スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(ロゴ)が付いた投稿を表示しています

Bloggerのsvgアイコンの共有ボタンにはてなブックマークなどのデフォルト以外の共有先を追加する方法

イメージ
Bloggerの2017年の公式テーマのContempoとSohoとEmporioとNotableでsvgアイコンの共有/シェアボタンが搭載されるようになった。記事やスニペットの上段や下段にスイッチが付いていて押すと「リンクを取得」と「Facebook」と「Twitter」と「Pinterest」と「メール」の五種類がデフォルトで表示されて使用可能になっている。 世の中でブログの共有先は他にも数多くあって日本だと僕もやっているけれどもはてなブックマークが人気のソーシャルメディアの一つで、検索エンジンでのサイト評価を高めるSEO対策を含めてブログのアクセスアップに大きく役立つと考えられるから共有ボタンになるべく入れておきたい。 以前はブログのテンプレートにBloggerのシンプルテーマを使って共有ボタンは外部のWebサービスの共有ボタンのAddToAnyが便利で、デザインもsvgアイコン…

BloggerのJSON-LDの構造化データのpublisherをブログ自体に合わせる

イメージ
Bloggerの2017年の公式テーマのContempoとSohoとEmporioとNotableは記事毎にJSON-LDの構造化データが付いていてGoogleなどの検索エンジンがサイト内容を通常よりも認識し易くなっている。 ブログのテンプレートのソースコードからマークアップを確認してみるとpublisher(公開主)がBloggerになっていてさらに画像なしの場合の画像にBloggerのロゴが記載されるのもちょっと気がかりなんだ。 Bloggerを使っているから間違いではないにせよ、ブログ自体には一致してないわけで、どちらもブログ自体に合わせてカスタマイズしたいと感じてしまう。A man who began doing parkour cartwheel on the grass by farioff [CC0], via Pixabay 検索エンジンからのアクセスアップのSEO(検…

ホームページやブログに無料で使用できる写真を検索して見付け出せる三つのサイト

イメージ
自分のサイト、ホームページやブログに他人の写真(画像)を何でも載せると著作権法で作者から裁判所に訴えられる危険性があるので、注意しなくては行けない。目次O-DANはデザイン向けの写真が見付け易いCC Searchは写真のSNSと美術館から探せるWikimedia Commonsは専門的な写真が多い一般的に大丈夫なのはパブリックドメインかそれと同等のクリエイティブコモンズのCC0や商用可能(個人サイトでサイト広告が付いていても確実に許容される)のライセンスが付いている写真だと思う。パブリックドメインとクリエイティブコモンズのCC0ならば勝手に使って良いし、商用可能ならば誰のサイトに載せても構わないと著作権者が承諾しているから後から著作権を侵害したと裁判所に訴えられる危険性は少ない。トラブルが起きないとはかぎらないので、ホームページやブログで自分が著作権を持っている写真だけを使って載せるより…

ラガーフェルドというシャネルのデザイナー

イメージ
二十年以上もやっていて非常に長いと思うシャネルのデザイナーのラガーフェルドなんだけれども男性なのが最初は驚いた。シャネルは女性なので、そうしたファッションブランドを引き継いで後から表現するデザイナーも女性でなければならないわけではなかったと思う。たぶんシャネルにかぎって違和感が生じたのかも知れなかった、僕にしてみれば。女性向けのファッションそのものならば男性のデザイナーでは物足りないみたいに受け留められてしまったわけで、ファッションブランドの会社としてもシャネルはラガーフェルドを起用しながら何をやっているのかが訝られてならななかった。日常の素朴な疑問だし、強いて考えもせずに過ごして来て何の支障もなかったようにせよ、知ってみると少しでも気持ちが晴れて雪解けの春というか、人生の幸せが得られるのも確かなので、どんなに些細でも放り出すよりは面白いだろう、好奇心も満たされるし。シャネルの新しいイメ…

サイトで企業ロゴを使用する際の注意点

イメージ
皆、やっているし、企業のサイトにリンクを貼るのにロゴを使えば見映えが良いし、面白のではないかと自分でも考えてしまう。調べると企業のロゴには著作権がない。だから勝手に使って構わないはずだけど、ただし注意点が幾つかあって商標権に配慮しなくては著作権を侵害したのと結局は同じなんだ。企業のロゴは商標権によって法律的に守られている。商標権に抵触しないロゴ使用とは企業への出所混同を避ける商品やサービスを偽らないサイトで企業のロゴを使用する場合はサイトがロゴの企業だと思わせる出所混同は不味い。そしてコンテンツとして本物と見せかけて無関係の商品やサービスのために偽って載せるのも不味い。大元から考えればもっと分かり易い。なぜ企業のロゴは商標権で守られているのか。人々の信用を失墜させないためだ。重要なのは良いか、悪いかではない。つまり正しいか、誤っているかで判断しなくては行けないので、かりに企業の利益を損わ…