投稿

MUFGカードWEBサービスご登録確認|宛先/アドレスが違うのに届く迷惑メール

迷惑メールが届いていて何だと思って開けてみたら非常に精巧にできていて騙されかかった。心当たりがありそうな感じがするのが恐ろしい。昔は訳の分からない内容の誰も知らないような迷惑メール――どこかのサイトで百万円が当たった(懸賞発表)とかどこかの人が五千万円を貰って欲しい(遺産譲渡)なんて文面で返信を求められる――が多かったけれども今は誰でも知っているような訳の分かる記述が行われている。細かく注意しなくては関係があるのかと普通に対応して個人情報などを抜き取られてしまう危険性が高いだろう。
MUFGカードWEBサービスご登録確認の迷惑メール
僕はかつて三菱銀行に普通預金を行っていた(現在でも使わずに銀行口座は残っている)からMUFGカードは三菱UFJニコスのクレジットカードだけど、三菱UFJフィナンシャル・グループの関係会社に含まれる三菱UFJ銀行の三菱東京UFJ銀行や東京三菱銀行を経た最初の三菱銀行から二十年以上前でも繋がって通知が来ているように感じたためにまさかながら気に留まってしまったんだ。
考えると三菱UFJニコスのクレジットカードやWebサービスも使ってないし、開設して持っている昔の三菱銀行の銀行口座からもメールアドレスを知られるわけがないので、怪しさが増して来てこれは本当に迷惑メールだと察し始めた。
MUFGカードをかたり、会員様を含む不特定の方へMUFGカードWEBサービス利用者登録画面を偽装したWEBサイトへ誘導するフィッシングメールを送り、お客様のクレジットカード情報や個人情報の入力を誘導する悪質な詐欺が発生しています。
MUFGカードをかたるフィッシング(詐欺)メールにご注意ください! via 三菱UFJニコス
調べると相当に被害が大きい。三菱UFJニコスのホームページではファーストビューで明白に注意が呼びかけられている。迷惑メールの問い合わせが殺到している証拠だろう。人々に広がり捲っている。
僕は金目当ての不審なサイトにメールアドレスを明かすと迷惑メールが来易いと気付いて以来、完全に避けていて迷惑メールは殆ど受け取らない生活なので、それにも拘わらず、来ていて受け取らざるを得ないのは甚だしく遺憾だ。
メールアドレスがなぜ分かったのか。大丈夫と容認したサイトから裏取引で犯人へ漏らされたとすればもはや社会そのものが疑わしくて不愉快そのものだ。さもなければコンピューターで探…

無料ブログから独自ドメインへ移転して二週間でアクセスは再び伸び始めている

イメージ
ブログに独自ドメインを導入してから一週間で半分近く減っていたアクセスが少しずつ盛り返して二週間で以前の六割程度まで持ち直している。
SEO(検索エンジン最適化)対策でGoogleからのアクセスを何よりも重視している。
検索パフォーマンス via Search Console
アクセスが再び伸び始めて一日当たりの表示回数が七百五十回前後(水色のグラフ)、クリック数が六十回前後(青色のグラフ)という感じになっている。
Bloggerの無料ブログを一年ちょっと続けてGoogleの検索結果のクリック数が一日百回前後だったので、独自ドメインへ移転して六十回前後は相当に近付いている。一般的に元に戻るには、二ヵ月、かかるといわれているから二週間で六割程度まで持ち直しているのは予想外に早かった。
成長の勢いが変わらなければ一ヵ月で元に戻るだろう。普通よりも調子が良ければ後々に倍増するといわれるアクセスもさらに大きいのではないか。期待しながら喜んでいると笑顔も自然に出て来る。
独自ドメインを使ったブログ運営で最も顕著なのはGoogleへのインデックスが早い。サイト解析が捗るので、記事の品質が高ければサイト評価が上がり易いためにアクセスアップがスムーズだと考えられる。
驚くのは古い記事を以前のブログから追加すると直ぐにGoogleにインデックスされていた。無料ブログの頃には全くあり得なかった。古い記事は日付を昔のままにして載せているからトップページに出て来なくてクローラー(検索ロボット)が辿り着くのに時間がかかると思う。
従来、サイトマップを更新したり、Twitterなどのソーシャルメディアでリンク付きで紹介したり、新しい記事に内部リンクを貼ったりするところから気付いて貰うか、  難しければSearch ConsoleのFetch as Googleを使ってインデックスを申請して何とかするみたいな状況だった。
Bloggerの場合はPubSubHubBubが仕込まれているらしくてブログの記事を公開した途端にGoogleなどの検索エンジンに通知されるはずだから本当は何もしなくてもインデックスは非常に早いと思う。
初めて実装されたのが2009年(Blogger が PubSubHubBub に対応)で、十年近く経った2017年でもGoogle検索はサイトの更新通知に使用している(PubSubHubBub/W…

hideのROCKET DIVEにライソゾーム病の貴志真由子との心温まる交流に死の行方

イメージ
X Japanのギタリストだったhideのソロの音楽が凄く好きだった。取り分けROCKET DIVEが第一印象から記憶に刻まれている。テレビで初めて観た瞬間にファッションセンスが何よりも素晴らしい。ピンクの髪に黄色のジャンパーがとても刺激的だった。振り返るとヴィジュアル系バンドというコンセプトを作り出したX Japanの特色を見事に引き継いでいたのかも知れない。曲も勢い良く情熱が迸るようで、聴いて気持ち良いかぎりだったから全てがパーフェクトなロックだと驚きを禁じ得なかった。
hide with Spead Beaver - ROCKET DIVE hideofficialVEVO
夢と希望をかぎりなく、打ち上げるみたいなイメージが良いと思うんだ。本当に力強く訴えかける音楽で、それまでにも引き付ける作品は幾つも発表されていて購入したベストアルバムのhide BEST ~PSYCHOMMUNITY~によるとTELL MEが必聴で、hideのキャラクターとして見逃せない真心の人間性が出ていると胸打たれる。しかし一段と進歩しているのがROCKET DIVEではないか。シングルでは八枚目で、必聴の四枚目のTELL MEから数年の後に作詞作曲されて発表されていた。芸術的に優れていると明らかに感じるし、聴きながら益々と引き付けられる気持ちは確かだった。
調べると声を失うけれども持ち直して二つのhideの名曲の間に貴志真由子との心温まる出会いがあったようだ
僕は以前からX Japanは大人気でも名前しか知らなくてギタリストのhideについても関心がなかった。ところが難病のファンの貴志真由子との交流が報道されてから人道的なアーティストではないかと珍しくも急激に関心が芽生えて注目し始めたんだ。暫くは素敵だと一人静かに認めるだけだったけど、ある日、テレビの歌番組のポップジャムを観ながらROCKET DIVEを聴いてついにベストアルバムのhide BEST ~PSYCHOMMUNITY~も購入せずにはいられなくなったし、hideを得意の音楽を通じてもっと知りたいと感じてしまった。
彼女の命の灯火が小さくなっていこうとした時、和子さんの目に奇跡の姿が飛び込んできた。
症状を聞きつけたhideとhideの両親が、病院にまで駆けつけてきたのだ。
無菌室で病気と闘う真由子さんに、hideは励ましの言葉をか…

血管年齢を若返らせて血行を全身的に促進する一酸化窒素を増やす握力と鼻呼吸

先月の終わりから、二週間以上、嚔百連発が続いている。たった一日の寝冷えから寒暖差アレルギーを引き起こして治らなくなっているというと本当に相変わらずの惨状だ。十年前ならば、一日、寝て直ぐに止まったはずなので、老化が原因としか考えられない。
二三日ならば未だしも長く治らないから体力が物凄く落ちる。大体、一週間で風邪に等しい。二週間でもはや寝たきりに近付く。弱ったところで、花粉症などの他のアレルギーを併発しているのか、またはドライアイが悪化し易いのか、数日前から目もショボショボで、何事にも気が進まなくなっているんだ。
今回は毎日の膝屈伸で筋力は上がって筋肉痛は比較的に起きかったけれども新しく気付いたのは寒気だった。
桜が散っても冬物を着ているなんてかつて経験がなかった。四月の始めに満開で写真を撮りに出かけたかったけれども体力が物凄く落ちて駄目だったり、本当に酷い。以前よりも明らかに耐え難い状態で、年々と老化が襲いかかっているのは否定できないと思う。
しかし寒気があるから直ぐに治らないのではないか。血の巡りが滞るのが影響しているようだ。嚔と鼻水が寒気によって尚更と余儀なくされてしまうのは間違いない。
考えて分かって来たのが体内の一酸化窒素(NO:Nitric Oxide)の低下が血流を後らせて血管年齢を下げる老化の一因になっている
鼻風邪ともいえるけど、年を取るほどに寒暖差アレルギーにかかり易くて治るのも長引くと困り果てるのは普段から寒気が増しているせいかも知れないから注意しなくては行けないだろう。
1998年のノーベル医学・生理学賞の対象となった一酸化窒素(NO)は、重要な生体内生理活性物質のひとつである。血管は内側に内皮細胞層、そしてそれを取り巻く平滑筋細胞層によって構成されている。内皮細胞の中で産生されるNOは、平滑筋を弛緩させ、それにより動脈を拡張し、ひいては血流量の増加と血圧の降下を引き起こす物質として発見された。この生理作用以外にも、脳の記憶・学習や身体への異物の進入に対する生体防御反応を担っていることが明らかとなり、NOは現在最も注目されている。
一酸化窒素による血管の弛緩を調節する仕組みの一端を解明 via 京都大学
体内に一酸化窒素を十分に確保すると血行促進が全身で期待されるんだ。血管年齢については動脈硬化の要因のプラークとの関係から捉えられる。
虫歯や歯周病の歯垢のプラー…

好きで離れて又好きだったcapsuleを2008年のmore more moreで最高潮に懐かしむ

イメージ
capsuleは今では大文字のCAPSULEに改名したけれどもプロデューサーの中田ヤスタカとボーカルのこしじまとしこの二人組の音楽ユニットなんだ。
CAPSULE こしじまとしこさん(@oookoshiooo)がシェアした投稿 - 2017年12月月29日午前5時07分PST
2001年にさくらでデビューして、偶々、テレビの音楽番組でPVを観ていて気を引かれて二曲目の花火で物凄く引き付けられて三曲目の東京喫茶で完全にのめり込んだ経験がある。
最初のシングル三曲が収録されたファーストアルバムのハイカラ・ガールは発売されると同時に購入せずにはいられなくて本当に良く聴いていたんだ。
感想として聴きたい曲をやってくれている気持ちが非常に大きくて音楽はcapsuleで終わりなのかと考えるくらい魅了され捲っていた。
以降、アルバムが発売されるのがいつも待望で、直ぐに飛び付くように買って聴いていて二作目のCUTIE CINEMA REPLAYと三作目のphony phonicまでが振り返るともう全く気に入るばかりの音楽だった。
capsule - weekend in my ROOM  (extended version)
断トツの一押しがweekend in my ROOMで、いつもボサノバをアレンジした楽曲にcapsuleの魅力を強く感じたけど、和やかな心地良さが突出して分かり易い仕上がりになっているのがとても嬉しい。
四作目のS.F. sound furnitureでちょっと怪しくなって五作目のNEXUS-2060もさほど変わらなかったので、capsuleの音楽の方向性が僕にとって聴きたい感じでやってくれないとついに買って聴かなくもなってしまった。
とはいえ、未練が残っていたのか、新作アルバムが発売されたのを店で見かけると試聴したりしていた。デビュー当時から数年までの魅了され捲ったcapsuleに、もう一度、戻って来ないかと淡い期待を込めながらいつも違う結果なのがどうも落胆する他はなかった。
僕だけではないみたいで、調べるとファンの間で良くいわれるのがcapsuleの路線変更という音楽への取り組みだった。すなわちポップからクラブへ移行したのが良かったのかどうかと悩まされる人も出て来て僕なんか正しく含まれていたわけだった。
デビュー当時から数年までのポップなcapsuleが本当に新しいと驚かされ…

無料ブログから独自ドメインへ移転して一週間でアクセスが半分近く減っている

イメージ
独自ドメインのドメインパワーに期待しながら無料ブログに別れを告げてから一週間が過ぎた。目覚すのはSEO(検索エンジン最適化)対策によるアクセスアップで、検索エンジンの取り分けGoogle検索でのサイト評価をなるべく多く引き継ぐためにSearch Consoleのアドレス変更(301リダイレクトを含む)を行って様子を窺っているところなんだ。
最初の数日は特に目立った変化はなかったもののアクセスが少しずつ落ち続けてもはや半分近くまで下がっている状況には全く安心できるわけではない。
巷では無料ブログから独自ドメインへ移転してアクセスアップが可能でも早くて、二ヵ月以上、かかるという意見が大概みたいだ。
たとえコンテンツが同じでもサイトアドレスを変更すると検索エンジンから新規サイトと見做されてサイト評価がゼロのスタートを再び切るから仕様がないのではないか。
殆どの人が独自ドメインで無料ブログからアクセスが倍増すると喜んでいて偶に変わらずに呆れる人もいるけど、しかし最も恐ろしい下がったと苦しむ人はいないか、極々、僅かだから当面は余りに心配し過ぎる必要はないとは考えている。
Googleの検索結果から一目瞭然だ。無料ブログなどの独自ドメイン以外のサイトは物凄く少ない。先月の検索アルゴリズムの変動から独自ドメイン以外のサイトははてなブログの記事が極僅かに見当たるくらいの検索結果になっていると思う。それまではAmebaブログライブドアブログの記事なども国内で同じように人気で、利用者がとても多くてもうちょっと載っていたはずだった。はてなブログははてなブックマークと連動していて被リンクを貰い易いためにSEO対策には、日本一、優れた無料サイトだろうから検索結果で強いと考えるけど、しかし以前よりも見当たらない現状はもはや例外的といって良いかも知れない、無料ブログとして。独自ドメインでなくては検索エンジンでのサイト評価が上がらない状況が新しく広がり捲っているようだ。
この全てはドメインパワーでしか説明できないと僕は考える。無料ブログで頑張ってサイト評価を上げても大本のサーバーサイトの独自ドメインに持って行かれる分だけ報われない。以前からいわれてはいたけれども無料ブログがサーバーサイトの独自ドメインにサイト評価を持って行かれて検索結果に不利な割合がGoogleの検索アルゴリズムの変動で非常に高められてし…

梅沢富美男の「まだまだ現役」(RIZAP)が耳に残るのは優しい心根のせいだった

イメージ
テレビのCMで「まだまだ現役」と聞いて物凄く力強いというか、元気が漲り溢れる声色に誰なのか、何の商品なのかと気を引かれて言葉が耳に残ったのを驚いたんだ。
僕は目が悪くて画面が殆ど見えないので、部屋で遠めに遠めに置かれたテレビの新しい番組やCMは直ぐに出演者を把握できない場合も少なくない。
最初は別に良いやと特に知らないままに済ませようとしていたけど、しかし耳に残った「まだまだ現役」に何回か繰り返して接しているうちに本当に知っておきたいと感じた。
CMの出だしからBGMが特徴的だったので、この曲が流れ始めたら来るなと待ち構えていたら、あるとき、ついにテレビに近付いて梅沢富美男RIZAP(ライザップ):完全個室のプライベートジムのCMだと分かって嬉しかった。
RIZAP(ライザップ)「梅沢富美男 銭湯」編(15秒) via RIZAP(ライザップ)公式チャンネル
近頃、梅沢富美男はテレビのバラエティー番組で佳く見かけるし、人生の波に乗っている印象を与える。俳優だけれども、以前、夢芝居という歌がヒットして何でもやる人みたいな感じがした。数年前からコメンテーターやパネリストでテレビに出演する機会が相当に増えて来ていた。
ミヤネ屋で存在感を著しく受け取っていて司会の宮根誠司との漫才の掛け合いみたいな言葉の応酬が注目された昨年から本当に他のバラエティー番組でも又いると多く目にするのをはっきり気付いた。
芸能界は人々に当たる芸能人がテレビのあちこちに出て来るみたいなパターン、所謂、世の中で引っ張り凧の人気者の状況があると思うけれども現時点で梅沢富美男が、一番、興味深く受け留められるほどの存在感を放っているかも知れない。
咄嗟、気付くのはなぜなのかの切欠としてやはり昨年の注目されたミヤネ屋への出演だった。
トランペッターの日野皓正が自身で監督を務める中学生バンドの音楽会で、一人のドラマーの生徒を殴り付けて演奏中に強制的に止めさせるという事件があった。
世界的ジャズ・トランペット奏者「日野皓正」が男子中学生をビンタ
ソロのパートを予定外に引き伸ばして長々と続けたのが中学生バンドの他の生徒たちに不平等で迷惑だったし、折角の皆の音楽会を台無しにしているとどうしても許せなかったらしい。大勢の観客の目の前で、乗り込んで行って日野皓正はドラマーのスティックを取り上げたんだ。もう叩けないだろう。しかしそれでも生徒…