ラベル(小説家)が付いた投稿を表示しています すべて表示

ラドヤード・キップリングのタブーのお話の日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の タブーのお話 の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの タブーのお話 の英語の出典 The Tabu Tale by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの タブーのお話 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ティム・バルクレイ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 関連ページ ラドヤード・キップリングのタブーのお話の原文と注解 ラドヤード・キップリングの タブーのお話 の日本語の訳文 A Girl Doing a Shushing Finger Gesture by Franck Denis / CC0

ラドヤード・キップリングのその通り物語の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のイギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集の その通り物語 (1902)の日本語訳を行った。子供向けの小説、児童文学だけれども分かり易くて機知に溢れた内容だから大人が読んでも面白いし、比較的に平易な言葉遣いなのは外国語の英語の特に初学者の教材に相応しい。 ラドヤード・キップリングの その通り物語 の英語の出典 Rudyard Kipling by Elliott & Fry / Public domain Just So Stories by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの その通り物語 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ティム・バルクレイ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 ラドヤード・キップリングの その通り物語tal/cite…

ラドヤード・キップリングの踏み付けた蝶の日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 踏み付けた蝶 の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの 踏み付けた蝶 の英語の出典 The Butterfly that Stamped by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 踏み付けた蝶 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ティム・バルクレイ ) ※一部に誤字があってSabie→Sableが正しいようだ。 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 関連ページ ラドヤード・キップリングの踏み付けた蝶の原文と注解 ラドヤード・キップリングの 踏み付けた蝶 の日本語の訳文 Illustration to The Butterfly That Stamped from Garden City, N…

ラドヤード・キップリングの独りで歩いた猫の日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 独りで歩いた猫 の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの 独りで歩いた猫 の英語の出典 The Cat that Walked by Himself by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 独りで歩いた猫 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ティム・バルクレイ )) ※一部に誤字があってRuffles→fluffleが正しいようだ。 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 関連ページ ラドヤード・キップリングの独りで歩いた猫の原文と注解 ラドヤード・キップリングの 独りで歩いた猫 の日本語の訳文 Illustration to The Cat that Walked by Himself f…

ラドヤード・キップリングの海で遊んだ蟹の日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 海で遊んだ蟹 の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの 海で遊んだ蟹 の英語の出典 The Crab that played with the Sea by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 海で遊んだ蟹 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ティム・バルクレイ ) ※一部に誤字があってbe breathed→he breathed、U.Y.K.→N.Y.K.が正しいようだ。 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 ラドヤード・キップリングの 海で遊んだ蟹 の日本語の訳文 Illustration to The Crab that played with the Sea from a co…

ラドヤード・キップリングのアルファベットはどのように作られたかの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の アルファベットはどのように作られたか の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの アルファベットはどのように作られたか の英語の出典 How the Alphabet was Made by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの アルファベットはどのように作られたか 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ティム・バルクレイ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 関連ページ ラドヤード・キップリングのアルファベットはどのように作られたかの原文と注解 ラドヤード・キップリングの アルファベットはどのように作られたか の日本語の訳文 Illustration to How the Alphabet…

アガサ・クリスティの誘拐された総理大臣の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のイギリスの作家、小説家の アガサ・クリスティ の小説の 誘拐された総理大臣 (1923)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 アガサ・クリスティの 誘拐された総理大臣 の英語の出典 Agatha Christie from Xavier / CC BY-ND The Kidnapped Prime Minister by Agatha Christie/アガサ・クリスティの 誘拐された総理大臣 原文: The Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: Internet Archive ( デヴィッド・スーシェ ) 原文の方は パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 関連ページ アガサ・クリスティの誘拐…

ラドヤード・キップリングの最初の手紙はどのように書かれたかの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 最初の手紙はどのように書かれたか の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの 最初の手紙はどのように書かれたか の英語の出典 How the First Letter was Written by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 最初の手紙はどのように書かれたか 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( カラ・シャレンバーグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 ラドヤード・キップリングの 最初の手紙はどのように書かれたか の日本語の訳文 Illustration to How the First Letter was Written from Garden City, N.Y. : …

ラドヤード・キップリングのアルマジロの始まりの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の アルマジロの始まり の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの アルマジロの始まり の英語の出典 The Beginning of the Armadillos by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの アルマジロの始まり 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( カラ・シャレンバーグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 ラドヤード・キップリングの アルマジロの始まり の日本語の訳文 Illustration to The Beginning of the Armadillos from Garden City, N.Y. : Doubleday & Co., Inc / Pub…

ラドヤード・キップリングのカンガルーおじさんの詩文の日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の カンガルーおじさんの詩文 の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの カンガルーおじさんの詩文 の英語の出典 The Sing-Song of Old Man Kangaroo by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの カンガルーおじさんの詩文 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( カラ・シャレンバーグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 ラドヤード・キップリングの カンガルーおじさんの詩文 の日本語の訳文 Illustration to The Sing-Song of Old Man Kangaroo from Garden City, N.Y. : Doubleday &…

ラドヤード・キップリングの象の子供の日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 象の子供 の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの 象の子供 の英語の出典 The Elephant's Child by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 象の子供 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ティム・バルクレイ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 関連ページ ラドヤード・キップリングの象の子供の原文と注解 ラドヤード・キップリングの 象の子供 の日本語の訳文 Illustration to The Elephant's Child from Garden City, N.Y. : Doubleday & Co., Inc / Public dom…

ラドヤード・キップリングの豹はどのように斑点を得たかの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 豹はどのように斑点を得たか の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの 豹はどのように斑点を得たか の英語の出典 How the Leopard Got His Spots by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 豹はどのように斑点を得たか 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ティム・バルクレイ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 関連ページ ラドヤード・キップリングの豹はどのように斑点を得たかの原文と注解 ラドヤード・キップリングの 豹はどのように斑点を得たか の日本語の訳文 Illustration to How the Leopard Got His Spots from Ga…

ラドヤード・キップリングの犀はどのように皮を得たかの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 犀はどのように皮を得たか の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの 犀はどのように皮を得たか の英語の出典 How the Rhinoceros Got His Skin by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 犀はどのように皮を得たか 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ティム・バルクレイ ) ※一部に誤字があってcalm-tree→palm-treeが正しいようだ。 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 関連ページ ラドヤード・キップリングの犀はどのように皮を得たかの原文と注解 ラドヤード・キップリングの 犀はどのように皮を得たか の日本語の訳文 Illustration to Ho…

ラドヤード・キップリングの駱駝はどのように瘤を得たかの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 駱駝はどのように瘤を得たか の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの 駱駝はどのように瘤を得たか の英語の出典 How the Camel Got His Hump by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 駱駝はどのように瘤を得たか 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ティム・バルクレイ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 関連ページ ラドヤード・キップリングの駱駝はどのように瘤を得たかの原文と注解 ラドヤード・キップリングの 駱駝はどのように瘤を得たか の日本語の訳文 Illustration to How the Camel Got His Hump from Garden C…

ラドヤード・キップリングの鯨はどのように喉を得たかの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 鯨はどのように喉を得たか の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの 鯨はどのように喉を得たか の英語の出典 How the Whale Got His Throat by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 鯨はどのように喉を得たか 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ティム・バルクレイ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 関連ページ ラドヤード・キップリングの鯨はどのように喉を得たかの原文と注解 ラドヤード・キップリングの 鯨はどのように喉を得たか の日本語の訳文 Illustration to How the Whale got his Throat from Garden Ci…

L・フランク・ボームのアメリカのお伽噺の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアメリカの作家、小説家で戯曲家の L・フランク・ボーム の童話集の アメリカのお伽噺 (1901)の日本語訳を行った。子供向けの小説、児童文学だけれども分かり易くて機知に溢れた内容だから大人が読んでも面白いし、比較的に平易な言葉遣いなのは外国語の英語の特に初学者の教材に相応しい。 L・フランク・ボームの アメリカのお伽噺 の英語の出典 L. Frank Baum from Miscellaneous Items in High Demand, PPOC, Library of Congress / Public domain American Fairly Tales by L. Frank Baum/L・フランク・ボームの アメリカのお伽噺 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( マシュー・リース ) 両方とも パブリック…

L・フランク・ボームの官吏と蝶の日本語訳

イメージ

アメリカの作家、小説家で戯曲家の L・フランク・ボーム の童話集 アメリカのお伽噺 (1901)の収録作品の 官吏と蝶 の日本語訳を行った。 L・フランク・ボームの 官吏と蝶 の英語の出典 The Mandarin and The Butterfly by L. Frank Baum/L・フランク・ボームの 官吏と蝶 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( マシュー・リース ) ※一部に誤字があってbarefooted newboy→barefooted newsboy、every newboy→every newsboyが正しいようだ。 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 L・フランク・ボームの 官吏と蝶 の日本語の訳文 Colorful butterfly by GDJ / CC0

アーネスト・ヘミングウェイの父さんの日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアメリカの作家、小説家で詩人の アーネスト・ヘミングウェイ の小説の 父さん (1923)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 アーネスト・ヘミングウェイの 父さん の英語の出典 Ernest Hemingway from National Archives and Records Administration / Public domain My Old Man by Ernest Hemingway/アーネスト・ヘミングウェイの 父さん 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ケヴィンズ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 アーネスト・ヘミングウ…

L・フランク・ボームの北極熊の王の日本語訳

イメージ

アメリカの作家、小説家で戯曲家の L・フランク・ボーム の童話集 アメリカのお伽噺 (1901)の収録作品の 北極熊の王 の日本語訳を行った。 L・フランク・ボームの 北極熊の王 の英語の出典 The King of the Polar Bears by L. Frank Baum/L・フランク・ボームの 北極熊の王 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( マシュー・リース ) ※一部に誤字があってdropped then→dropped themが正しいようだ。 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 L・フランク・ボームの 北極熊の王 の日本語の訳文 A polar bear walks on the Arctic Ocean ice by Patrick Kelley, U.S. Coast Guard / P…

シェーマス・オケリーの才覚者の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアイルランドの作家、小説家で詩人の シェーマス・オケリー の小説の 才覚者 (1919)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 シェーマス・オケリーの 才覚者 の英語の出典 Seumas O'Kelly by Unknown / Public domain The Man with the Gift by Seumas O'Kelly/シェーマス・オケリーの 才覚者 原文: HathiTrust Digital Library ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( M・カニンアム ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 シェーマス・オケリーの 才覚者 の日本語の訳文 A barque s…