スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

超極細繊維の布でスマホ/タブレットがツルツルの感触に生まれ変わってしまった

イメージ
ハクバのトレシーニューソフトというクリーニングクロスを購入した。

超極細繊維の布で、以前に他のものを使っていてただ拭くだけでも本当に微細な汚れまでしっかり取れるようで、感動的な使い心地だったけど、ただし何回か洗濯機で洗っているうちに物足りなくなった。布の超極細繊維の表面がたぶん弱ってしまって感動的な使い心地もどんどん下がらざるを得ないと思う。
なので耐久性が問われるところで、パッケージにも「洗って使える/繰り返し洗っても性能を保持する高耐久性」とあるから大丈夫かも知れないとトレシーニューソフトを選んでみた。ハクバはカメラのアクセサリーでもう既に幾つも買い求めた会社だから信頼する気持ちは大きかった。
スマホ/タブレットに超極細繊維の布を新しく使ってロアスのクリーンウォーターで汚れを浮かび上がらせながら吹くのが好きなんだけれども最初はそのせいで、ツルツルに生まれ変わったのかと感じた。
しかし他の布で…

Tumblrはウェブでのスクラップブックに相応しい

イメージ
メインのブログをBloggerに移転して脱け殻のサイトとしてTumblrをどうするかが気がかりだった。

止めるか、続けるかで、Tumblrの新しい使い方が見付かったので、サイトは残してSuper Leakと改名して今後も続けて行きたいと喜ばしく認めた。
ブログで記事を仕上げるのに他のサイトのコンテンツを引用しようとあちこちいろいろと探し回ったり、または気に入った何かからインスピレーションを受けて記事のアイデアを練ったりするけど、ところが手に余るほどに見付け出してしまうことが少なくなかった。
ブラウザのブックマークやはてなブックマークに様々なサイトを保存しておいて後から役立つかも知れないと考えるけれどもTumblrに共有しても同じわけだった。
他のサイトのコンテンツがそのままで文章でも写真でも何でも表示されて確認し易くてタグ付けで分類/整理も捗るからウェブのスクラップブックとして活用して良いのでは…

ブログは書き残す楽しさが止められない

イメージ
感じられる、ブログに記事を書き残す楽しさを。止めたくないし、止められないと正しく思う。
作家活動が天職だからというよりも鳥が空を飛ぶように自然にできるように変わったのではないか。天職もそうだし、楽しいといえば楽しいわけだけれどもやはり神に決定されているかぎり、なぜ自分がやらなくてはならないのか、疑問が少しも生じないはずの気持ちではなかった。
いうと能力的に向いているに過ぎないし、天職としてのブロガーは本当に些細な日常の一幕の思考によって結論付けられるだろう。生まれ付きの作家・詩人で、全ての創作への取り組みも生得の世界なので、やらない方がむしろ不思議なくらいに頷かれ捲ってしまう。

改めてしかし胸のうちにブログへの思いが湧いて来た真実を受け留めながら驚いているんだ。
デザインが大きそうだ。心から気に入っている。Bloggerのデフォルトのテンプレートは日本語に合ってない感じがしてかつてない調整を強い…

アクセスアップへTwitter頼みの自己表現

数えると三回目の登録になるけれどもTwitterを開始した。やってやって気付いたのはGoogle+と内容的に被るから辛い。アクセスアップを考えればTwitterほどに人の流れの良いソーシャルメディアはないからGoogle+と比べなくても真っ先に取り組めば手早いはずだった。
サイトのGoogle検索からのアクセスアップのためにはサイト評価が重要だし、BloggerやYouTubeなどと連携したGoogle+が有利だと思って止められないでいる。
しかし時間がかかって仕様がない。何もかも間違っていると不安な日々を送らざるを得なくもなる。一刻も早く大勢の人にホームページやブログを知って貰いたい気持ちではTwitter頼みしかない。
#元旦 から #Twitter を始めることにした。良いことがありそうではないか。生活が #苦しい から何とかなって欲しいと願わずにはいられない。— 結城永人 (@naga…

ものが傾いて見えるのは自分のせいだった

イメージ
ブログに縦に真っ直ぐ線を引いた画像を載せると傾いて見えた。画像を失敗したと思ってやり直して又載せるけれども駄目で、何度、繰り返しても上手く行かなかった。

絵のアプリはSketchBookを使っていて描画のスタイルを直線にしても角度で線は傾くから四角にして縦の辺を垂直だから真っ直ぐな線として使うようにする。
細かく測っても傾いてないはずなのに縦に真っ直ぐに引かれているように見えないから混乱してSketchBookで絵を描くのは止めるべきとかブログのデザインそのものが可笑しいなんてあちこちに疑念が湧いてしまった。
しかし気付いた、漸くとばかりにも自分のせいだったと目こそ調べてみれば。
ものが曲がったり、歪んだりして見えるのは加齢黄斑変性の可能性があるけれども全体に傾いて見えるというのは特に病気ではなさそうなんだ。
当たり前だけれども自分が傾いていればものもそのように見えるわけだし、ブログに載せた画像の…

スマホの画面の文字サイズをfont-sizeのcalcで文章の両端がなるべく揃うように整える

イメージ
Bloggerブログのモバイルでの表示がスマホの画面の大きさによってばら付きが出易くて文章の行間や文字間を調節したけれども訪問者によってデザインが変わらないようにもうちょっと何とかなると有り難かった。
そして見付けた方法がcssのfont-sizeでcalcを使う。レスポンシブ対応の文字サイズを指定するこれからのテクニックに載っていてcalc属性にはcssの属性値を調節する機能があるので、デバイスの相違、スマホの画面幅などに合わせてサイトのデザインを付けるのに役立つ。
font-size:calc(100% + 0.055vw)
ブログの些細な日常に取り入れたソースコードだけれどもcssの文字サイズを決めるfont-size要素にcalcを指定して左側の「100%」に対して右側の「0.055vw」を足して一列の文章がスマホの画面の両端になるべく揃うように整えたわけなんだ。
手持ちの幾つかのモバイ…

新年から八時間も睡眠が取れたなんて幸先の良い一年のスタートが切れたようだ

イメージ
昨晩は疲れ切ってボロボロで午後十時半にはバッタリ倒れ込むように眠りに就くしかなかった。
早起きしても朝が冬で暗いからいきなり作家活動では目に不味いし、眼圧が上がって緑内障になり兼ねない、さもなければ部屋の照明を付けるべきだけれども紫外線やブルーライトを増やすのは嫌なので、夜だけにしたい。太陽光で一日を気持ち良く始めるためには午前零時に眠って午前七時に眠るしかないと考えていた。
体内時計も整えられてホルモンや自律神経のバランスに優れた生活が得られれば望ましいかぎりだし、何もいうことはないはずだ、寝起きについては。
一日の睡眠時間は七時間がベストではないかと考えていてその割りには昼寝も大事だからトータルでは七時間半くらいが長生きに相応しいかも知れなくて健康的と受け留めている。
しかし八時間でも本当は良さそうで、元々は求めていて三十代頃から最長でも一日に七時間くらいしか眠れなくなって、どういうわけか、…