スキップしてメイン コンテンツに移動
ラベル(ウィジェット)が付いた投稿を表示しています すべて表示

Bloggerのフィードウィジェットで記事のコメントをブログに表示する方法

イメージ

Bloggerのウェブの編集の「レイアウト」からフィードウィジェットを使うとブログの記事に付けられた全てのコメントを対象にコメントのフィードのURLから読み込んで新しい順で直ぐに表示することができてとても便利なんだ。 フィードの設定 via Blogger フィードの設定で入力するブログのコメントフィードのURLはBloggerでは二つ用意されている。 Atomのコメントフィード ドメインの末尾に「/feeds/comments/default」を付けたもの RSSのコメントフィード ドメインの末尾に「/feeds/comments/default?alt=rss」を付けたもの Bloggerの無料版のサブドメインのブログならばドメイン名の「blogspot.com」の「.com」、有料版のカスタムドメインのブログならばそれぞれのドメイン名の次の「.com」や「.net」などのトップレベルドメイ…

Bloggerの画像なしの投稿のスニペットに専用のサムネイル画像を表示する方法

イメージ

Bloggerの公式テーマのテンプレートで記事の抜粋のスニペットがインデックスページやサイドバーに置かれる場合に画像なしの投稿については文章だけしか載らない。専用のサムネイル画像を予め用意しておいて画像ありの投稿と変わらずに表示するようにスニペットのデザインを変えるカスタマイズの方法を考えてみたい。 新テーマのContempoとSohoとEmporioは注目とブログと人気の投稿の三つのウィジェット、Notableは注目かブログと人気の投稿の二つのウィジェットのスニペットでサムネイル画像が別々の仕方で表示される。そしてテーマ毎にデザインも違うので、それぞれにカスタマイズためのソースコードを取り上げる。 旧テーマのシンプルと動的ビューと画像ウィンドウとAwesome Inc.とウォーターマークとエスィリアルと旅行は注目とブログの投稿と人気の投稿の三つのウィジェットのスニペットでサムネイル画…

BloggerのContempoとSohoとEmporioのテンプレートで記事/追加ページにハンバーガーメニューを出す

イメージ

Bloggerの 2017年の公式テーマ はブログの最上段にフローティングバー(固定/スティッキーのメニューバー)が付いている。 ところがNotableを除いてContempoとSohoとEmporioはデザインが一般的ではない。トップやアーカイブなどのインデックスページは総合メニューのサイドバーを開閉するハンバーガーメニュー(≡)が表示されるのに記事/追加ページでは変わってホームボタン:トップページへのリンクの左矢印(←)が表示される。子ページだからデザインの意味付けは悪くはないにしても記事/追加ページから親ページへはフローティングバーやヘッダーにブログ名のリンクもあるから重複している。 A hamburger with vegetables by Valeria Boltneva [ CC0 ], via Pexels 折角の総合メニューのサイドバーを記事/追加ページから使えないのは勿体ない…

Bloggerのdefaultmarkupタグの最初は便利で最後は不要な使い方

イメージ

Contempoなどの2017年の公式テーマ からソースコードに追加されていたBloggerの独自タグの一つ、defaultmarkupとは何かを考える。 Contempoテーマ via Blogger head内に幾つも記載されていて中身はincludableタグばかりなんだ。翻ってbody内には同一のidと内容を持つincludableタグが記載されていて完全に重複している。ソースコードに二つのマークアップがまるでコピーされたように含まれているのはサイト作成で謎としかいいようがない。 概して一つしか要らないはずだし、body内のincludableタグでブログは成り立つと思う。defaultmarkupタグがなぜhead内に幾つも記載されているのか。Bloggerのテンプレートでの役目、そして使い方も分からない。 defaultmarkupタグはウィジェット毎の初期設定を示す 調べるとB…

Bloggerブログで記事の更新日を表示する方法

イメージ

Bloggerの注目とブログと人気の投稿のウィジェットのスニペットの表示されない文字数を減らす

イメージ

Bloggerの 2017年の公式テーマ のContempoとSohoとEmporioとNotableのインデックスページ(トップ、アーカイブ、ラベルなど)の記事の抜粋などに使われるスニペットの文字数が実際に表示されるよりもソースコードに多く記載されている。 Three types of devices by coffeebeanworks [ CC0 ], via Pixabay 調べると必要なのはスマホとパソコンで百文字と二百五十文字程度――文字サイズによって前後するし、小さなサムネイル画像と横並びの文章のデザインの場合は八十文字と百七十文字前後まで減る――なのにテンプレートはデフォルトで千文字が記事の本文の冒頭から抜き取られる設定になっているんだ。 最も多く必要なパソコン版の文章だけのスニペットで表現される文字数からしても七百五十文字程度が無駄だと思うし、ブログの表示速度を下げて利便性も下げるか…

スマホのホーム画面の無効にしても消えないGoogle検索バーにホームアプリ/ランチャーを変えないでおこう

イメージ

スマホの電池持ち を考えるとGoogle検索はブラウザでできるし、アプリは要らない。しかしAndroidだと必ず付いて来る。Googleが出しているシステムソフトウェアだからGoogle検索も外すわけには行かないんだろう。自分で設定のアプリからGoogle検索のアプリを無効にするしかない。 しかし Moto G5 Plus にスマホを買い替えたら ホーム画面のウィジェットのGoogle検索バーが出放しになっていた。オリジナルのデフォルトのランチャーとセットになっていてホーム画面のデザインから動かせない。Google検索のアプリを無効にすると反応しない検索バーだけ残ってしまって気分が落ち込む……。 Google検索バー via Google アプリ 調べるとデフォルトのランチャーに組み込まれているスマホはホームアプリ/ランチャーを変えるしかGoogle検索バーは外せないらしい。 スマホの電池持ちを考えると…