スキップしてメイン コンテンツに移動

エッセイ風の日記ブログ

オスカー・ワイルドの星の子の日本語訳|アイルランドの小説

イメージ

十九世紀のアイルランドの作家、詩人で小説家で劇作家の オスカー・ワイルド の小説の 星の子 (1891)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 ...