投稿

ラベル(健康成分)が付いた投稿を表示しています

歯周病を予防する歯磨きとプラークや歯石の歯周病菌の毒素に対する歯と歯茎の健康の食生活

イメージ
僕は食事の前の一日に一回だけ歯をしっかり磨くように心がけている。食事の後は口の中が酸性に傾いて歯が溶け易い状態だから歯磨きはしない。水で濯いで食べ物の残りを細かく減らしながら口の中をアルカリ性へ中和させて歯の再石灰化(唾液に含まれるカルシウムが歯を強くしてくれる)を早めに促すに止める。そして一日に何回も行うと歯や歯茎を傷付けるかも知れないからやはり歯磨きはしないんだ。
Toothpaste, toothbrush and a glass of water by Bru-nO [CC0], via Pixabay
歯の再石灰化を踏まえると何も食べずに過ごすのが効果的なので、歯磨きはきっと寝る前に行うのが最良だろう。歯磨き粉のフッ素も虫歯を予防するためには同じように間隔を取りたいから寝る前の歯磨きこそダブルの威力を発揮すると期待する。
十数年来、歯磨きについて普通の硬さの歯ブラシにフッ素入りの歯磨き粉を僅かに付けて歯と歯の隙間や歯と歯茎の境目を念入りに上下左右と表と裏でおよそ三分くらいかけるという方法を考え出して取り組みながら取り立てて問題は生じてない。
注意点が幾つかあるから挙げておきたい。歯ブラシは毛先がへたると洗浄力が落ちるから何ヵ月も使うのは厳しい。歯磨き粉は研磨剤が入ってないのを選びたいけれどもステイン(着色汚れ)が取れなくて必ずしも使うわけには行かないのが辛い。時間は三分くらいでも長くて心理的に焦ったり、動かし続ける手が疲れるのが大変なんだ。しかし虫歯になると耐えられないと同時に歯周病/歯槽膿漏で歯が抜けるのを避けるためには厳しくても辛くても大変でも頑張るしかないだろう。

目次
歯ブラシの使い方には二つのパターンがある歯磨きで気がかりな点を一つ抱えていた歯周病菌に基づく歯以外の病気歯周病の二つの進行度合いと主な症状どうして歯にプラークや歯石ができるのか歯と歯茎の健康を維持する栄養素と健康成分カルシウムと歯についてビタミンCと歯茎についてカテキンと除菌について特定のフラボノイドと解毒について

歯ブラシの使い方には二つのパターンがある
一頃、歯磨きの向きについて縦磨きと横磨きはどっちが良いのかと悩んだりもした。個人的にアニメのDr.スランプ アラレちゃんのオープニングで縦磨きをやっていたような1980年代は同じだったけれども後から横磨きが良いと多く聞かれるようになって変えてた…

オニオンスライスに鰹節と醤油を合わせると美味しいのは健康増進のためなんだ

イメージ
家でオニオンスライスに鰹節と醤油を合わせていつも食べる。美味しいと思う。なぜなのか。玉葱と鰹節と醤油のの栄養の相性が良くて健康増進を図るのに適しているためだと考える。
オニオンスライスの玉葱の効果/効能
玉葱の栄養素はビタミンとミネラルが多種多様に含まれているから健康と長生きに万能の野菜という印象を与える。どんな料理に使ってもビタミンのミネラルの足りない部分を巧みにカバーできるから重宝するはずだ。
食物繊維とオリゴ糖の整腸作用
野菜として食物繊維が取れるのは当たり前だけれども玉葱はオリゴ糖も含まれているのが注目される。糖分が最も多い野菜らしい。しかし大部分がオリゴ糖なんだ。野菜に著しい食物繊維は水溶性で腸内の善玉菌の餌になるけれどもオリゴ糖も同じなので、玉葱は整腸作用が他の野菜と比べて高いといって良い。
人間の腸内の善玉菌は免疫力の七割を司るといわれていて健康と長生きに何よりも欠かせない存在なんだ。元気に暮らすためには最重要の要素だから整腸作用が大きい玉葱は食材として本当に素晴らしいと称えたい。
血液サラサラの三つの作用
他には血液サラサラを促す硫化アリル(アリシン)や硫化プロピルが含まれている。前者は血液の凝固を減らして後者は血管を拡張する。そして玉葱を切ると泣けて来るのはチオフィルフェネートのせいで、血栓を作り難い性質(血小板凝集抑制作用)を持つから食べるとやはり血液サラサラに向かう。オニオンスライスだと確実に多めに得られるだろう。だから人々も思い付いたとすると期待して良いわけだし、硫化アリルと硫化プロピルとチオフィルフェネートの三つの作用で血液サラサラを目指したい。
ケルセチンによる癌予防
ポリフェノールのケルセチンは癌細胞を抑制するらしい。日々、人間は五千個程度の癌細胞を生み出しては消し去りながら生存している。癌細胞を抑制する能力が低いほどに悪化して病気としての癌に罹患する確率が上がって来てしまう。必要な免疫力の七割は腸内の善玉菌が担っていて玉葱は食物繊維とオリゴ糖が役立つけれどもケルセチンも加わって残りの三割の免疫力にさらに働くんだ。有り難いし、癌予防に多めに役立つ。
玉葱は蛋白質も九種類の必須アミノ酸の全てを含んでいるらしくて栄養素のバランスは脂質を除いて本当に優れている野菜なんだ。
元々は滋養強壮の薬として使われていた。だからやはり本当に健康増進にとっても強力なんだ。
元気…

食品の五大栄養素と健康成分について

健康への復習を兼ねて基本中の基本を明確化しておきたい。食品に関する用語法として「栄養素」と呼ばれるのは人体に不足すると病気になるものなんだ。炭水化物(糖質)と脂肪(脂質)と蛋白質が三大栄養素で、そこにビタミンとミネラルを含めて五大栄養素とされる。
炭水化物脂肪蛋白質ビタミンミネラル
さらに人体に不足しても病気にはならないけれども取り入れると健康に良いものが「健康成分」と呼ばれるんだ。食物繊維(消化・吸収されない炭水化物)やファイトケミカル(カロテノイド、ポリフェノールという植物の色素)が代表格で、取り分け食物繊維は腸内環境を高めたり、血糖値の上昇を抑制したり、健康的な生活に非常に役立つためにそれも「栄養素」に含めて「六大栄養素」と考えられる向きもあるようだ。
食物繊維ファイトケミカルカロテノイドポリフェノール
僕は野菜と果物とナッツ類を軸として腸内環境を最優先に考えながら食べていてどうしても蛋白質が疎かになりがちなんだ。
アミノ酸やペプチド(蛋白質の構成要素)が何種類も含まれるという黒酢は常日頃と飲んでいるにせよ、補えるほどには十分でもないはずだし、長生きのアルブミンも含めて蛋白質への注意を行ってはならないと思う。
付け加えると魚は蛋白質が取れて脂肪酸(脂肪の構成要素)DHAやEPAも他では得難いものだし、中々、万能の食事は考え付かないにしろ、全体から捉えて減ってしまいそうな部分は絶えず、目を光らせながらか補って行くように心がけておかなくてはならない。