スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(引用)が付いた投稿を表示しています

コンテンツSEOの核心はキーワードへの情報を的確に載せておくサイト作成だ

サイトの検索エンジンからのアクセスアップのためにSEO(検索エンジン最適化)対策を考えるけれども高品質なコンテンツが非常に重視される。一昔前はキーワードを使うだけで、良かったかも知れないけど、ところがGoogleでは自然言語処理が活用されたり、コンテンツの文章が分かるようになって来たんだ。昨今はサイトに意味がないと検索エンジンでのサイト評価は上がらない。キーワードを使うのもやり過ぎれば不正行為と見做されてペナルティーを食らうし、検索結果からは追放されてしまう。コンテンツの文章がキーワードという単語よりも重視される状況から検索エンジンからのアクセスアップのためのSEO対策の一つとしてコンテンツSEOが新しく注目される。簡単にいうとキーワードを適度に散りばめた意味のある文章を書かなくては検索結果で優遇されるサイトは持てないんだ。Googleは自然言語処理によって文章だけでサイト評価を行うのを…

アインシュタインの蜜蜂と人間に関する言葉は最初はメーテルリンクの蜜蜂の生活から名前だけ変えて伝えられたようだ

イメージ
Bees in the hive box by JPiber [CC0], via Pixabayやりすぎ都市伝説でゲストのいとうせいこうがアインシュタインの蜜蜂と人間に関する言葉を引用していてとても興味深かったものの違和感も否めなくて何だろうと首を傾げざるを得なかった。アインシュタインは物理学者で、生物学者ではないので、蜜蜂と人間に関する言葉が本当ならば専門外の分野にまで十分に精通していると受け留めるし、世紀の大科学者として流石に博識だと唸るところがしかしあり得ないのではないか、認識の内容が信憑性に欠けているようで、どうも仮説的で、予言的な意味合いが強かったせいだったんだ。もしも地球上から蜜蜂が姿を消し去れば人間は生きるのに残り四年しか持たないだろう。蜜蜂がなくなり。受粉がなくなり、植物がなくなり、動物がなくなり、人間がなくなる。If the Bee Disappeared Off t…

html5の画像などのメインのコンテンツの一部へのfigureタグの使い方

イメージ
ブログのテンプレートをBloggerの新しいテーマに変えたらhtml編集でfigureタグが上手く使えるようになった。以前は周りに余白が付いてしまうのをcssで消し切れなかった。しかしBloggerの新しいテーマのテンプレートでは大丈夫だと分かった。figureタグはhtml5から追加されたメインのコンテンツで画像などを示すためのマークアップだけれどもブログの記事で改めて使い出している。
ブラウザには特に影響しない。figureタグが使われているかどうかはサイトを閲覧しても分からない。僕がサイト作成に取り入れたいのは検索エンジンのためだ。クローラー/解析ロボットにサイト内容をしっかり伝えられるのではないか。figureタグで囲まれたコンテンツは一部でもメインに構成されると的確に示されるので、サイト評価を上げると検索エンジンからのアクセスアップに少しでも期待できるのが嬉しい。
figureタグ…

Bloggerの公式テーマからContempoをブログに新しく採用した

イメージ
今年の三月にBloggerに公式テーマ/テンプレートが新しく四つ追加されていた。ContempoとSohoとEmporioとNotableという。それぞれに基本色が五つずつ用意されていて全部で二十種類になる。従来のテーマでは様々な難点を抱えていたし、細かいところだけれども改善されているのではないかと嬉しい予感がして直ぐに使ってみたくなった。テーマ via BloggerただしBloggerのテーマを取り替えるのは僕には難儀だった。というのはパソコンを使ってないせいで、htmlのコピーが保存できなかった。スマホ/タブレットの長押しで反映するのは張り付けだけだからコピーはパソコンではできないのではないか。取り替えた後に止めたくて元に戻せなくなるのは辛いし、もしも可能でも自分で追加したソースコードを記載し直すのは厄介だと避けたかった。Bloggerではウェブのカスタマイズのテーマにバックアップ…

サイト作成の引用のための三つのhtmlタグ/blockquoteとqとciteについて

ホームページやブログで何かの作品を他から引用する場合にhtmlで専用のマークアップを行うとデザインが付け易いし、訪問者と検索エンジンに分かり易く表現できるので、喜びながらアクセスアップにも繋がるのではないかといつも使うようにしているんだ。引用のためのhtmlタグは三つあってblockquoteqciteという。blockquoteとqが作品を対象として使い方は段落を取るか取らないかで分けられて内容的には長いか短いに等しい。本文で独立して作品を長めに引用したい場合にblockquoteが適している。個々の段落に埋め込むように短めに引用したい場合にはqが適しているとなる。citeは作品名に使うのがhtml5の基本になっている。バージョンがhtml4だと作品名と作者名にも使っていたらしい。仕様変更で細かく区別されてhtml5で作者名の引用タグは特に定められてない。blockquoteタグに…

サイト運営で注意するべき著作権法の引用

自分のサイト、または作品に他人のサイトのコンテンツ、または作品を載せる場合には著作権に注意しなくては行けない。2016年8月時点で著作権は親告罪だから相手から法律的に訴えられないかぎりは事件にはならないとはいえ、無断で行うかぎりはそうした可能性が常に付き纏ってしまう。うんざりだから他人のコンテンツ、または他人の作品は自分のサイト、または作品に載せないように注意したくなるんだ。
無断でやって法律的に構わない場合もあって引用と呼ばれている。著作物の複製としては他にも幾つかあるけれども自分の著作物に自分以外の著作物を含めて公開するためには引用が重視される。
第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
著作権法 via 法令データ提…

Wikimedia Commonsの埋め込みコードはブログでの様々な作品の引用や紹介に助かるよ

イメージ
ブログで他のサイトの作品を引用したり、紹介したりするのに埋め込みコードがあると載せ易い。
幾つかのサイトで取れてYouTubeやTumblrやFlickrなどが出しているけど、ところでWikimedia Commonsが取れると分かって非常に大きいと感心した。様々な絵や何かの画像が数多くあるんだ。埋め込みコードで簡単にブログに載せられる。パソコン版のサイトでしか出してないようで、スマホ/タブレットが主体の僕には気付くのが遅れてしまった。
Man Ray and Salvador Dali by Carl Van Vechten [Public domain], via Wikimedia Commons
Wikimedia Commonsでサンバドール・ダリとマン・レイの肖像(カール・ヴァン・ベクテン)にインパクトを感じたので、埋め込みコードで咄嗟に載せてみたくなった。

以前からサルバドール・ダ…