ラベル()が付いた投稿を表示しています すべて表示

気持ちの軌跡としての永遠について

イメージ

二十一歳を振り返って気持ちから永遠の詩を取り上げるとすると マーガレット が断トツだった。 僕が丸坊主に近いくらい髪を短くしたら見違えたように「若くなったね」といわれた、天使的な人に。 六月に入って二十一歳の最初の思い出だけれどもまだ若いはずだったし、喜ぶべきか、悲しむべきかで、甚く悩まされた言葉だった。 仕様がないので、天使的な人が老けたことにして頷くしかなさそうだったものの実際には辛かったんだ、二人の気持ちが離れ去ってしまうようで。 にっちもさっちも行かない思いを抱えながらちょっと経って見付けた糸口が天使的な人のいつになく凄く喜んでいる様子だった。 詩にすれば マーガレット だけれども何なのかと詮索するよりは受け取った「若くなったね」は生活の幸せな場面の一つとして二十一歳の六月には天使的な人と同じように喜ぶべきだというふうに気持ちも落ち着いた。 永遠を二十一歳の気…

薄毛の悩みに育毛や増毛の突破口は見えないにせよ

イメージ

三十歳頃から前髪が減り出した。最初は気付かなかった。朝、洗面台で顔を洗っていて手が随分と上の方まで行くなと微かな違和感が何日も続いているために漸く思い立って額を鏡で調べてみると前髪が薄くなっていたという。抜け落ちてなくなることが本当に信じられなくて対処したいとも思えなかった、直ぐにはまさか髪の毛にとって。原因も考えずに放っておくしかなかった。 ただし体質だろうとは感じた。高校時代に遡るけれども髪型を気持ち良く整えようと色々と試しながら髪が弱くて上手く行かないことがしょっちゅう悔やまれていた。気持ち良く整えようとしても直ぐにペシャっとなってしまう。雨が降って湿気が多いと本当に頂けない。食えないハムそのものだったし、そこまで詩的な生活はまだ送れてもいない十代後半の気分だったとはいえ、神様が黴を生やして感じ取らせながらブルーチーズではなかったなんて飛んだ冗…

無添加シャンプーで髪と頭皮の健康を保つ

イメージ

シャンプーを変えた。牛乳石鹸の カウブランド無添加シャンプー という。ずっと探していたタイプのものが漸く見付かった感じがしたので、試すしかないと買ったら洗い上がりも撓やかで申し分のない使い心地だった。 成分表で水の次辺りに主要な洗剤が記載されているけど、高級アルコール系のラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naではないものが欲しかった。頭皮に求められる脂質まで落としてしまうと懸念される。よもや髪の成長を妨げる恐れがありそうなんだ。 安物では見付からない感じで、高級アルコール系のシャンプーしか使わなかった。しかしついに来た。牛乳石鹸のカウブランド無添加シャンプーは安物ながら洗剤としてはベタイン系のコカミドプロピルベタインとアミノ酸系のココイルグルタミン酸Naが記載されている。僕にはそれだけでもう十分に着目させられた。 商品のタイトルにもあるように無添加なので、シャン…