スキップしてメイン コンテンツに移動

エッセイ風の日記ブログ

アンブローズ・ビアスのアウルクリーク橋の出来事の日本語訳|アメリカの小説

イメージ

十九から二十世紀のアメリカの作家、小説家でコラムニストの アンブローズ・ビアス の小説の アウルクリーク橋の出来事 (1890)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材とし...

惨たらしいリンチ~ビリー・ホリデイのStrange Fruitが伝えるアメリカの黒人差別の実像~

イメージ

二十歳頃から 黒人音楽が好きで、良く聴いていた けれども同時に黒人差別に多く悲しみもした。大昔からアフリカの黒人などが奴隷として世界中で死ぬほどに扱き使われていて現代の民主主義の人々が平等な国々でも黒人そのものが非人間的に蔑視される状況は後を絶たない。僕が良く聴く主にアメリカの...