スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

竹内結子のInstagramは素敵な雰囲気のままでずっと消さないで欲しい

竹内結子がInstagramを開設した。観に行ったら写真は二枚しか載ってなかった。芸能人というか、分けても大人気のスター俳優だから写真を数え切れないくらい持っていて百枚くらいいきなりどばっと載せているのかも知れないと少しだけ密かに期待したのとは正反対の結果だった。本当に開設したばかりという初々しいばかりの竹内結子のInstagramの様子だった。写真は開設して早々と載せたのが最低限の一枚ではなかっただけでも偉いみたいな印象を与えた。不思議な感じがする。普通の人と、全然、変わらない。泣けて来る、考えると。またはソーシャルメディアやウェブサイトのインターネットの活動に慣れてないのではないか。写真の仕上がりは流石に何百万円のカメラを使っているはずだし――撮影したのは本人とはかぎらない――世間一般では大金持ちか、カメラのマニアしか手が届かない水準の非常に優れた画質だと唸るにせよ、パッと見ると分か…

Google検索を実験しながら茨の道でも病気になるまで苦労するな

朝、起きたら目がカビガビだし、酷いドライアイに又見舞われているようだ。何日も続いたら本当に厄介だろう。無理が祟ったに違いない。ブログのGoogle検索からのアクセスが落ちて三週間も伸び悩んでいた。サイドバーのラベルを二千以上から百以下まで減らしてクロールバジェットを確保してクローラーがブログ内を回り易くなるように、そして文芸Webサーチと芸術系サーチエンジンという国内の有力な検索エンジンに登録してページランクを高めてサイト評価が上がるように考えて変えてみた。他にもGoogle+とTwitterへの投稿も著者のオーソリティーからサイト評価を上げるためにしっかりやっていた。振り返ると酷いドライアイも仕様がないと嘆くのはブログに加えてソーシャルメディアを二つも文字数を多めで更新しているせいだ。Twitterは百四十字以内にしても十件くらい載せていてGoogle+も四百字程度といっていたのが千字…

イケダハヤトのまだ東京で消耗してるの?はブログとしての仕上がりが良いよね

イメージ
検索エンジンを使っていたらイケダハヤトのまだ東京で消耗してるの?を見付けた。以前からブログのアクセスアップについて調べていて人気のブロガーとしてあちこちで名前が挙げられていて気に留まっていた。ブログ名のまだ東京で消耗してるの?もそうだけれとも聞いた瞬間に頭に入って来る感じのイメージで、イケダハヤトとまだ東京で消耗してるの?、ブロガーとブログがセットになって非常に記憶に残り易いと驚きながらだかれ人々に好まれるのではないかと一人で想像していた。直ぐには見に行かなかったし、プロブロガーとして膨大なアクセスを実現しているという生き方が日本では第一人者みたいな捉えられ方をしていて僕にとっては羨ましくも憧れるべき存在そのものだったけれども一日百人もあり得ない些細な日常の現状からでは象と蟻の力比べに他ならなさ過ぎる余り、何かを学ぶよりも悔しさが大きくてやる気を失うのを恐れて遠ざけるみたいな状態だったん…

BIGLOBE Wi-Fiが繋がらない場合の対処法

イメージ
BIGLOBEは公衆無線LANのBIGLOBE Wi-FiをやっていてSIMカードの契約プランによって無料で使えたりもする。BIGLOBE Wi-Fiはアクセスポイント/Wi-Fiスポットも全国に多くて非常に便利なんだ。スターバックスプロントロッテリアタリーズセブンイレブンイトーヨーカドー他にも提携先は幾つもあってアクセスポイント提携先一覧によれば全国に十分に展開されている感じで、有り難い。使わない手はないと喜んで設定してみると実際には物凄く難しくてどうしようもなくなる。僕だけかも知れないにせよ、もう本当に無理みたいな感じで、自分の設定が良くないのか、アクセスポイントが間違っているのかと訳も分からずに混乱するしかなかった。調べに調べて二日がかりで漸く何とか使えるように変わった。スマホの4G通信よりも高速で遥かに快適だ。使えないのは本当に悲しいから設定が良くなかったせいだけれども二度と混乱…

やりすぎ都市伝説の「信じるか信じないかはあなた次第です」のフレーズが耳に残って離れない関暁夫だけど

二回くらいしか観てなくてもっと観たいと待っていたテレビ番組が「信じるか信じないかはあなた次第です」のフレーズが耳に残って離れないやり過ぎ都市伝説(元々はやりすぎコージーの中の芸人都市伝説)だった。流石にもうそろそろパターンが掴めて来たし、飽きてしまった感じもしないでもなく、昨日、三回目を観ていたんだ。面白いのはやはり何といっても関暁夫の特別取材のコーナーだ。海外で専門家を交えた大掛かりな様子が情報の確かさを煽っているのが唸らされる。従来ならば本当かどうかが余程と問われていたはずで、取り分けノストラダムスの大予言が二十世紀末に多く取り沙汰されてどっちなのかと感じながらテレビを観ていた。世界滅亡説がありながら二十一世紀に何事もなく、移行してしまった後で、もう終わりではないかと考えた、人々を巻き込んだリアルなオカルトというテーマは。UFO(未確認飛行物体)とかUMA(未確認生物)なんて他の様々…

アクセスが減って来たからどうも怪しいリンクを一つ消した

ブログの検索エンジンからのアクセスが完全に伸び悩んでいる。一ヶ月前と変わらないくらいまで訪問者が減って一日に五十人を越えるのがやっとの状態に落ち込んでいる。一体、何が原因なのか。このままでは本当にどうしようもないし、野垂れ死にせざるを得ない。クローラーの平均巡回数は百回に達しているので、一日に数百人のアクセスをたぶん見込める。しかし他の要素が連動してなくて取り分け表示回数が増えないから頭打ちみたいな感じになってしまっているんだ。ブログを開設して一年を過ぎないと検索エンジンでのサイト評価は安定しないと思うし、半年を過ぎたばかりの今此処で悩んでも仕様がないというのが正しいはずだけれども成長が止まると気持ち悪くて耐えられない。今まで表示回数が楽に伸びていたのに停滞しているのが恐ろしい。Google検索ではページランクの影響が最も大きいと思う。僕にとってはランキング/検索エンジンに登録してリンク…

イチローの作文というプロ野球選手になりたい夢一杯の気持ちを見付けて

イメージ
人は夢のために努力を惜しまない。日本で最高の成績を収めながらさらに厳しいアメリカへ渡っても何一つ変わらなかったプロ野球選手のイチローが教えてくれる。どうして頑張るのか。できるからでは決してないんだ。夢追い人は努力において死に物狂いでも食らい付いて諦めない気持ちがいつも大切だと覚えておくと良いと思う。僕の夢愛知県西春日井郡とよなり小学校
6年2組 鈴木一朗僕の夢は、一流のプロ野球選手になることです。
そのためには、中学、高校と全国大会に出て、活躍しなければなりません。
活躍できるようになるためには、練習が必要です。僕は3才の時から練習を始めています。
3才から7才までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は激しい練習をやっています。
だから、一週間中で友達と遊べる時間は、5~6時間です。そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球の選手になれると思いま…