スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(アイデア)が付いた投稿を表示しています

アドセンスの審査で最終的に合格するための十分なコンテンツとは何か

イメージ
何度も落とされてもう無理だと思いながらアドセンスに合格した瞬間にはガッツポーズを止められなかった。嬉しさの余り、悲しみを余儀なくされた数だけか、何度も繰り返して飛び上がるように部屋を駆け回ってしまうのも造作なかった。どうしても承認されないわけには行かない気持ちが非常に強かったためだろう。A woman surrounded by many soap bubbles by Alejandro Alvarez on Unsplash改めてアドセンスに合格できた理由を考える大前提なのはAdSenseヘルプのコンテンツポリシーに違反しないサイト作成だけど、しかし殆ど適合しても承認されず、最も厳しいと感じるのが不合格の通知の承認されませんでしたというメールの「不十分なコンテンツ」なんだ。落とされる度に目にするし、具体的な指示がなくて、一体、何がどうなっているのかも良く分からない。大丈夫だと思って申…

悪魔の頭脳を持つ男と呼ばれるジョン・フォン・ノイマンはコンピューターと核兵器を基本的に作り出していた

イメージ
人類史上最高のIQ(知能指数)は300で、かつて数学者のジョン・フォン・ノイマンが得ていたといわれる。IQの平均値は100だから常人と比べると三倍の能力だった。本人が実際にテストを受けたわけではないので、伝説の域を完全には免れない数値だけれども頭の回転が飛び抜けて早いのは固有の経歴から間違いないようだ。EDVAC by U.S. Army Photo [Public domain], via Wikimedia Commons何といっても衝撃的なのはコンピューターの生みの親と呼ばれる人類にとって余りに画期的過ぎる業績だろう。一人で完成してないので、本人のインパクトは些か薄いもののアメリカでEDVACの開発チームに設計のコンサルタントとして参加してプログラム内蔵方式という基本の動作原理を作り出した。コンピューターが例えば只の計算機とは違って色んなことができるように進化したのはそれこそプログ…

人間が空を自由に飛び回れる時代はジェットスーツで着実に近付いているようだ

イメージ
イギリスのリチャード・ブラウニング(発明家)が自作のジェットスーツで時速51.53キロをマークしてギネスブックのジェットエンジンパワースーツ装着での最高スピード記録に世界最高記録として認定された。Real life Iron Man sets new flight speed record via Guinness World Records一纏まりで飛行している姿が面白い。イメージが飛行機やヘリコプターとは、全然、違う。翼もプロペラもないんだ。ジェットスーツは腕に装着した六発のマイクロガスタービン式灯油エンジンだけで空中に浮かび上がっている。ロケットに近いスタイルだけど、ところが全方位的に飛翔し易いのは飛行機やヘリコプターに似ているんだ。腕を動かして推進するエンジンの向きを簡単に変えられる。どこへでも直ぐに飛んで行けるわけで、日常生活へ導入してみたいと物凄く想像させるアイデアだ。現状で…

セブンイレブンはワッフルコーンのチーズinチーズの爽やかな味わいに哲学を持っているに違いない

イメージ
どんなものなのかと食べる前に思った。チーズ入りのソフトクリームなんて生まれて初めての味わいではないか、セブンイレブンのワッフルコーンのチーズinチーズを手にしながら。ハラハラドキドキ。ソフトクリームとチーズが似た者同士の乳製品で口説過ぎるのでは堪らなかったはずだけれども本当に美味しかった。チーズの酸味が凄く爽やかに感じる。ソフトクリームの甘さに飛び出すように引き立てられて風味では流石に終わらない。パッケージに「とろ~りチーズソース入り」とあるのは伊達ではなくて、普段、殆ど感じないでいるチーズならではの世界を改めて教えてくれるようなところもさらに嬉しかった。薄いオレンジの縦縞模様のデザインもチーズの爽やかな個性をソフトクリームで冷たく示すのにはぴったりではなかったか、振り返ってみれば。やるな、セブンイレブン、心なしか恐れ入りながらゆっくり味わってしまうわけなんだ。およそ料理の味付けは今此処…

舌を出したアインシュタインの気持ちとは

イメージ
Albert Einstein by Arthur Sasse via The Guardian
カメラマンに「笑って下さい」といわれて咄嗟に舌を出したアインシュタインとは何者か、どんな気持ちからはぐらかしたのかをちょっと考えてみたくならせる。
普通ならばお茶らけているはずだ。気に入った写真は誰にも撮らせたくない。あかんべー。子供たちにお馴染みのユーモアからすると如何にも無邪気な表情らしい。まさか老人でも変わらないなんて人間として素敵なかぎりだ。天使よ。
しかしアインシュタインは二十世紀で最大の科学者の一人と呼ばれる。IQ(知能指数)も200近いといわれていて常人の二倍くらい頭の回転が早かったみたいだ。
本当にお茶らけで済ませて良いのか。謎めきに触れるや否や殊更と意味深な世界に引き摺り込まれるのを感じる。良く見れば目付きが心なしか物悲しい。老いのせいとばかりはいえなさそうで、皺が増えて肌が弛んだ…

Tumblrはウェブでのスクラップブックに相応しい

イメージ
メインのブログをBloggerに移転して脱け殻のサイトとしてTumblrをどうするかが気がかりだった。止めるか、続けるかで、Tumblrの新しい使い方が見付かったので、サイトは残してSuper Leakと改名して今後も続けて行きたいと喜ばしく認めた。ブログで記事を仕上げるのに他のサイトのコンテンツを引用しようとあちこちいろいろと探し回ったり、または気に入った何かからインスピレーションを受けて記事のアイデアを練ったりするけど、ところが手に余るほどに見付け出してしまうことが少なくなかった。ブラウザのブックマークやはてなブックマークに様々なサイトを保存しておいて後から役立つかも知れないと考えるけれどもTumblrに共有しても同じわけだった。他のサイトのコンテンツがそのままで文章でも写真でも何でも表示されて確認し易くてタグ付けで分類/整理も捗るからウェブのスクラップブックとして活用して良いのでは…

神の知性と必要な努力で実現できる幸福を

朝、起きて気持ち良かった。姪が死ぬかも知れないから一日の尊さが如実に感じられた。当たり前過ぎる、可笑しいくらい。些細な日常としか呼べない。分かり切っているんだ、僕には。驚くにはもちろん及ばない。
考えると最後の不幸ではないか。詩的にいって不幸は自分の選んだ道なんだ。逃げ出すことはいつでも簡単にできる。漫画だけれどももしも宝くじのBIGでキャリーオーバーの六億円が当たらないことが不幸だとしたら当たったと空想するか、外れて人生を学ぶかのどちらかで逃げ出せるよ。直に受け取って心の肥やしになるような不幸こそ最後にしたいと僕は認めている。
どうすれば幸福になれるだろう。本質的には神の知性に従わなくては行けない。すなわち自然の法則に逆らっては人生は手懐けられないのではないか。嫌なことばかりが大波と押し寄せて来るようだ。自分の災いに満ちた人生を振り返るかぎり、サイトのアクセスが伸びないという事実は象徴的な…