スキップしてメイン コンテンツに移動
ラベル(食品)が付いた投稿を表示しています すべて表示

目のためにアントシアニンとルテインをサプリメントで取る

イメージ

目の状態が危なくて以前からの 酷いドライアイ に加えて 加齢黄斑変性で失明する可能性 も少し出て来た。目を普通に労るだけでは安心できないので、目に良いサプリメントで目の状態を少しでも高めなくて行けないと思った。 今は本当に色んなサプリメントがあって良く考えられて副作用が少なくて効果的な品質の商品が増えているけど、しかし僕は 貧困生活を強いられていて 健康のためにサプリメントのような人工的なものは多く取りたくないので、安くて少しずつ取れるものを先ずは探した。 数百円以下の安いサプリメントは必要な成分が少ない 見付けたのが かんでおいしいチュアブルサプリのブルーベリー&ルテイン (オリヒロ)だった。 スーパーで三百円くらいからサプリメントとして物凄く安いと気に留まった。内容を確かめるとブルーベリーエキス(目に良いとされる健康成分のアントシアニンを含むもの)とルテインを配合しているものの分量はどちらも物凄く少ないので…

ルテインで加齢黄斑変性と飛蚊症を防ぐ

イメージ

今年の正月、酷い飛蚊症に襲われた。珍しく酒を飲んだ直後で、アルコールの影響から目の毛細血管が拡張し過ぎて切れて出血したかどうかは不明にせよ、そう思われるくらい目の中に黒い糸屑のようなものが急に増殖した。以前、酷い眼精疲労で酷い飛蚊症に襲われたことが何回かあって目を休ませるように注意したり、悪影響を与える ドライアイを防いだり したけれども久々に再発したと悩んだ。 しかし今回は直ぐに収まらなくて本当に網膜剥離や緑内障や加齢黄斑変性の危険信号と見做されるほどの視界を埋め尽くすような飛蚊症の酷いと呼べる状態が何日も続いて本当に参ったし、その他に小さな黒い点という新しい形のものも鼻の方の視界に何度も現れることに新しく気付いて視神経は大丈夫かと不安と心配が嵩むばかりだった。 何とか一週間くらいで、増殖した黒い糸屑のようなものは減っていつもの嫌な感じ(ちょっと多め)まで飛蚊症は戻った。安心したけれども新しく…

葡萄の栄養素と健康効果を覚える

イメージ

葡萄はブドウ科ブドウ属の蔓性落葉常緑樹の植物、または果物で、最も古く知られるヨーロッパブドウはコーカサス地方とその周辺を原産地として起源前三千年頃から栽培とワインの製造が行われていた。もう一つ病気への耐性が強くて雨が多くても育ち易い北アメリカ東部が原産地のアメリカブドウも独特の香が不向きなワイン以外の食品に良く使われる。日本では中国から入った東アジア系ヨーロッパブドウが自生した甲州が鎌倉時代から知られる。明治時代以降、外国の様々な品種を改良して主に生食用の巨峰やシャインマスカットといった国内種が多く生産されている。 目次 葡萄の果肉に含まれる栄養素と100g毎の分量の目安 栄養素の炭水化物の健康効果について 葡萄に含まれる二種類の炭水化物の糖質 炭水化物が不足した場合の危険性 栄養素の銅の健康効果について 銅が不足した場合の危険性 栄養素のビタミンEの健康効果について ビタミンEが不足した場合の危険性 黒葡…

桃の栄養素と健康効果を覚える

イメージ

桃はバラ科モモ属の落葉小高木の植物、または果物で、原産地は中国とされる。紀元前四世紀頃、シルクロードからペルシアを経てヨーロッパに渡り、日本では縄文時代前期(七千から五千五百年前)に桃核(桃の種子の内核)が見付かっている。以降、食料、祭祀、薬品、観賞に使われた。中国に桃を食べた仙人が不老長寿になった逸話があって「仙果」と珍重された。明治時代に甘味の強い水蜜桃が輸入されてから食用で大きく普及してさらに様々な品種が作り出された。 目次 桃に含まれる栄養素と100g毎の分量の目安 栄養素のカリウムの健康効果について カリウムが不足した場合の危険性 栄養素の銅の健康効果について 銅が不足した場合の危険性 栄養素のビタミンEの健康効果について ビタミンEが不足した場合の危険性 繊維質の食物繊維の健康効果について 桃に含まれる二種類の食物繊維 食物繊維が不足した場合の危険性 白桃と黄桃の違いとその他の品種 ポリフェノールのク…

パイナップルの栄養素と健康効果を覚える

イメージ

パイナップルはパイナップル科アナナス属の多年草の植物、または果物で、熱帯アメリカの原産とされる。ブラジルで先住民が食用に栽培したのが始まりらしい。十五世紀末、ヨーロッパの大航海時代にアメリカや西インド諸島からアフリカや東南アジアの熱帯地方へ広められた。日本には十九世紀頃から東京都の小笠原群島や長崎県に伝わり、以来、沖縄県の北部の東村、西表島、石垣島で多く生産されている。 目次 パイナップルに含まれる栄養素と100g毎の分量の目安 栄養素のマンガンの健康効果について マンガンが不足した場合の危険性 栄養素のビタミンB1の健康効果について ビタミンB1が不足した場合の危険性 栄養素のビタミンB6の健康効果について ビタミンB6が不足した場合の危険性 栄養素のビタミンCの健康効果について ビタミンCが不足した場合の危険性 酵素のブロメラインの健康効果について パイナップルに含まれる栄養素と100g毎の分量の目安 Pin…

蜜柑の栄養素と健康効果を覚える

イメージ

蜜柑はミカン科ミカン亜科ミカン属のミカン区に属する柑橘類の総称だけれども日本の食用の果物として良く知られるのは温州蜜柑になる。温州は柑橘類で有名な中国の浙江省の地名で、そこから来た何かの柑橘類の種が日本の鹿児島県の長島で偶発未生で新しく発見された蜜柑が始まりとされる。だから温州蜜柑の原産地は日本で、食べ易さと大きさなどから人気が出た明治時代から食用の果物として広まった。 目次 蜜柑の砂瓤に多く含まれる栄養素と100g当たりの分量の目安 栄養素のビタミンEの健康効果について ビタミンEが不足した場合の危険性 栄養素のビタミンB1の健康効果について ビタミンB1が不足した場合の危険性 栄養素のビタミンB2の健康効果について ビタミンB2が不足した場合の危険性 栄養素の葉酸の健康効果について 葉酸が不足した場合の危険性 栄養素のビタミンCの健康効果について ビタミンCが不足した場合の危険性 カロテノイドのβ‐クリプトキ…

ヨーグルトの栄養素と健康効果を覚える

イメージ

ヨーグルト、または発酵乳は牛や山羊や羊などの乳を原料として乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作られた加工食品の一種だ。初めて発見された起源はおよそ七千年前、ヨーロッパやアジアの中央か中近東などで何かの生乳に周りの乳酸菌が、偶々、入り込んで自然に発酵して作り出されたのかも知れない。生乳が腐らないどころかもっと長く保存できさえもするように変わるから食品として重宝がられて途絶えず、伝えられて来たと想像される。 目次 ヨーグルトに含まれる栄養素と100g毎の分量の目安 栄養素の蛋白質の健康効果について ヨーグルトに含まれる二種類の動物性蛋白質 九種類の必須アミノ酸と一日の必要量 蛋白質が不足した場合の危険性 栄養素のカルシウムの健康効果について カルシウムが不足した場合の危険性 栄養素のビタミンB2の健康効果について ビタミンB2が不足した場合の危険性 ヨーグルトの原材料の牛乳と比べた場合の三つの利点 細菌の乳酸菌の健康効…

スイートブールは安くて蛋白質が多いから貧困とダイエットを助ける菓子パンだ

イメージ

驚いたのが昔から良く見かけた スイートブール (ヤマザキ)は栄養成分の蛋白質が菓子パンにしては多かった。菓子パンで中身もないから栄養成分は主原料の小麦の炭水化物と製造に必要な油脂などの脂質の二つが大半を占めていると思ったけれどもそんなカロリーが高いだけの普通の菓子パンではなかった。珍しくも蛋白質も多いとするとスイートブールは一個百円くらいの安い商品だから貧乏人が 三大栄養素 を取るのに向いている。加えて非常に多い炭水化物の糖質を他の食事から取らずに減らせば健康を求める人にも適しているかも知れない。 植物性の蛋白質が多く含まれる スイートブールは一個で14.5g程度の蛋白質が取れるけれどもこれは例えば牛丼の並盛りの20g程度に近付く。カロリーも505kcalだから700cal程度へ遠くないけど、とにかく七割以上の分量に匹敵する。値段からすると前者が百円くらいで、後者が三百から四百円なので、逆に三割以下…

飽和脂肪酸の多いバターの過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点

イメージ

パンや菓子や揚げ物などに安く使用される マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸が動脈硬化を引き起こすと世界的に避けられる 一方で、代わりに新しく使用される他の食用油によって必ずしも健康的な食生活が確保されるとはかぎらない状況も出て来てしまっているのが厄介なんだ。 脂質による健康影響 最も問題視されるのが 飽和脂肪酸 の過剰摂取によって動脈硬化に由来するなどの様々な病気を招き得る。食品の原材料にマーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸が含まれないとしてもそれだけか他の食品と併せて寿命を縮める恐れが否定できない。 飽和脂肪酸の多い食用油の中から バター について過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点を覚えて上手く健康と長生きに繋げたい。 バターの飽和脂肪酸の割合は五割六分程度に上る Opened butter by congerdesign / CC0 バターは主に牛乳から分離した クリーム を元…

飽和脂肪酸の多いココナッツオイルの過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点

イメージ

パンや菓子や揚げ物などに安く使用される マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸が動脈硬化を引き起こすと世界的に避けられる 一方で、代わりに新しく使用される他の食用油によって必ずしも健康的な食生活が確保されるとはかぎらない状況も出て来てしまっているのが厄介なんだ。 脂質による健康影響 最も問題視されるのが 飽和脂肪酸 の過剰摂取によって動脈硬化に由来するなどの様々な病気を招き得る。食品の原材料にマーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸が含まれないとしてもそれだけか他の食品と併せて寿命を縮める恐れが否定できない。 飽和脂肪酸の多い食用油の中から ココナッツオイル について過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点を覚えて上手く健康と長生きに繋げたい。 ココナッツオイルの飽和脂肪酸の含有率は八割程度に上る Coconut oil in glass jar by DanaTentis / CC0 ココ…

飽和脂肪酸の多いパーム油の過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点

イメージ

パンや菓子や揚げ物などに安く使用される マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸が動脈硬化を引き起こすと世界的に避けられる 一方で、代わりに新しく使用される他の食用油によって必ずしも健康的な食生活が確保されるとはかぎらない状況も出て来てしまっているのが厄介なんだ。 脂質による健康影響 最も問題視されるのが 飽和脂肪酸 の過剰摂取によって動脈硬化に由来するなどの様々な病気を招き得る。食品の原材料にマーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸が含まれないとしてもそれだけか他の食品と併せて寿命を縮める恐れが否定できない。 飽和脂肪酸の多い食用油の中から パーム油 について過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点を覚えて上手く健康と長生きに繋げたい。 パーム油の飽和脂肪酸の割合は五割程度に上る Woman selling refined palm oil by Minette Lontsie / CC B…

トランス脂肪酸の恐怖:動脈硬化の原因のマーガリンやショートニングやファットスプレッドは避けたい

イメージ

安くてカロリーも低くなく、沢山、食べずともそれなりに栄養が取れるから惣菜パンは良いと思う。日本に特徴的な食品とも聞かれて確かに人気があってパンの売り場では数多くの種類を見かける。食事代わりになって直ぐにしかも軽く済ませられるのが便利なダイエット食品として頼もしい。 僕も昼食に惣菜パンを二個なんて日もあるけど、ところが残念なのは取り分け貧乏人には助かって止まないはずの安いという大量生産品にかぎって原材料にマーガリンやショートニングやファットスプレッドが良く使われている。元々、バターよりも安いから代替品として使われ始めたようで、安いパンにこそ含まれるのは当たり前かも知れないんだけれども1990年代頃から食品の安全性が問われるうちに人体に有害な トランス脂肪酸 が見付かって欧米を中心に注意が呼びかけられている。 すぐにわかるトランス脂肪酸| 農林水産省 脂肪の分子に 炭素 の 二重結合 がある 不飽和脂肪酸 の…

癌予防の注目食品:キャベツやブロッコリーなどのイソチオシアネートを持つアブラナ科の野菜

イメージ

日本人の死因の上位に癌があると聞いて久しい。近年は 最新がん統計 によると年間三十万人以上が亡くなり、そして百万人近くの新しい患者が現れている。三十代から少しずつ発症して最期を迎える八十代、九十代までどんどん増え続けて行く状況なんだ。 最新がん統計 from 国立がん研究センターがん対策情報センター 健康と長生きを求める上では決して避けては通れない重要課題の一つが癌なのは間違いないと個人的に実感する。 健康と長生きの幸せな生活に欠かせない癌予防の考え方 いつも欠かせないのが癌予防で、もしも癌にかかっても治療と併せてやれば効果的かも知れないし、覚えて取り組んで損はないんだ。 人間は一日に約五千個の癌細胞を生み出して消し去りながら生命を維持しているらしく、体内の止まらない癌細胞の勢いに負けないためにも日々の体調管理として食事と運動と睡眠の三つから健康状態の下地をきっちり得るのが何よりも大事だと思う…

魚介類に多く含まれるセレン化合物のセレノネインの解毒と抗酸化の際立った健康効果

イメージ

魚介類は食品として 有害なメチル水銀を含んでいて取り分け大きくなるほどに食べ過ぎてはならない と考えるけれども他では得難い優れた栄養素も含んでいるから余り食べないようにするのも勿体なくて困ってしまう。 多くの魚介類等が微量の水銀を含有しているが、一般に低レベルで人の健康に危害を及ぼすレベルではない。魚介類等は、良質なたんぱく質を多く含み、飽和脂肪酸が少なく、不飽和脂肪酸が多く含まれ、また、微量栄養素の摂取源である等、重要な食材である。 水銀を含有する魚介類等の摂食に関する注意事項  via 厚生労働省 概して魚介類は メチル水銀 の危険性よりも特徴的な栄養素の有効性が上回っているために胎児への大きな被害が懸念される妊婦などを除けばたとえ体内にそうした毒を増やす結果となるとしても少ししか食べないよりは多めに食べる方が人間は健康を維持して長生きできるかも知れない。 Atlantic mackerel b…