スキップしてメイン コンテンツに移動
ラベル(詩人)が付いた投稿を表示しています すべて表示

ラドヤード・キップリングの象の子供の日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 象の子供 の日本語訳を行った。 作品の出典 The Elephant's Child by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 象の子供 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( カラ・シャレンバーグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 Baby elephant by MicroActivist / CC0 古の良い時代に象は、おぉ、諸賢、長鼻を持たなかった。黒っぽく、左右にくねらせられるブーツくらいの大きさに膨らんだ鼻だけ持っていた;しかしものを摘まみ上げることはできなかった。しかし一頭の象、新しい象、堪らない好奇心で一杯の象の子供がいてそれはもうとても多くの質問を行うのだった。〈もはや〉彼はアフリカ…

ラドヤード・キップリングの豹はどのように斑点を得たかの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 豹はどのように斑点を得たか の日本語訳を行った。 作品の出典 How the Leopard Got His Spots by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 豹はどのように斑点を得たか 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( カラ・シャレンバーグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 Leopard by designerpoint / CC0 皆が定期市を始めた頃、諸賢、豹がハイヴェルトと呼ばれる場所に暮らしていた。ローヴェルトやブッシュヴェルトやサワーヴェルトではなく、専ら剥き出しの暑くて輝かしいハイヴェルト、そこには砂と砂のような色の岩と専ら砂のように黄色がかった草の茂みがあるのだと覚えておいて欲しい…

ラドヤード・キップリングの犀はどのように皮を得たかの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 犀はどのように皮を得たか の日本語訳を行った。 作品の出典 How the Rhinoceros Got His Skin by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 犀はどのように皮を得たか 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( カラ・シャレンバーグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 White rhinoceros by Bernard Spragg. NZ / CC0 昔々、紅海の沿岸の無人島に太陽の光が東洋を越える素晴らしさを反映した帽子を被るパーシ人が暮らしていた。そしてパーシ人は紅海のそばで、帽子とナイフと誰にも特に触れられたことがないに違いないみたいな類の調理用焜炉だけで生活していた。すると、あ…

ラドヤード・キップリングの鯨はどのように喉を得たかの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 鯨はどのように喉を得たか の日本語訳を行った。 作品の出典 How the Whale Got His Throat by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 鯨はどのように喉を得たか 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( カラ・シャレンバーグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 Whale by Christopher Michel / CC BY 海に、昔々、おぉ、諸賢よ、鯨がいて魚を食べた。人手とガーフィッシュや蟹と真子鰈やヨーロッパ角鰈とデイスや雁木鱝と自分の仲間や鯖と若い川魳や本当に真実にくねくねの鰻を食べた。海中に見付かるどんな魚でも彼はパクリと食べた――そう! ついに只一匹の小さな魚が海中に残さ…

アーネスト・ヘミングウェイの父さんの日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアメリカの作家、小説家で詩人の アーネスト・ヘミングウェイ の小説の 父さん (1923)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 作品の出典 Ernest Hemingway from National Archives and Records Administration , Public domain My Old Man by Ernest Hemingway/アーネスト・ヘミングウェイの 父さん 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ケヴィンズ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 Group of people riding horses by Philippe Ou…

シェーマス・オケリーの才覚者の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアイルランドの作家、小説家で詩人の シェーマス・オケリー の小説の 才覚者 (1919)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 作品の出典 Seumas O'Kelly by Unknown / Public domain The Man with the Gift by Seumas O'Kelly/シェーマス・オケリーの 才覚者 原文: HathiTrust Digital Library ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( M・カニンアム ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 A barque sailing on a moonlit night by enriquelopezgarre / C…

キャサリン・タイナン・ヒンクソンの一人者の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアイルランドの作家、小説家で詩人の キャサリン・タイナン・ヒンクソン の小説の 一人者 (1896)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 作品の出典 Katharine Tynan Hinkson by Unknown / Public domain A Solitary by Katharine Tynan Hinkson/キャサリン・タイナン・ヒンクソンの 一人者 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( デイヴ・ガレスピー ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 The Liffey at dusk by seanegriffin / CC0 兄弟には二十歳差があったにせよ、…

ジェイムズ・ジョイスの痛ましい事件の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアイルランドの作家、小説家で詩人の ジェイムズ・ジョイス の小説の 痛ましい事件 (1914)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 作品の出典 James Joyce by Alex Ehrenzweig: Alex Ehrenzweig derivative work: RedAppleJack derivative work: Missionary / Public domain A Painful Case by James Joyce/ジェイムズ・ジョイスの 痛ましい事件 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( タイグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 Phoenix Park…

オスカー・ワイルドの星の子の日本語訳

イメージ

十九世紀のアイルランドの作家、詩人で小説家で劇作家の オスカー・ワイルド の小説の 星の子 (1891)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 オスカー・ワイルドの 星の子 の原文と朗読 Oscar Wilde by Napoleon Sarony / Public domain The Star-Child by Oscar Wilde/オスカー・ワイルドの 星の子 原文: Wikisouce ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( グレッグ・マーガリート ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 オスカー・ワイルドの 星の子 の日本語の訳文 Meteor by Migebuff / CC BY-SA 昔々、二人の貧しい樵が広い松の森を通って家に進んでいた。…

ヘンリー・ローソンの家畜追いの妻の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のオーストラリアの作家、詩人で小説家の ヘンリー・ローソン の小説の 家畜追いの妻 (1892)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 ヘンリー・ローソンの 家畜追いの妻 の原文と朗読 Henry Lawson by Unknown / Public domain The Drover's Wife by Henry Lawson/ヘンリー・ローソンの 家畜追いの妻 原文: Wikisouce ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( アニス ) ※朗読は原文通りではない箇所が幾つかある。 ※朗読はオーストラリア訛りの英語のようだ。 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 ヘンリー・ローソンの 家畜追いの妻 の日本語の訳文 Gone Drivea…

エドガー・アラン・ポーの黒猫の日本語訳

イメージ

十九世紀のアメリカの作家、詩人で小説家の エドガー・アラン・ポー の小説の 黒猫 (1843)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 エドガー・アラン・ポーの 黒猫 の原文と朗読 Edgar A. Poe by Mathew Brady / Public domain The Black Cat by Edgar Allan Poe/エドガー・アラン・ポーの 黒猫 原文: Wikisouce ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ドン・モーガン ) ※朗読は原文通りではない箇所が幾つかある。 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 エドガー・アラン・ポーの 黒猫 の日本語の訳文 The black cat by susan / CC BY 最も野生的な、依…