投稿

ラベル(心構え)が付いた投稿を表示しています

コンビニのアルバイトの仕事内容はレジ打ちと品出しと挨拶ができるのが基本だ

二十代、コンビニのアルバイトを良くやっていた。仕事内容はさほど大変ではない。本当に忙しいのは朝と昼と夕とか買い物に行っても支払いに行列ができていたり、学校や会社の近くの店だと大混雑しているような時間帯が上手く切り抜けられるかどうかが問われるだけだ。それ以外はおよそ慌てない。やっていると忙しい時間帯に合わせて早く切り上げたいと思うので、せかせか動きがちにせよ、落ち着いて進めても間に合わないほどの作業ではないだろう。
コンビニのアルバイトの三つの基本
レジ打ち品出し挨拶
面接に行くと真面目ならば採用され易いと思う。一日の僅かでも本当に忙しい時間帯が含まれるとすると真面目でなければ勤まらないせいだ。飽くまでも接客なので、もう来るなとか露骨に怒り狂うわけには行かない。どんなに忙しくても真面目にやり通せない店員では商売に直ぐに悪く響いて潰れたりしてしまうはずだ。
レジ打ちの仕事内容について
最初と最後に店員の番号を入れる。勤務時間のチェックと同等ならば客がいなくてもやるかも知れない。店によってタイムカードはなくてレジから使用時間のレシートを取って提出するんだ。
接客では商品のバーコードを取って客層のボタンを押す。手持ちのスキャナーが反応しないか、または特殊な商品はバーコードの代わりに値段を入力しなくてはならない。客層は支払った相手の性別と年齢層で決める。店員の感想なので、見た目で分かり難くても敢えて尋ねる必要はないし、多少は間違っていても大丈夫だ。
時々、レジの金額を確認する。売買で打ち込んだ金額とトレイに実際に入っている貨幣が合っているかどうか。ずれていてると参ってしまう。だから金銭の受け渡しには注意しなくては行けない。給料から引かれるとか退職なんて危険性も全くないとはかぎらないだろう。合っていて紙幣や小銭が部分的に偏っていたら返納/補充するようになる。自分でできる場合もあるけど、店によって店長や社員しか事務所の金庫を開けなければ頼んで貨幣の全種類を満遍なく揃えておく。
品出しの仕事内容について
業者がトラックなどで商品を店に配送して来る。伝票の受け渡しが求められる。後回しで良ければ前日までの分に判子を押して出すだけで済む。入荷した全ての商品の種類や数量を確認する。雑誌などの一部を除いてバーコードを取りながら行う。予定通りの商品が入荷してなければトラブルに見舞われる。業者のせいならば問いか…

ガッツがなければ何年もかけてGoogle検索は研究できない

イメージ
昨日はブログのアクセスが午前中からとても好調で、いつもは人が多いはずの夜に同じくらいの上乗せがなかったのが悔しかったものの一ヶ月振りに一日百人に迫った。
空に重く垂れ込めていた暗雲が漸く晴れて行くような爽やかな気分を味わう。物事が考え通りに望ましく進まない人生はどれだけ辛いかを反対に思い知らされてしまう。意外と気付かなかったけれども晴れやかな気分が本当に信じられないほどの衝撃を与えている。辛かったはずだ、今此処の大きな変化から捉え返してみるかぎり。もはや気落ちすると周りが良く見えなくて自分自身の感覚でさえもぼやけて掴み難くなるといわざるを得ないだろう。
度を越した悩みと同じで、辛さも巻き込まれて抜け出そうと考え倦ねるほどにそれ自体が分からなくなって忌まわしい状態こそ当たり前に受け取られながら内面に染み付いて暫く経った頃には何一つ疑いも抱かないくらい感覚が悪いままに取り込まれるんだ。
ブログをBloggerに移転してアクセスが初めて完全に伸び悩んでいるのがやはり厳しいだけでしかない内情だったと認める。
自信がないというか、絶えず、未知の領域に踏み込んで行っているサイト運営なので、数字は昔のホームページで一日三百人くらいまでのアクセスを経験済みだけど、人々と交流するよりも検索エンジンを重要するという仕方が本当に慣れてないし、どうなるかが歴史から直ちに予測できずにいるのが精神的に危うい。
良ければ別に構わないものの悪いとなぜかと災いにどんどん引き摺り込まれる。蟻地獄に落ちた蟻もさながらの悲劇的な状況を強いられてしまう。足掻いても足掻いても望んだ世界へは戻り切り得なさそうではないか。もはや思いはお陀仏でしかないままに力尽きると内面から叶わない夢の嫌らしさに押し潰されるばかりなんだ。
素晴らしい経験がないからブログに人が減る度にどうもこうもないし、やはり駄目に決まっていると瞬く間に気落ちせざるを得ない。
初めて検索エンジンから本格的にアクセスアップを求めているとすれば期待をかけながら必死に研究するGoogle検索の理論を何よりも重視するべきなんだ。
つまりは僕自身の自己流のSEO(検索エンジン最適化)対策を疎かにしない心構えが大切だといって良い。
上手く行くと思考して何もかも取り組んでいるわけだから努力しながらかりに結果が気持ち良く付いて来ないとしても未来へ手を伸ばす信念まで捨て去る必要は決…

アレクサンダー・セメノフの壮麗なかぎりの水中写真と野生動物を撮影する際の心構え

イメージ
一度、目にしたら容易に忘れられない美しさとはこれではないかと感じさせて止まない壮麗なかぎりの水中写真の数々を生物学者で写真家のアレクサンダー・セメノフの写真撮影から驚きながら覚えたんだ。
Pegea confoederata by Alexander Semenov via Flickr
色鮮やかで不可思議な形の生き物たちが幻想的な印象を与える。さながら御殿のようだ。思い起こすとやはり壮麗なかぎりだけれども手放せない幸せが人生で尊く示されていて足を踏み入れた誰も彼もが心から喜んでいる。極楽とも過言ではない様相を呈していて現世での不満は吹き飛ばさてしまう。苦しいだけの毎日からは嘘みたいな本当の世界としての住処だ。もはや立ち去ろうとは認められず、去り難いかぎりの思いに駆られる。幻想的な印象と共に御殿とそっくりの生き物たちも胸一杯の真実こそそれぞれに固有の仕方で体現しているわけだ。
しかし人々の美しさへの発想が自然界から取り込まれているとすれば自己表現の事情はおよそ反対かも知れない。素晴らしい建築物のイメージは生き物たちの魅惑する様子にこそ最初から含まれていたと考えて良い。美しさとは何かの問いかけに改めて気付かされるほどに愛しさが増して来る。根源的にいえば些細な日常の触れ合いの奇跡、つまりは好運な恵みだろう。身近な愛しさによって美しさもさらに遠大に生み出され得るに違いない。少なくとも魅惑する様子の生き物たちから目が離せなくなる気持ちは他の世界よりもずっと身近で、抜き差しならない状態を示していると認める。美しさは愛しさだと呼ぶだけの今此処が正しく楽園のようで、よもや尊べばいっそ何もかも抱き締めたくなるくらい衝撃的に感じ入る。
One Lesson I Learned in Photography - Episode 3: Alexsander Semenov via EIZO Grobal
アレクサンダー・セメノフによれば驚きながら受け取らざるを得ない壮麗なかぎりの水中写真の数々をどのように撮影するのかで最も大切なのは生き物を知ることらしい。
野生動物の写真を撮影する場合はまず第一に被写体を知る必要があります。
カメラを設定することやとても良質な望遠レンズを幾つも揃えたりすることでは全くないんです。
まず第一に必要なのは動物の行動やいつどこで出会えるかを知ることです。
One Less…

インターネットを生き抜くための心構え

イメージ
ブログを一生懸命にやり始めて言葉まで詩のように考え出して数日が過ぎてみたら人々との交流のなさに辛さが込み上げて来た。
訪問者からコメントもメールもない。どこかでシェアやリンクがあるわけでもない。全くの音信不通で、ただ記事を増やしているだけのブログに侘しさが募る。
なかった、今まで大きくは。昔のホームページでは大きくあって手当たり次第に自分から皆に声をかけてそれがアクセスアップにも繋がっていたわけだけれども交流があると気持ちは素晴らしかった。
しかし自作の魅力でどこまで人々を引き付けられるかという作家としての信念から取り分け自分からはランク・アートの勧誘以外では殆ど誰にも声をかけなくなってしまつた。
ソーシャルメディアで僅かにコメントを残すくらいだけど、リアクションも殆どないから詰まらないし、やはり辛いと思う。偶にあるもののお礼でしかなさそうだから交流を果たしたようには気持ちは特に浮かないんだ。

サイト運営の目的は人々との交流にしかないはずだったけれどもサイト広告からアクセスアップで金銭的な利益を得られると分かってそうした収益の代わりに一人ぼっちでも別に構わないと考えられもはするし、ある頃からは本当に自作の魅力を確かめるという向きで完全にやっているはずのインターネットに暫くは変わって来ていた。
しかし今此処で辛さが込み上げながら突如として大雪に襲われたように身動きが取れなくなるというのも困る。
止めれば終わりだし、金銭的な利益も十分に得られないまま、インターネットを生き抜くための心構えが必要ではないかと改めて思うよ。
サイト運営の目的が二つに分かれているのが不味い。人々との交流を求めるのと自作の魅力を確かめるのとは気持ちの面で両立できない。
作家・詩人として人々に喜んで貰うためには只単に声をかけても駄目なので、だから昔のホームページも止めたくなったし、失敗を繰り返したくなければ自作の魅力を確かめるためにのみやるべきだろう。
人々との交流は結果で良いとすると昔のホームページとは、丸っきり、正反対だ。先ずは人々との交流があって結果として自作の魅力を確かめられもしたわけだけども今此処からは明らかに逆転して行きたい。
サイト運営は自作を気に入ってくれた訪問者との交流で満足するべきだし、全くなくて一人ぼっちでも仕様がないので、第一目標でないかぎりは辛さも込み上げるまでには及ばないと考えて良い。