スキップしてメイン コンテンツに移動

L・フランク・ボームのアメリカのお伽噺の日本語訳

十九から二十世紀のアメリカの作家、小説家で戯曲家のL・フランク・ボームの童話集のアメリカのお伽噺(1901)の日本語訳を行った。子供向けの小説、児童文学だけれども分かり易くて機知に溢れた内容だから大人が読んでも面白いし、比較的に平易な言葉遣いなのは外国語の英語の特に初学者の教材に相応しい。

作品の出典

顎に右手を当てて座るL・フランク・ボーム
American Fairly Tales by L. Frank Baum/L・フランク・ボームのアメリカのお伽噺
原文:Project Gutenberg作品集
朗読:LibriVoxマシュー・リース

両方ともパブリックドメイン(著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。

収録作の紹介

  1. 強盗たちの箱
    ――誰もマーサを、その午後、一人のままにしておくつもりはなかった、しかし偶さか皆が呼び出された、というのもあれこれとした理由のためだった。
  2. 硝子犬
    ――熟達した魔法使いがかつて借家の最上階に考え込んだ研究と研究熱心な考えで過ごしていた。
  3. クオックの王妃
    ――王様が昔亡くなった、王様は良くするけど、他の人身のように息切れを起こしがちになりながら。
  4. 熊を所有した少女
    ――マンマは町の中心部に買い物に行ってしまったのだった。彼女はノラにジェーン・グラディスを世話するように頼んでノラはしようと彼女に約束した。
  5. 魔法をかけられた活字
    ――ある時、ヌークが美しい生活に疲れ始めて何かを新しくやりたがった。ヌークはどんな他の不死の輩よりも素晴らしい力を持つ――
  6. 笑う河馬
    ――コンゴ川の上流の支流の一つに河馬の古来の貴族の家族が暮らし、ノアの頃を越えて――
  7. 不思議なボンボン
    ――ボストンにドーズ博士という名前の賢くて古い化学者が暮らしていて魔術を幾分か嗜んでいた。
  8. 捕まった時の翁
    ――ジムはカウボーイの息子で、アリゾナ州の広い平原に暮らしていた。
  9. 素晴らしいポンプ
    ――何年も遠くない昔、石のように不毛なニューイングランドの農場である人が妻と暮らしていた。
  10. 生きたマネキン
    ――どんなお伽噺の国にも黄色いリルのタンコ=マンキー以上に悪戯好きの住民はいない。
  11. 北極熊の王
    ――北極熊の王が遠い北国の氷山の中に暮らしていた。古くて怪物のように大きかった;
  12. 官吏と蝶
    ――官吏がかつてクァンホーに皆から嫌われるくらい過度に腹を立て易く、不愉快に暮らしていた。

何れの作品も笑いを交えながら心底と人や社会と和合して自然環境に配慮して有徳的に生きることを教訓として的確に示していて本当に良いと思う。

参考:『アメリカお伽話』  L・フランク・ボーム

コメント