投稿

ラベル(著作権)が付いた投稿を表示しています

クロザルの自撮り写真の著作権がクロザル自身にないのは動物の創作活動だからだった

イメージ
写真家のデビッド・スレーターがインドネシアのスラウェシ島で絶滅危惧種のクロザルにカメラを設置してシャッターを切らせた自撮り写真の著作権がどこにあるかが分からなくて社会問題になった。
Monkey selfie row via BBC News
一旦はWikimedia Commonsに掲載されてクロザル自身がカメラのシャッターを押した作者ながら著作権を持たないから勝手に使って良いとパブリック・ドメインになったけど、ところがデビッド・スレーターは自分がカメラを設置してクロザルに自撮りを仕向けた共同制作者だから著作権を持つと主張してサイトのコンテンツから取り下げて欲しいと法廷での争いが起きてしまった。
2014年にアメリカの著作権庁がクロザルがカメラのシャッターを押した作者でも動物だから人間のように著作権の対象にはならないという判断を下したので、デビット・スレーターは共同制作者として認められず、パブリック・ドメインを主張するWikimedia Commonsが勝ったらしい。
デビット・スレーターはアメリカでのクロザルの自撮り写真の著作権を失ったけど、しかしそれを使って写真集を売り出していたのがさらにPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)に民事訴訟を起こされたんだ。
アメリカの著作権法では動物の著作権を禁止していないからクロザルが著作権を持つと改めて主張してデビット・スレーターの権利侵害とクロザルの代理人として権利行使を求めるという主旨だった。
2017年にPETAがクロザルに著作権はないとした判決に控訴していたのを取り下げたけれどもデビット・スレーターが自分が著作権を持つと共に野生動物を保護する慈善団体にクロザルの自撮り写真を使って出版した写真集の収益の四割を寄付すると和解が成立したらしい。
両者は共同声明の中で、この一件により「人間以外の動物にまで法的権利を与えることについての重要かつ最先端の問題を取り上げた」と述べています。
著作権が問われた「サルの自撮り」の法廷闘争がついに完全終結 via GIGAZINE
概して動物に著作権があっても良いはずだけれどもどこからどこまでが創作物なのかの線引きは相当に難しい
知的財産権の一種としては動物の精神状態が分からないと立法しても曖昧になってしまう。
人間と同等に捉えるならばWikimedia CommonsやPETAが主張するようにクロザ…

ホームページやブログに無料で使用できる写真を検索して見付け出せる三つのサイト

イメージ
自分のサイト、ホームページやブログに他人の写真(画像)を何でも載せると著作権法で作者から裁判所に訴えられる危険性があるので、注意しなくては行けない。

目次
O-DANはデザイン向けの写真が見付け易いCC Searchは写真のSNSと美術館から探せるWikimedia Commonsは専門的な写真が多い

一般的に大丈夫なのはパブリックドメインかそれと同等のクリエイティブコモンズのCC0や商用可能(個人サイトでサイト広告が付いていても確実に許容される)のライセンスが付いている写真だと思う。
パブリックドメインとクリエイティブコモンズのCC0ならば勝手に使って良いし、商用可能ならば誰のサイトに載せても構わないと著作権者が承諾しているから後から著作権を侵害したと裁判所に訴えられる危険性は少ない。
トラブルが起きないとはかぎらないので、ホームページやブログで自分が著作権を持っている写真だけを使って載せるよりは安全ではない。
どんな写真でも人物などの肖像権や企業のロゴマークなどの商標権という著作権法以外の法律が関与する場合があるから写真の内容と細かい条件をチェックするのも大切だろう。
ホームページやブログで勝手に使える、または誰のサイトに載せても構わない他人の写真を入手するためには検索して上手く見付け出せるサイトが便利で良いと思うので、気に入ったのを三つ取り上げて覚えておきたい。
O-DANはデザイン向けの写真が見付け易い
Rabbit Palm Hand Snatch by SimonaR [CC0 1.0], via Pixabay
パブリックドメインかクリエイティブコモンズのCC0の写真が見付け出せる。
どちらも著作権者が著作権を放棄している状態なので、写真と共に作者の名前やライセンスは一緒に表示する必要はないし、やりたければ付帯情報として記載しておく。
O-DANはデザイン向きの凝った写真が数多く出て来るから非常に面白い。
ただしウォーターマーク(透かし)が入った写真も出て来るから消すためには提供元のサイトでアカウント登録が必要になっている。
CC Searchは写真のSNSと美術館から探せる
Manhattan by night by Red Junasun [CC BY 2.0], via Flickr
クリエイティブコモンズが出している検索エンジンで、パブリックドメインやCC0を含めて商用可能…

html5の画像などのメインのコンテンツの一部へのfigureタグの使い方

イメージ
ブログのテンプレートをBloggerの新しいテーマに変えたらhtml編集でfigureタグが上手く使えるようになった。以前は周りに余白が付いてしまうのをcssで消し切れなかった。しかしBloggerの新しいテーマのテンプレートでは大丈夫だと分かった。figureタグはhtml5から追加されたメインのコンテンツで画像などを示すためのマークアップだけれどもブログの記事で改めて使い出している。
ブラウザには特に影響しない。figureタグが使われているかどうかはサイトを閲覧しても分からない。僕がサイト作成に取り入れたいのは検索エンジンのためだ。クローラー/解析ロボットにサイト内容をしっかり伝えられるのではないか。figureタグで囲まれたコンテンツは一部でもメインに構成されると的確に示されるので、サイト評価を上げると検索エンジンからのアクセスアップに少しでも期待できるのが嬉しい。
figureタグは一つだけで使うとはかぎらないところが、結構、面白い。他のタグと組み合わせるとさらに検索エンジンにサイト内容を分かり易く仕上げられる。

figureタグと関連するタグを使ってメインのコンテンツの図表としてマークアップされたサンプル画像。
Sony α5100 - Zeiss Touit 2.8/50M, 1600×1067, 302KB, 1/1667s, f/2.8, ISO 100
figureタグの使い方の基本
figureタグはサイトのメインのコンテンツの画像などを示すためのマークアップだからサブのコンテンツには必要ないし、たとえ同じものを載せるとしても付けなくて構わない。
figure要素は、任意でキャプションをもつ(完全な文のような)自己完結型であり、一般に文書の主フローから単独のユニットとして参照されるフローコンテンツを表す。
figure要素 via HTML5 日本語訳
figureタグの対象とは何か。W3C(htmlの勧告を行う)の仕様によると「自己完結型」だからメインの纏まった部分のコンテンツに限られている。本文に組み込まれているならば「単独のユニット」だからかりに抜き取っても十分に成り立つような対象にのみfigureタグを使うとhtml構文としては正確なんだ。
figureタグのマークアップ例
<figure><img src="url"…

北川景子のInstagramが偽物で削除されて

ブログを移転していてDAIGOと北川景子の結婚式の記事を改めてチェックしたら異変に気付いた。写真が表示されなかったという。北川景子のInstagramから埋め込んでいたから咄嗟にリンク先を見に行ってみると削除されていた。調べるとアカウントが偽物だったらしい。北川景子はブログしかやってなかったんだ。
参った。写真に合わせて文章を載せたから完全にバランスが崩れてしまった。試行錯誤の結果、写真の代わりに描写を「白いタキシードと白いウェディングドレス」と言葉で載せたらイメージが逆に良くなったので、笑ってしまったよ、本当に。
諸々の部分がブログの記事の全体に合っているかどうかかが問われるし、完成度に響く。狂いないほどに作品として魅力的に仕上げられそうだ。自己表現の本質からは間違いない。皆にもきっと分かり得る。
なので気付いた、自信を持つべきだと、つまり作家・詩人として。
サイトのアクセスアップに写真や動画を載せると有利だと巷で聞かれるけれども文章だけで十分にカバーできるような実力を備えているのではないか。二十年以上も文章へ取り組んでいれば誰だって描写くらい上達するに違いないだろう。文章だけならば表示速度も下がらなくて嬉しいし、とにかく合わない写真や動画を無理に載せるよりは良いに決まっているんだ。
DAIGOさん(@daigo_breakerz_)がシェアした投稿 - 6月 8, 2016 at 5:19午前 PDT
DAIGOInstagramは本物だ。僕も警戒しているし、公式サイトにリンクが貼ってあるかどうかで判断しなくては行けない。ソーシャルメディアをやっていれば大体は相互リンクで見付かるんだ。DAIGOのInstagramはDAIGOのホームページにリンクが貼られたTwitterの「とうとう我慢出来なくて、インスタはじめました!笑」にリンク付きで紹介されていたから大丈夫だ。
大元の公式サイトが本物かどうかはホームページでもソーシャルメディアでもコンテンツで判断するしかないだろう。本人に相応しい自己表現が取られているか。すると相互リンクされた他のサイトのコンテンツも参考になる。インターネットで信用性を高めるためには公式サイトとしてホームページやソーシャルメディアは多めにやるべきというか、忙しいほどに大変ながら苦労しても決して損はしないと僕は思うよ、人々へ向けて。
北川景子については…

パブリックドメインの作品は勝手に使って良い

芸術/創作活動のどんな作品にも作者の著作権が付帯している。サイトで引用などの正当な理由もなく、勝手に使えば裁判所に訴えられて投獄される可能性があるから厳しく注意しなければならない。
ところが著作権のない作品も世の中にはあってパブリックドメインと呼ばれている。非常に有り難い。パブリックドメインの作品には著作権がないから誰のものでもないというか、名前通りに「公共の範囲」(public domain)に著作権が移行していて作者はそれに紐付けられないので、サイトで他人の作品を勝手に使っても法的に侵害する恐れは全くないわけなんだ。
パブリックドメインの二つのタイプ
作者の死から長期間が経過している作者が自作の著作権を放棄している
パブリックドメインの作品は勝手に使って良いけれども実際には難しくて手が出なかったりもしてしまう。
作者の死に基づく場合は国の法律によって定められていてどのくらい経てばパブリックドメインへ著作権が移行しているかが問われなければならない。
国際的に五十~七十年が多いようだ。日本では五十年と定められている。作者からすれば没後五十年までが自作の著作権の保護期間に相当しているわけだ。
第五十一条  著作権の存続期間は、著作物の創作の時に始まる。
2  著作権は、この節に別段の定めがある場合を除き、著作者の死後(共同著作物にあつては、最終に死亡した著作者の死後。次条第一項において同じ。)五十年を経過するまでの間、存続する。
著作権法 via 法令データ提供システム
なぜかは芸術/創作活動の作品の作者は国民だから彼、または彼女にとっての著作権も最終的には国に帰属させられるという認識から来ているらしい。
パブリックドメインで厄介なのは作品の所有者が作者以外にいるかぎりは勝手に使うの不味い。
例えば美術館のパブリックドメインの作品には作者の著作権とは別に美術館の所有権も付随しているので、誰も盗んではならないように認められなければならない。
写真が出回っていてサイトに載せるのも所有者が承諾してなければ気持ち悪いから良く分からないと僕は引用の範囲でしか勝手には使わないようにしている。所有者以外から出回っている写真だと本当に良く分からなくて怪しむほどに手も伸び難くなる、しかも。さもなければ問い合わせて所有者に承諾されるべく頼むしかないだろう。所有者が不明ならば突き止めてからになる。
作品によって「…

サイト運営で注意するべき著作権法の引用

自分のサイト、または作品に他人のサイトのコンテンツ、または作品を載せる場合には著作権に注意しなくては行けない。2016年8月時点で著作権は親告罪だから相手から法律的に訴えられないかぎりは事件にはならないとはいえ、無断で行うかぎりはそうした可能性が常に付き纏ってしまう。うんざりだから他人のコンテンツ、または他人の作品は自分のサイト、または作品に載せないように注意したくなるんだ。
無断でやって法律的に構わない場合もあって引用と呼ばれている。著作物の複製としては他にも幾つかあるけれども自分の著作物に自分以外の著作物を含めて公開するためには引用が重視される。
第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
著作権法 via 法令データ提供システム
引用における注意事項
他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。
(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)
(参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)
著作物が自由に使える場合 via 文化庁(引用の「第48条」とは著作権法の条文)
僕はどうしても他人のコンテンツ、または作品を自分のサイトに載せなくてはならない場合には引用を考えている。
尤も引用だから大丈夫とはかぎらないし、誰かに裁判所に呼び出されて法律的に引用として厳格に成り立っているかどうかと争われる危険性は免れ得ないんだ。
自分のサイトに他人のコンテンツ、または作品を載せたければ引用を注意深く捉えながらやって行くしかないだろう。
しかし気付いたのは画像や動画のように人物が入っていたりすると他人のコンテンツ、または作品の著作権に加えて入っている人物の肖像権なども考えなくてはならない。
恐ろしいと思って人物の入っている画像や動画は通常よりも警戒したくなって来た。
考え直してブログにレオナルド・ディカプリオの写真をWikimedia…