スキップしてメイン コンテンツに移動
7月, 2019の投稿を表示しています すべて表示

肌荒れを予防回復して美肌にも通じる食品の効果効能の栄養素五選

イメージ

何ヵ月も治らなくてもう無理かと諦めかけそうな 酷い手荒れ/スマホ指荒れ に日々の食生活の改善から対抗したい。肌荒れを予防回復するための効果効能を発揮する食品の栄養素を覚えて取り入れると良いと思う。 五大栄養素の栄養素バランス と 善玉菌優勢の腸内バランス を基軸として上手く行け...

ビタミンAの肌荒れ対策の栄養素としての効果効能

イメージ

痛くて堪らない 肌荒れ/スマホ指荒れ を早く何とかしたいので、食品の栄養素から対策法を考えるべく、予防回復に向いていて皮膚の健康と美容にも繋がるビタミンAについて取り上げる。 ビタミンAは皮膚の老化を防いで保湿する Caprese salad by congerdesign [ CC0 ], via Pixabay 一日当たりの必要摂取量の目安:成年男性が800μgRAE(2700μgRAE以内)、成年女性が650μgRAE(2700μgRAE以内)。女性は妊娠末期に60μgRAE、授乳中に300μgRAEを追加する。RAEはビタミンAのレチノール活性当量単位で、旧来のビタミンA効力単位のIUには「0.3」をかけて換算できる。例として800μgRAEは800×0.3の240IUになる。 ビタミンA は主に動物性食品に含まれており、体内では主にレチノールとして存在しますが、その他にレチナール、レチノ…

鉄の肌荒れ対策の栄養素としての効果効能

イメージ

痛くて堪らない 肌荒れ/スマホ指荒れ を早く何とかしたいので、食品の栄養素から対策法を考えるべく、予防回復に向いていて皮膚の健康と美容にも繋がる鉄について取り上げる。 鉄は血液の材料でコラーゲンの合成も行う Kebda pasta by kareemelqaffass [ CC0 ], via Pixabay 一日当たりの必要摂取量の目安:成年男性が7.0~7.5mg(45mg以内)で、成年女性が6.0~6.5mg(40mg以内)だ。ただし女性の場合は月経時に4mg、その他、妊娠初期に2.5mg、妊娠中期から終期に15mg、授乳中に2.5mgを追加する。 ヘモグロビンは中に鉄を含んでいます。私たちが呼吸で得た酸素は、この鉄にくっついて全身に運ばれます。ですから、鉄が不足して赤血球が少なく、ヘモグロビン濃度が低い貧血の状態になると、十分な酸素が全身に届かなくなり、体は酸欠状態になるのです。脳が酸素不…

ビタミンEの肌荒れ対策の栄養素としての効果効能

イメージ

痛くて堪らない 肌荒れ/スマホ指荒れ を早く何とかしたいので、食品の栄養素から対策法を考えるべく、予防回復に向いていて皮膚の健康と美容にも繋がるビタミンEについて取り上げる。 ビタミンEは抗酸化と血流改善を行う Almond nuts in a glass bowl by ShiuliDebnath [ CC0 ], via Pixabay 一日当たりの必要摂取量の目安:成年男性が6.5mg(750mg以内)、成年女性は6.0mg(650mg以内)だ。 「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEは、老化を促す活性酸素から赤血球を守り、血行を促進します。ホルモンの分泌も整えます。 肌荒れを改善するための食べ物選び~毎日とれる・今すぐとれるのはコレ!~ via +healthcare ビタミンC と並んで抗酸化力が非常に高い栄養素だ。老化を防ぐから健康そのものに寄与するし、肌荒れにも下支えになるから良いと思う…

ビタミンCの肌荒れ対策の栄養素としての効果効能

イメージ

痛くて堪らない 肌荒れ/スマホ指荒れ を早く何とかしたいので、食品の栄養素から対策法を考えるべく、予防回復に向いていて皮膚の健康と美容にも繋がるビタミンCについて取り上げる。 ビタミンCはコラーゲンの合成と抗酸化を行う Two lemon slices in the lemonade by ulleo [ CC0 ], via Pixabay 一日当たりの必要摂取量の目安:100mg(1000mg以内)。 ビタミンCは、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというたんぱく質をつくるのに不可欠です。これより皮ふや粘膜の健康維持に役立ちます。また、病気などいろいろなストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くしたりします。さらに、抗酸化作用もあり、有害な活性酸素から体を守る働きをすることから、動脈硬化や心疾患を予防することが期待できます。 ビタミンC via 栄養成分百科 コラーゲンは全身的に使われる蛋白質…

蛋白質の肌荒れ対策の栄養素としての効果効能

イメージ

痛くて堪らない 肌荒れ/スマホ指荒れ を早く何とかしたいので、食品の栄養素から対策法を考えるべく、予防回復に向いていて皮膚の健康と美容にも繋がる蛋白質について取り上げる。 蛋白質はコラーゲンなどの皮膚細胞の原料になる Five bottles of milk by falovelykids [ CC0 ], via Pixabay 一日当たりの必要摂取量の目安:体重1kgに対して0.8g程度/成年男性の体重70kgで56g・成年女性の体重50kgで40g。 たんぱく質は肌や髪、筋肉、骨、内臓、血液など全身の材料です。そのため、不足すると多くの不調が同時に起きる。肌が荒れている人は、腸や筋肉や血液でも問題が起きているはずです。 西澤真生 /美肌にはコスメより肉! 人生が変わる食べ方バイブル via WOMAN SMART 蛋白質は全身で細胞の原料になるので、肌荒れは裏返していうと他のあらゆる不調のサイン…