投稿

ラベル(歯磨き粉)が付いた投稿を表示しています

歯周病を予防する歯磨きとプラークや歯石の歯周病菌の毒素に対する歯と歯茎の健康の食生活

イメージ
僕は食事の前の一日に一回だけ歯をしっかり磨くように心がけている。食事の後は口の中が酸性に傾いて歯が溶け易い状態だから歯磨きはしない。水で濯いで食べ物の残りを細かく減らしながら口の中をアルカリ性へ中和させて歯の再石灰化(唾液に含まれるカルシウムが歯を強くしてくれる)を早めに促すに止める。そして一日に何回も行うと歯や歯茎を傷付けるかも知れないからやはり歯磨きはしないんだ。
Toothpaste, toothbrush and a glass of water by Bru-nO [CC0], via Pixabay
歯の再石灰化を踏まえると何も食べずに過ごすのが効果的なので、歯磨きはきっと寝る前に行うのが最良だろう。歯磨き粉のフッ素も虫歯を予防するためには同じように間隔を取りたいから寝る前の歯磨きこそダブルの威力を発揮すると期待する。
十数年来、歯磨きについて普通の硬さの歯ブラシにフッ素入りの歯磨き粉を僅かに付けて歯と歯の隙間や歯と歯茎の境目を念入りに上下左右と表と裏でおよそ三分くらいかけるという方法を考え出して取り組みながら取り立てて問題は生じてない。
注意点が幾つかあるから挙げておきたい。歯ブラシは毛先がへたると洗浄力が落ちるから何ヵ月も使うのは厳しい。歯磨き粉は研磨剤が入ってないのを選びたいけれどもステイン(着色汚れ)が取れなくて必ずしも使うわけには行かないのが辛い。時間は三分くらいでも長くて心理的に焦ったり、動かし続ける手が疲れるのが大変なんだ。しかし虫歯になると耐えられないと同時に歯周病/歯槽膿漏で歯が抜けるのを避けるためには厳しくても辛くても大変でも頑張るしかないだろう。

目次
歯ブラシの使い方には二つのパターンがある歯磨きで気がかりな点を一つ抱えていた歯周病菌に基づく歯以外の病気歯周病の二つの進行度合いと主な症状どうして歯にプラークや歯石ができるのか歯と歯茎の健康を維持する栄養素と健康成分カルシウムと歯についてビタミンCと歯茎についてカテキンと除菌について特定のフラボノイドと解毒について

歯ブラシの使い方には二つのパターンがある
一頃、歯磨きの向きについて縦磨きと横磨きはどっちが良いのかと悩んだりもした。個人的にアニメのDr.スランプ アラレちゃんのオープニングで縦磨きをやっていたような1980年代は同じだったけれども後から横磨きが良いと多く聞かれるようになって変えてた…