スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(Blogger)が付いた投稿を表示しています

Bloggerブログでスマホのインデックスページへ記事下のアドセンスのサイズを小さくして振り分けて載せる

イメージ
Bloggerブログのスマホのインデックスページの記事下のアドセンスはサイズが大き過ぎるので、html編集のカスタマイズでページを振り分けてサイズを小さくしてモバイルバナーの320×100で表示するように変更したんだ。Contempoなどの新テーマは記事下のアドセンスがスマホのインデックスページでも表示される。記事の抜粋のスニペットに挿入される。それ以前のシンプルなどの旧テーマではウェブバージョンのパソコンやタブレットだけで、モバイルバージョンのスマホでは無理だったので、明らかに改善されていると感心する。 新テーマの記事下のアドセンスはブログの投稿ガジェットから設定するとテンプレートのBlogのwidget内のinlineAdのincludableタグで出力されるけれどもソースコードはdefaultAdUnitのincludableタグで定義付けられていて個々に共通したデザインを保ちな…

Bloggerのカスタマイズのページ毎の振り分けの一覧と条件分岐のifの使い方

Bloggerブログのテンプレートは振り分けを使ってページ毎にコンテンツを表示できる。使い方は条件分岐の独自タグのifの開始タグと終了タグでコンテンツを囲むだけだから非常に簡単だ。Bloggerのブログのカスタマイズにとても便利なので、どんなページにコンテンツを振り分けて表示できるかを一覧に纏めておきたいと思う。 目次data:view型の振り分けタグdata:blog型の振り分けタグBloggerの振り分けタグの使い方条件や条件の判定を切り替える複数の振り分け条件を盛り込む data:view型の振り分けタグ ifに振り分け条件のcondを個別に付ける。 公式テーマのComtempoとSohoとEmporioとNotableから追加された。しかし以前のテーマでも同じように使える。新しいタイプの振り分けタグだ。 ホームページ(トップページ)<b:if cond='data…

BloggerのContempoテーマで記事タイトルの右横の共有ボタンを消す

イメージ
BloggerのContempoテーマの記事タイトルの右横の共有ボタンはユニークなデザインで気に入っていたけど、ところが殆ど誰も使わないようだし、ソースコードは、結構、長くて表示速度を下げてしまう恐れも否定できないので、消すべきではないかと感じ始めた。 記事タイトルはメインのコンテンツを訪問者に最も印象付けるブログの生命線だから右端まで伸ばしてきっちり表示しておくのがアクセスアップに大事かも知れない。Flower latte art by Kevin Menajang [CC0], via Pexels もう既に繁栄していて皆から気軽に広めて貰える状況でもないかぎりは共有ボタンではなくて記事タイトルこそ見立たせるのがブロガーとして得策だ。 目次記事タイトルの右横の共有ボタンを消す方法Contempoの記事タイトルの右横の共有ボタンのソースコード記事下の共有ボタンを単独で表示する方法Co…

Bloggerのdefaultmarkupタグの最初は便利で最後は不要な使い方

イメージ
Contempoなどの2017年の公式テーマからソースコードに追加されていたBloggerの独自タグの一つ、defaultmarkupとは何かを考える。Contempoテーマ via Blogger head内に幾つも記載されていて中身はincludableタグばかりなんだ。翻ってbody内には同一のidと内容を持つincludableタグが記載されていて完全に重複している。ソースコードに二つのマークアップがまるでコピーされたように含まれているのはサイト作成で謎としかいいようがない。 概して一つしか要らないはずだし、body内のincludableタグでブログは成り立つと思う。defaultmarkupタグがなぜhead内に幾つも記載されているのか。Bloggerのテンプレートでの役目、そして使い方も分からない。 defaultmarkupタグはウィジェット毎の初期設定を示す 調べるとB…

Bloggerブログで注目の投稿ガジェットの次にアドセンスのサイト広告を表示する

イメージ
ブログのテンプレートをContempoに変えたらトップページの先頭に注目の投稿ガジェットが付いていた。調べると公式テーマに同時に追加されたSohoとEmporioとNotableも同じなんだけれども注目の投稿ガジェットをトップページに使うとアドセンスのサイト広告の出方が変わってしまうんだ。 レイアウトのブログの投稿から記事下だけではなくトップページを含めてインデックスページの複数の記事の抜粋にどのくらい間隔を開けて表示するかを決められるのが一つずれる。 修正して注目の投稿ガジェットの次にアドセンスのサイト広告か出るようにしたA woman thinking in grassland by cuncon [CC0], via Pixabay テーマのhtml編集かバックアップ/復元からカスタマイズを行う。 Blogのtypeのwidget内のmainのidのincludable内にアドセ…

Bloggerブログで記事のラベルを中心に構造化データのkeywordsとして追加するSEO対策

イメージ
構造化データにkeywordsを追加してSEO(検索エンジン最適化)対策に効果的かどうかは定かではない。 かつてmetaタグのkeywordsにサイト内容と無関係なキーワードを記載したサイトによって検索結果が混乱したという経緯からGoogleなどの主要な検索エンジンはサイトのmetaタグのkeywordsを完全に読み込まなくなってしまっているんだ。 SEO対策でサイト内容の他にキーワードを検索エンジンに伝えるように取り計らっても仕様がないかも知れないけれども何かの役に立たないともかぎらないから構造化データのkeywordsを使ってみたいと感じる。 metaタグのkeywordsは間違いなく無理だし、使ってもSEO効果は皆無にせよ、構造化データのkeywordsは同じではない。ひょっとしたらGoogleなどの主要な検索エンジンがサイト内容に読み込むか、またはサイト評価に多少とも加味する可…

BloggerのJSON-LDの構造化データのpublisherをブログ自体に合わせる

イメージ
Bloggerの2017年の公式テーマのContempoとSohoとEmporioとNotableは記事毎にJSON-LDの構造化データが付いていてGoogleなどの検索エンジンがサイト内容を通常よりも認識し易くなっている。 ブログのテンプレートのソースコードからマークアップを確認してみるとpublisher(公開主)がBloggerになっていてさらに画像なしの場合の画像にBloggerのロゴが記載されるのもちょっと気がかりなんだ。 Bloggerを使っているから間違いではないにせよ、ブログ自体には一致してないわけで、どちらもブログ自体に合わせてカスタマイズしたいと感じてしまう。A man who began doing parkour cartwheel on the grass by farioff [CC0], via Pixabay 検索エンジンからのアクセスアップのSEO(検…

Bloggerブログで投稿の日付からアーカイブページへ記事タイトルから記事ページへリンクする方法

イメージ
僕がBloggerのテンプレートで最も不可解だと感じるのは記事の日付に記事ページへのリンクが付いている。およそ日付にリンクを付けるならば年別や月別などのアーカイブページへ向けなくてはピンと来ないだろう。 日付のリンクは目立たないし、殆ど誰も使わないようだから放っておいたけど――文字色などのデザインがリンクとは気付かないくらい他と変わらない――ただしSEO対策からすると検索エンジンが見ているのは間違いないので、アクセスアップのためにサイト評価を上げるべくは記事ページへのリンクを記事タイトルに付けて日付からはアーカイブページへ変更するのが望ましいと考える。 リンク名のアンカーテキストとリンク先のサイト内容が合ってないのは不正行為と判断される危険性を免れない。あからさまに無関係なリンクを貼れば使った訪問者から騙したともはや嫌われ兼ねないわけで、SEO対策でも検索エンジンでのサイト評価を下げる…

Bloggerの時刻のフォーマット/投稿の年月日と曜日の並び替えのカスタマイズ

イメージ
Bloggerの投稿の日付の時刻のフォーマットはデフォルトで七種類が用意されているけれどもhtml編集のカスタマイズで年月日と曜日を並び替えて他のスタイルでも表示できる。Powdery snowfield by cocoparisienne [CC0], via Pixabay目次公開日の年月日と曜日を並び替えるソースコードタイムゾーンなしの公開日の時刻のフォーマット更新日の年月日と曜日を並び替えるソースコード旧テーマの更新日のJavaScriptでのカスタマイズタイムゾーンなしの更新日の時刻のフォーマット新テーマのテンプレートへの記載の仕方公開日の時刻のフォーマットの場合更新日の時刻のフォーマットの場合旧テーマのテンプレートへの記載の仕方公開日の時刻のフォーマットの場合更新日の時刻のフォーマットの場合公開日の年月日と曜日を並び替えるソースコード<data:post.date.ye…

Bloggerの公式テーマにMicroformatsのhAtomの構造化データを取り入れる方法

イメージ
Bloggerの公式テーマのソースコードを調べてみると構造化データのMicroformatsがもう既に殆ど組み込まれている。使うとSEO対策に役立って検索エンジンからアクセスアップが一層と可能になるかも知れないマークアップの一つなんだ。シンプルなどの旧テーマとContempoなどの新テーマで何れも記事のブログの投稿ガジェットに著者名を表示すると前者は更新日がなくてエラーになるのを修正する、後者はエントリーを開放して更新日を付け加えるhtml編集によって機械向けにサイト内容を指し示すMicroformatsのhAtomが成立するようになっている。著者名を表示しないと手間は一つ増えるにせよ、 後少しのカスタマイズで済む。他の項目も幾つか付いていて折角だからブログに取り入れて使わないと勿体ないと感じる。A girl blowing dandelion fluff by ThePixelman …

BloggerのデフォルトのOGP設定にtypeとlocaleを追加するSEO対策

イメージ
BloggerのOGP設定はデフォルトでurlとtitleとdescriptionとimageが出力される。テーマのhtml編集やバックアップ/復元のテーマをダウンロードから確認できるけれどもhead内の独自タグの<b:include data='blog' name='all-head-content'/>にOGP設定のマークアップが含まれている。機械的にブログのソースコードに記載されて主にソーシャルメディアへの共有でブログの内容を表示するために使われる。目次BloggerのデフォルトのOGP設定の四項目OGP設定が構造化データに検出される条件OGP設定のtypeとlocaleのマークアップBloggerの独自タグで振り分けるソースコードBloggerのデフォルトのOGP設定の四項目<meta content='ページのURL&…