スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(インデックスステータス)が付いた投稿を表示しています

Search Consoleのインデックス登録の対象範囲のエラーと有効(警告あり)と有効と除外の四項目について

イメージ
GoogleのSearch Consoleのデザインが刷新されてスマホ/タブレットのモバイル対応で表示されるようになった。僕はパソコンを使わないので、従来よりも遥かに見易いのが気に入っている。新しい Search Console は、ゼロからの再構築となりました。これは、可能な限り実用性のあるインサイトをユーザーに提供し、それらに沿ったガイドを行うことで、あらゆる未解決の問題をユーザー自身が解決できるような相互に作用する問題解決モデルを構築するためです。社内のコラボレーションをシンプルにするために、ご自身の組織内でレポートを共有する機能も追加しました。新しい Search Console をご紹介します via ウェブマスター向け公式ブログ使える機能はまだベータ版で十分に出揃ってないけど、しかし検索エンジンへのインデックスの状況が一覧表示されるようになったインデックス登録の対象範囲が便利…

Googleへ自分のサイトをインデックスする方法

Googleの検索結果に自分のサイト/ホームページやブログを表示させるために必要不可欠なのはGoogleに自分のサイトがインデックスされているかどうかだ。
自分のサイトに作成ミスや検索避けなどの反対の要因が一つもなければGoogleの検索結果には表示され得る。
Googleへ自分のサイトをインデックスする方法を取り上げるけれども予め注意しておくと実際に確実性はなくて検索エンジンに知らせて促進することができるのみになっている。
概して自分のサイトのGoogle検索でのサイト評価が低いと難しいかも知れない。コンテンツの品質が高かったり、外部サイトからのリンクが多く貼られていたりすると成功する可能性は高いようだ。サイト評価が低いと、一旦、インデックスされて後から削除される場合もあり得る。

目次
Googleへの自分のサイトのインデックス方法Search ConsoleでURLを送信するSearch Co…

ブログがlinkタグのcanonicalのミスから復活した

イメージ
インデックスステータス via Search Console
Super LeakのSearch Consoleでのインデックスステータスが、大分、改善されて来ている。ちょっと前、暫くの間は停滞していたもののやはりhtml編集でhead内にlinkタグのcanonicalを入れたのを消して大正解だった。
Tumblrは注意しないとトップページしかインデックスされなくなる。
現状、再びインデックスされ出したのは明らかなので、ほっとしているよ、実に実に。
Googleの検索結果に記事ページが表示されればアクセスアップに繋がるはずだし、一人でも多くの人に知って貰いたいかぎり、ブログの更新への力強い励みと考えて然るべきだろう。

ブログがlinkタグのcanonicalでトップページしかインデックスされてなかった

このところ、Google検索にSuper Leakの記事がインデックスされないという状況が続いていた。何なのかと思いながら更新せざるを得なかった。記事がインデックスされないと検索結果に表示されないからアクセスアップに繋がらない。クローラーは来ているはずなので、コンピューターの調子が悪ければ早く直って欲しいくらいしか考え付かなかったんだ。ところがしかしついに分かった、Google検索にインデックスされるわけもない真実が。僕のせいだった。僕がブログのhtmlを変更したからクローラーが来ても記事を拾って貰えなくなっていた。悲しい。
ForevermoreのトップページにTumblrブログのSuper Leakを埋め込んでいるわけなんだけれども子ページに記事を取ってiframeタグで表示しているんだ。子ページとSuper Leakで内容が重複してしまうので、Search consoleには正規 U…