スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(丸まり)が付いた投稿を表示しています

センザンコウは鱗に覆われた唯一の哺乳類で丸まったりもしてとても可愛らしい

イメージ
アジアやアフリカに八種類が生息しているセンザンコウは動物の取り分け哺乳類として極めて特徴的な風体を示している。大きくても体長は1m以下の体重は50kg以下と近所の犬や猫と同じくらいだから比較的に馴染み易い雰囲気だけれども何といっても全身が鱗で覆われているのが他に例がない。珍獣としか呼べないのではないか。体毛が松毬のように固まっているためで、陸上の生物ならば爬虫類と良く似ていて蛇や蜥蜴に近いような感触を与えもする。Manis temminckii by David Brossard [CC BY-SA 2.0], via Flickrセンザンコウは尻尾が非常に長くて体格の二倍は伸びている。そして体格そのものは丸い印象で、全体のバランスとしては栗鼠にそっくりだろう。色味も茶色か、黒褐色なのが完全に被っている。ちょっと大きいけれどもとても可愛いらしいと思う。気付くと可笑しいけれども栗鼠が好きな…