ラベル(表現)が付いた投稿を表示しています すべて表示

BOØWYの解散宣言で認める日本的な格好良さ

イメージ

1987年のクリスマスイヴ、12月24日の渋谷公会堂でのライヴの最後に BOØWY が解散宣言を行って活動を終了した。翌年の春に東京ドームで、もう一度、LAST GIGSというコンサートが、二回、開かれてメンバー四人が直ぐに集まったけれども本人たちによればお別れではなく、もう既に解散したための「少し早い同窓会」と呼ばれていて前年の冬の渋谷公会堂が最後の活動だったことは間違いない。以来、三十年以上が過ぎても再結成などは一度も行われないまま、圧倒的に博した人気から日本の音楽会で伝説のロックバンドとして語り継がれる存在になった。 格好良さの頂点を極めた氷室京介の言葉 サンキュー。 えー、今日は、えー、皆にちょっといわなきゃ行けないことが一つあって、 六年間、 六年間、 六年間、BOØWYをやって来ました。 誰が何といおうと日本で、一番、格好良いバンドだったと思います。 高橋…

MISIAのBELIEVE|日本の女性歌手のR&B

イメージ

日本の女性歌手のR&Bの楽曲で、 MISIA の BELIEVE が本当に素敵だと感じる。 BELIEVE(from THE TOUR OF MISIA 2004 MARS and ROSES Live Ver.)|MISIA MISIAの BELIEVE 作詞:MISIA 作曲: 佐々木潤 発売日:1999年4月21日 ジャンル:R&B MISIAの初期の名曲の一つで、個人的に全曲中で最高ではないか、もはや越える必要はないくらい真実に良いし、これがあるからMISIAは死ぬまで歌い続けるとさえも感じるくらい気に入っている。緩めのテンポで強烈なビートがヒップホップに通じるようなR&Bの真骨頂と受け取る。そして印象的深いのが歌声で、いつも突き抜けるような伸びやかさが特徴的なMISIAだけれども BELIEVE では掠れるほどの叫びもあったり、感情的な起伏が大…

田園(玉置浩二)|1990年代の盛り上がる邦楽

イメージ

1990年代の邦楽から乗り良く盛り上がる楽曲として気に入りの 玉置浩二 の 田園 を紹介する。 玉置浩二 『田園』(HD)|【公式】玉置浩二 Koji Tamaki SALTMODERATE 玉置浩二への思い 玉置浩二は メロディー を聴いて感激した のが最も印象深い。とにかく歌が物凄く上手いと驚く。以前からバンドの 安全地帯 のヴォーカルで聴いていたよりもソロになった方が歌手として解き放たれているみたいだ。曲の傾向もあるかも知れないし、声を抑えず、わーっと熱唱すると大変な実力者だと分かる。空の果てまで突き抜けるような伸びやかさがあって爽快そのものだ。 田園 への思い 玉置浩二の 田園 作詞:玉置浩二と 須藤晃 作曲:玉置浩二 発売日:1996年7月21日 ジャンル:ロック 田園 はびっくりした。題名からして玉置浩二の安全地帯の頃から受け取っていた都会派のお洒落なイメージが完全に打ち壊されてし…

トワークダンスと女性の物凄く可愛い尻

イメージ

トワークダンスはアメリカのニューオーリンズのバウンスというヒップホップのダンスの一部として1990年代から踊られていた。しかし他のところでも俄かに踊られるようになり、2000年代から一般的に知られるようになったらしい、女性のダンスだけれども尻を色んな仕方で動かして踊るのが大きな特徴だ。物凄く可愛いと個人的に引き付けられずにいない。 女性の尻が堪らなく魅力的に強調される踊り In my feelings~Drake/ Twerk by Yota Poulidou|AfroCuban Dance School 今ではバウンスにかぎらず、ダンスミュージックを筆頭に様々な音楽で踊られるトワークダンスだけれども女性の尻が物凄く可愛いだけではなく、非常にセクシーでもある。 するともはや踊ってある女性自身が美しく輝くと感じる。そこで省みるほどに全てを美しく輝かせるセクシ…

アーネスト・ヘミングウェイの父さんの日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアメリカの作家、小説家で詩人の アーネスト・ヘミングウェイ の小説の 父さん (1923)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 アーネスト・ヘミングウェイの 父さん の原文と朗読 Ernest Hemingway from National Archives and Records Administration / Public domain My Old Man by Ernest Hemingway/アーネスト・ヘミングウェイの 父さん 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ケヴィンズ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 アーネスト・ヘミングウ…

きかんしゃトーマスのcinders and ashesという独自の間投詞

イメージ

アニメの きかんしゃトーマス で不可解なフレーズが良く出て来て「cinders and ashes」という。主人公のトーマスから聞いて訳すとcinderが燃え殻(灰)で、ashが灰だけど、しかし物語の場面と関係なしにいつもいわれるから訳が分からなくなる。一体、何なのかと調べてみたら怒りや驚きや嘆きなどを表す間投詞として良く出て来るらしかった。 蒸気機関車の世界観を反映した言葉 cinders and ashesは燃え殻と灰を意味する。トーマスは蒸気機関車なので、どちらも燃料の石炭を燃やして走った後の残り滓に相当する。そうした不要物のイメージで関連付けられて独自に怒りや驚きや嘆きなどの間投詞として使われることになる。 Thomas arrived at farmer Trotter's pig farm. It was now nearly night…

シェーマス・オケリーの才覚者の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアイルランドの作家、小説家で詩人の シェーマス・オケリー の小説の 才覚者 (1919)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 作品の出典 Seumas O'Kelly by Unknown / Public domain The Man with the Gift by Seumas O'Kelly/シェーマス・オケリーの 才覚者 原文: HathiTrust Digital Library ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( M・カニンアム ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 A barque sailing on a moonlit night by e…

キャサリン・タイナン・ヒンクソンの一人者の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアイルランドの作家、小説家で詩人の キャサリン・タイナン・ヒンクソン の小説の 一人者 (1896)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 作品の出典 Katharine Tynan Hinkson by Unknown / Public domain A Solitary by Katharine Tynan Hinkson/キャサリン・タイナン・ヒンクソンの 一人者 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( デイヴ・ガレスピー ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 The Liffey at dusk by seanegriffin /…

ジェイムズ・ジョイスの痛ましい事件の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアイルランドの作家、小説家で詩人の ジェイムズ・ジョイス の小説の 痛ましい事件 (1914)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 ジェイムズ・ジョイスの 痛ましい事件 の原文と朗読 James Joyce by Alex Ehrenzweig: Alex Ehrenzweig derivative work: RedAppleJack derivative work: Missionary / Public domain A Painful Case by James Joyce/ジェイムズ・ジョイスの 痛ましい事件 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( タイグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権…

ロード・ダンセイニのウェレランの剣の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアイルランドの作家、小説家で劇作家で随筆家で詩人の ロード・ダンセイニ の小説の ウェレランの剣 (1908)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 作品の出典 Lord Edward John Moreton Drax Plunkett Dunsany from Library of Congress / Public domain The Sword of Welleran by Lord Dunsany/ロード・ダンセイニの ウェレランの剣 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( エド・ハンパル ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 Jeune …

ロバート・ルイス・スティーヴンソンの死体泥棒の日本語訳

イメージ

十九世紀のイギリスの作家、小説家で詩人で随筆家の ロバート・ルイス・スティーヴンソン の小説の 死体泥棒 (1884)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 作品の出典 Robert Louis Stevenson by Henry Walter Barnett / Public domain The Body-Snatcher  by Robert Louis Svevenson/ロバート・ルイス・スティーヴンソンの 死体泥棒 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( マイク・ハリス ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 Ghost Tour Gra…

オリーヴ・シュライナーの夢の生活と現実の生活;小さなアフリカの物語の日本語訳

イメージ

十九世紀から二十世紀の南アフリカの作家、小説家の オリーヴ・シュライナー の小説の 夢の生活と現実の生活;小さなアフリカの物語 (1893)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 オリーヴ・シュライナーの 夢の生活と現実の生活;小さなアフリカの物語 の原文と朗読 Olive Schreiner from The literary digest / No known copyright restrictions Dream Life and Real Life; a Little African Story  by Olive Schreiner/オリーヴ・シュライナーの 夢の生活と現実の生活;小さなアフリカの物語 原文: Project Gut…