スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(栄養素)が付いた投稿を表示しています

歯周病を予防する歯磨きとプラークや歯石の歯周病菌の毒素に対する歯と歯茎の健康の食生活

イメージ
僕は食事の前の一日に一回だけ歯をしっかり磨くように心がけている。食事の後は口の中が酸性に傾いて歯が溶け易い状態だから歯磨きはしない。水で濯いで食べ物の残りを細かく減らしながら口の中をアルカリ性へ中和させて歯の再石灰化(唾液に含まれるカルシウムが歯を強くしてくれる)を早めに促すに止める。そして一日に何回も行うと歯や歯茎を傷付けるかも知れないからやはり歯磨きはしないんだ。Toothpaste, toothbrush and a glass of water by Bru-nO [CC0], via Pixabay歯の再石灰化を踏まえると何も食べずに過ごすのが効果的なので、歯磨きはきっと寝る前に行うのが最良だろう。歯磨き粉のフッ素も虫歯を予防するためには同じように間隔を取りたいから寝る前の歯磨きこそダブルの威力を発揮すると期待する。十数年来、歯磨きについて普通の硬さの歯ブラシにフッ素入りの歯磨…

歯茎が痛くなったら粘膜だからビタミンAが足りているかどうかを先ずは考える

五年に一度くらい歯茎が痛くなる。口の中が堪らないと悩まされる。久々に来てしかし歯周病ではないかと思った、咄嗟に。年のせいで、全身のあちこちと同じように歯茎も相当に弱っていると恐れる。歯垢から何年もかけて進行する歯周病がついにぽろっと出て来ないとはかぎらない。歯のぐら付きはないからまだ大丈夫だろうけれども酷ければ抜けてしまう歯だから歯周病では正しく悲しい。
以前から歯茎が痛くなると弱っているのは粘膜だから栄養素のビタミンAが足りてないせいで起きると考えてその前駆体のβカロチンのためにトマトや人参や南瓜などの赤い野菜を食事に増やすようにしていた。調べると緑の野菜でもほうれん草や韮やピーマンなど、多く含むものは幾つもあるから色はさほど関係ないらしい。ビタミンAを増やすと暫くして歯茎の痛みはいつも治るので、先ずは取り組んでみなくてはならないとデルモンテのトマトミックスジュースの900mlを少しずつ…

食品の五大栄養素と健康成分について

健康への復習を兼ねて基本中の基本を明確化しておきたい。食品に関する用語法として「栄養素」と呼ばれるのは人体に不足すると病気になるものなんだ。炭水化物(糖質)と脂肪(脂質)と蛋白質が三大栄養素で、そこにビタミンとミネラルを含めて五大栄養素とされる。
炭水化物脂肪蛋白質ビタミンミネラル
さらに人体に不足しても病気にはならないけれども取り入れると健康に良いものが「健康成分」と呼ばれるんだ。食物繊維(消化・吸収されない炭水化物)やファイトケミカル(カロテノイド、ポリフェノールという植物の色素)が代表格で、取り分け食物繊維は腸内環境を高めたり、血糖値の上昇を抑制したり、健康的な生活に非常に役立つためにそれも「栄養素」に含めて「六大栄養素」と考えられる向きもあるようだ。
食物繊維ファイトケミカルカロテノイドポリフェノール
僕は野菜と果物とナッツ類を軸として腸内環境を最優先に考えながら食べていてどうしても蛋白…