スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(嬉しさ)が付いた投稿を表示しています

GoogleとYahoo!からブログのアクセスが深夜の二三時間だけ急上昇していた

イメージ
朝、起きてブログのアクセスを確認したら二百五十人を越えていた。普段の十倍以上の跳ね上がりを見せていて恐ろしいほどに驚いた。深夜という一日で来る人が最も少ない時間帯だったからおよそあり得ないし、普通に考えて怪し過ぎる事態に見舞われてしまった。統計の一週間のグラフ via Blogger調べるとGoogleとYahoo!から二三時間の間だけアクセスが急激に伸びていてしかも一つの記事だけだった。不可解なのは普段からさほど表示回数が多くない記事なので、たとえ検索結果の掲載順位が上がってもブログのアクセスに大きな影響はなさそうだった。複数の文字列のロングテールキーワードで新しく引っかかり出した可能性があるので、偶々、検索エンジンでのサイト評価の上向きの流れに乗って上手く行ったのかも知れない。本当に二三時間しか続かなかったみたいで、残念だけれどもブログのアクセスアップの潜在能力を感じた。サイト評価が…

アイコンの蜜蜂のファイル形式がjpegだったと気付いてpngに置き換えることにした

イメージ
一般的にイラストや小さな画像はjpegよりもpngのファイル形式が劣化が少ないからアイコンには向いていた。
僕が蜜蜂を作成して自分のために使うようになったのは数年前からだけれども画像のファイル形式をまだ大して気にかけてなかったらしい。まさかのjpegだったので、思い立って直ぐにpngで保存し直してアップロードしてみたら幾分か画質が良くなった感じがする。
Tumblrのアバターもファイル形式がjpegからpngに置き換えられるや綺麗さが増しながら発色も上がったのではないかと嬉しさが込み上げている。
ブログのヘッダーに背景の公園の森の写真と共にアイコンの蜜蜂を戻してしまった。
アクセスが伸び切れないし、訪問者の直帰率や滞在時間も良くならないので、先日、「記事が何よりも目立つようにヘッダーも添え物でしかないふうに」といったばかりだけれどもブログ自体の魅力こそ表すべきかも知れなかった。
ホームページから来…

ヴァン・ゴッホの烏のいる麦畑/見たい絵を好きなだけ見られた嬉しさ

イメージ
僕にとってヴァン・ゴッホの烏のいる麦畑は最も引き付けられる絵の一つなんだ。端的にいうと絵の本質に触れられる。絵の本質は色と線で世界を物語ることで、これが烏のいる麦畑は完璧ではないかと思う。見たものが詩として味わわれるところが何よりも素敵で、心の目で描かれているとしか正しくいいようがない。飛んでもなく美しくて個人的には部屋に飾っておきたいくらい気に入っている。
Wheat Field with Crows by Vincent van Gogh [Public domain], via Wikimedia Commons
見方が普通では分からない。普通では本当にタイトルのままでしかない。麦畑に烏が飛んでいる。タイトルのままの見方だと言葉に絵が負けてしまう。ヴァン・ゴッホはきっと分からなくてもというか、普通でも良いと思いながらタイトルを付けたのかも知れない。只単に風景が伝わる。素晴らしい。いみじ…