スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(サイトマップ)が付いた投稿を表示しています

BloggerでサイトマップのxmlファイルやRSS/Atomフィードを送信する

イメージ
Search Consoleでホームページやブログのサイトマップを送信するとGoogle検索にURLが知られ易くなり、クローラーの平均巡回数を上げながらサイト内容が多めに把握されて高品質なコンテンツならば検索結果で有利に紹介されるかも知れない。BingやYandexなど、他にも一部のロボット型の検索エンジンでウェブマスターツールに登録するとサイトマップを送信することができるようになっている。検索エンジンからのアクセスアップの常套手段の一つで、SEO(検索エンジン最適化)対策として基本中の基本といって良いと思う。検索エンジンに送信するサイトマップはxmlファイルで作成する(サイトマップを作成、送信する)。一般的に自分で行うか、サイトマップを作成などのツールを使う。そしてサイトのサーバーにアップロードして検索エンジンの管理ページで設定すると完了するんだ。無料サービスのホームページやブログだと…

Tumblrでサイトマップを送信する

イメージ
GoogleのSearch Consoleにサイトを登録するとGoogleの検索での状況が把握できる。どのくらい表示されているか、キーワードや掲載の順位、さらに実際に訪問者があるかどうかも出て来る。
Googleの検索エンジンに表示されるためにはクローラー(検索ロボット)にページがインデックスされないと無理なんだけれどもインデックスされるためにSearch Consoleでサイトマップを送信することが大事といわれている。サイトにクローラーが来れば基本的に(htmlのmetaタグで検索避けを設定したりしなければ)インデックスされるし、だから他のサイトにリンクを貼ってクローラーへの道を作ることが最も大事なわけなんだけれどもサイトの構成(トップページと子ページ)をサイトマップで伝えておくとスムーズに回ってインデックスするのも捗るらしい。
サイトマップはxmlファイルでサーバーに置くことが多い。僕は…