった。己の生活の清廉さを齧った;自分はその生活の宴からの追放者だと感じた。一人の人間が彼を愛すると思われながら彼は彼女の生活と幸せを否定したのだった:彼は彼女に醜行、恥辱の死を宣告したのだった。壁の元に腹這う生き物が自分を注視しながら逝って欲しがるのを知った。誰も彼を望まなかった;彼はその生活の宴からの追放者だった。己の目を灰色に閃く川へ向けた、ダブリンの方へ巻き付かせながら。川の向こうに貨物列車がキングスブリッジ駅から巻き付くのが見えた、闇を抜けて巻き付く激昂頭の蠕虫みたいに頑強に齷齪と。それは視界からゆっくりと過ぎた;しかし尚も機関車の齷齪とした唸りが彼女の名前の音節を反唱するのが彼の耳には聞こえた。彼は自分が来た道を振り返った、機関車のリズムはその耳に騒めくにせよ;記憶が伝えることの現実味を疑い始めた。木の下に止まりながら例のリズムが次第に消えることを認めた。彼は闇の中の自分の近くの彼女も己の耳に触れる彼女の声も感じ得なかった。聞こうとしながら何分か待った。何も聞かれなかった:夜は完璧に静かだった。彼は再び聞こうとした:完璧に静か。自分は一人だと感じた。

参考:痛ましい事件(coderati訳)

コメント

些細な日常の人気の投稿

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ

飽和脂肪酸の多いココナッツオイルの過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ