スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(Google Fonts)が付いた投稿を表示しています

Google FontsのEarly accessはcssのfont-faceで軽量化して使える

ホームページでGoogle FontsのEarly accessから日本語フォントのNoto Sans Japaneseを無料で使っている。とても気に入っていてAndroidのスマホでマシュマロから搭載されているのも嬉しいかぎりだ。
しかしWebフォントとしてホームページにcssへlinkのstylesheetや@importで取り込んで表示するのは非常に厳しくて表示速度を著しく低下させる。日本語は漢字が多くて英語などと比べるとデータサイズを大幅に増やしてしまうせいだ。3MBくらいだからちょっとした画像を300KBとして換算しても、百枚、載せているのと変わらない。
デザインを優先して表示速度を削るしかなかったホームページに朗報が飛び込んで来みたいに軽量化する方法をついに発見した。
Google FontsのEarly accessは普通だと一つのフォントを使っても様々な太さが含まれているために…

Androidの日本語フォントはマシュマロからGoogleフォントのNoto Sans CJKに変わった

イメージ
スマホをMoto G5 Plusに機種変更して日本語の表示が凄く良いと思った。見たことがあるようなフォントで、メインのホームページで取り入れているGoogleフォントのNoto Sans Japaneseにそっくりなので、Androidだからもしかしてスマホに日本語として新しく採用されたと感じた。

調べてみるとGoogleフォントのNoto Sans CJKがAndroid 6.0のマシュマロから標準の日本語フォントとして採用されていたらしい。中身はNoto Sans Japaneseと全く同じだ。素晴らしい気持ちがするし、凄く良いと思うので、Googleがやってくれたと個人的に拍手を送りたい。
タブレットがマシュマロだけど、しかし表示されてなくて機種によって独自の日本語が使われているからAndroidのスマホ/タブレットならば誰でもNoto Sans CJKを使用しているわけではないんだ。

Google Fontsの日本語フォント/Noto Sans Japaneseはやはり使わずにはいられなかった

イメージ
スマホやタブレットでサイトを閲覧する場合、cssで文章にフォントを指定しておいても殆ど反映しない。フォントをサーバーからブラウザに読み込ませなくては無理なわけなんだ。
Webフォントを使ってサーバーに使いたいフォントのファイルをアップロードするか、またはcssに外部サイトから取り込んで使うこともできる。
前者よりも後者が手軽なので、やってみたいと思ってGoogle Fontsが質量共に充実しているけれども無料で提供されていて日本語フォントのNoto Sans Japaneseが何よりも素晴らしくて気に入ってしまった。
Noto Sans JapaneseはGoogle FontsのEarly access!から手軽に取り込むことができる。
サイトでの使い方としてはhtml編集のhead内にlinkタグで置くか、styleタグのところに@importで置くかしながら表示したいところにcssのfon…