スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(画像URL)が付いた投稿を表示しています

BloggerのJSON-LDの構造化データのpublisherをブログ自体に合わせる

イメージ
Bloggerの2017年の公式テーマのContempoとSohoとEmporioとNotableは記事毎にJSON-LDの構造化データが付いていてGoogleなどの検索エンジンがサイト内容を通常よりも認識し易くなっている。 ブログのテンプレートのソースコードからマークアップを確認してみるとpublisher(公開主)がBloggerになっていてさらに画像なしの場合の画像にBloggerのロゴが記載されるのもちょっと気がかりなんだ。 Bloggerを使っているから間違いではないにせよ、ブログ自体には一致してないわけで、どちらもブログ自体に合わせてカスタマイズしたいと感じてしまう。A man who began doing parkour cartwheel on the grass by farioff [CC0], via Pixabay 検索エンジンからのアクセスアップのSEO(検…

BloggerブログでOGP設定の画像を全ページで一枚ずつ配信する方法

イメージ
Bloggerの2017年の公式テーマのContempoとSohoとEmporioとNotableはトップやアーカイブなどのインデックスページでのSNSのためのOGP設定の画像(og:image)が記事の抜粋の画像の掲載数に一致している。OGP設定の画像はSNSに共有する際に一枚しか使われないので、配信するのは一枚で良いと思う。幾つも記載されるとソースコードが長くなって表示速度を落としてしまう。Bloggerで使われる画像URLは文字列が細かく識別されて只でさも普通よりは伸びるから影響は大きそうだ。しかもインデックスページは専用の画像ではないから記事が更新されて画像が追加されると変わるのが個人的に落ち着かない。固定の画像を付けるのが望ましいから併せてカスタマイズを行いたくなる。旧テーマのシンプルと動的ビューと画像ウィンドウとAwesome Inc.とウォーターマークとエスィリアルではイン…

サイトのファビコンとウェブクリップアイコンの汎用的な設定とBloggerでの導入手順

イメージ
サイトでファビコンやウェブクリップアイコンを設定すると訪問者の利便性が上がるから良いと思う。前者はブラウザのタブでサイト名の先頭に付けられる。後者はスマホ/タブレット向けのショートカットアイコンで、ブラウザのブックマークでサイト名の先頭に付けられたり、ホーム画面に追加するとデバイスに貼り付けられたりする。ファビコンとウェブクリップアイコンの何れの画像もサイトの顔みたいに訪問者へどんなサイトなのかを直感的に示すのに役立つ。ファビコンの汎用的な設定についてサーバーに専用の画像をアップロードサイトのhead内にlinkタグで画像URLを記載ファビコンのサイズ縦横16~64px程度で、綺麗に表示される画像を専用に作成して使用すると良いと思う。大きな画像を使用してもブラウザが自動的に縮小して表示するから大丈夫だ。ファイル形式はpngが小さめの画像の画質には崩れ難くて適しているけれどもWindows…

BloggerでGoogleフォトから載せた写真が消えてしまうのは後からアルバムを操作したせいだろう

イメージ
本当に恐ろしいし、ブロガーとしては困ってしまうばかりだけれどもBloggerでブログに載せたGoogleフォトの写真がいつの間にか消えてしまうからなぜなのかと考えざるを得なくなった。
ウォークマンが雨に濡れてしまったよ
調べてみたら以前からBloggerブログではGoogleフォトから載せた写真が消えてしまうという現象があったみたいで、Googleフォトのアルバムの取り扱いが影響している可能性が高いと推測された。
振り返ると全ての画像が消えたわけではなくて一部だったけれどもGoogleフォトのアルバムへブログに載せた写真を後から動かしていた感じがする。
どこのアルバムにも入れてない写真をBloggerブログに載せてからGoogleフォトでアルバムに追加したのが良くなかったのではないか。
気付いたのは半年程前だったけれどもBloggerではGoogleフォトからブログに載せた写真を後からGoogle…

些細な日常の素晴らしさは生きる喜びに他ならない

イメージ
些細な日常の基本バナー:使用中些細な日常の記事用バナー:使用中ブログにTwitterカードを導入してインデックスページや記事に画像がない場合に固定で別の画像を付けるためにバナーを新しく作り直した。今回のバナーを載せたGoogleフォトからの画像URLをTwitterカードのソースコードに当て嵌めておけば大丈夫なんだ。最初のものはサイズが小さ過ぎて画質が悪いから止めざるを得なかった。色使いが淡くてブログのイメージに合わない感じもするのに採用してしまうのが不思議なバナーだと首を傾げる。端的には些細な日常の素晴らしさを詩的に表しているとしかいいようがない。地球を動かしているのは誰か。僕一人では無理だし、世界をどんなに正しく認識しても動かすとなると地球へは力不足なので、何もかも些細な日常だと考える。ブログのアクセスが遅々と伸びないとかなんて災いも絶えないにせよ、生きる喜びのかぎりは素晴らしいと称…

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

イメージ
Imgurは自分でアップロードした画像については画像URL/直リンクを取得して他のサイトにhtmlのimgタグで表示させられる。そして自分と他の人たちも含めて画像の埋め込みコードを取得して他のサイトのhtmlに、そのまま、記載して表示させられもする。Imgurの画像URLを取得するウェブとアプリで方法が微妙に違う。ウェブでの方法:Direct Linkアカウントにログインして「Image」から画像を一枚だけ開くと左上にプルダウンのメニューがあるので、そこから「Direct Link」を選択すれば画像URLが右横に表示されて使うことができる。注意点としては画像URLがjpg(jpeg)のタイプしか出ないみたいだ。なのでpngファイルで画像をアップロードしてもそのままの画像URLは取得できなくてjpgのタイプに変換されてしまっている。アプリだとpngファイルの画像URLが出て来るので、どうし…

Imgurならばアップロードした画像を外部サイトにスムーズに載せられるから好き

イメージ
ホームページやブログを様々なディレクトリー型の検索エンジンに登録している。するとバナーが使えるサイトもあってしかし画像のアップロードはできなかったりするとどこかのサーバーから画像のURLを持って来なくてはならないんだ。
今までGoogleのPicasaを使っていてバナー画像のURLは取得できたけれどもフォトに統合されるような形で今年の春にサービスが終了してしまった。
外部サイトに既に貼った画像は使えるし、消え去るわけでもない。ただし僕としては気持ち悪いので、他のウェブサービスに変えなくては行けないと考えていた。
Googleのフォトが使えればアップロードした画像のデータは引き継がれているというか、元から中身は同じだから何の迷いもなかった。画像のURLを取得することができるかどうかだけがちょっと曖昧で、公式では全くアナウンスされてないんだ。Picasaは画像を外部サイトで使って構わないみたいにヘ…