スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(意義)が付いた投稿を表示しています

思想の意義としての心地良いばかりの世界

イメージ
人間は世界とは何かの思想を持つと素晴らしい気持ちを味わう。しかし信念が胸に広がったせいだとすると本当に重要なのは自分自身の思想を生活に組み込めるかどうかにかかっていたらしい。鳥が大空へ羽搏くためには翼が必要だけど、翼だけでは得てして無理なので、どう羽搏くかを知らないままの鳥では気持ちは素晴らしいにせよ、大空からは見下ろされるかぎりの自然でしかなかった。日本人の知性と思考の方法論的な哲学人々に大衆への理解は本当に可能か平和の原理/抽象力を有する人間性/論法そのもの人間の精神/心理のための感受性の理論挙げると些細な日常の四つの記事が著しく目立った。思想を持つだけではなくて信念において生活に組み込むように有用な認識としての効果を高めもするためには方法、見方、原理、理論が欠かせなかったとはっきり分かって来た。心地良さが増している、人生に。だから気持ちも現実に素晴らしいわけではなかったか。一言で知…

カリオペに祈りを捧げて作家としての幸せを願う

イメージ
ギリシャ神話の神々で、文芸の神、または詩神はミューズと呼ばれる。英語のミュージアム(美術館)やミュージック(音楽)の語源になっていたり、欧米では他の言語でも影響が大きいと思う。しかし何人もいるらしくてヘシオドスの神統記から九つに分けられたとされる。全てのミューズを纏めるというか、最も権威の高い存在としてミューズの長と考えられるのがカリオペで、それ自体では叙事詩を司るという特徴を持っている。Calliope, Muse of elegy by Unknown [Public domain], via Wikimedia Commonsギリシャ神話が叙事詩なので、物語調で寓喩を示しているし、カリオペが最重要視される真実は如何にも尤もらしく受け留められる。すなわちカリオペはギリシャ神話を抜本的に意義付ける立場に置かれているとも過言ではなかった。人々も初めてギリシャ神話を生活上で意識したのではな…