投稿

ラベル(スマホ)が付いた投稿を表示しています

手の親指が痛くなるドケルバン病の要因とチェックと治療法

イメージ
スマホの普及で手の親指が痛くなるドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の患者が増えているらしい。いつも片手で持って操作している人は注意しなくては行けない。
Smartphone with one hand by JESHOOTS [CC0], via Pixabay
僕は落として壊したくないとか疲れるなんて理由からスマホは基本的に両手でしか使わなくて机があると直ぐに置いて操作するのは人指しなので、完全に大丈夫だと思う。
しかしスマホにかぎらず、手の親指を酷使する生活はスポーツでも多いらしくてドケルバン病にかかり易いから総じて休ませるのが肝心なんだ。
調べるとそれ以外にもドケルバン病にかかる場合があるようだからもうちょっと詳しく知っておきたいと思う。
ドケルバン病を引き起こす要因
片手スマホなどの親指の酷使女性ホルモンの分泌量の変化血管や関節の障害による併発
生活上、スマホやスポーツなどの手の親指を酷使して腱鞘に不調を来す要因を除くと二つの要因が挙げられるようだ。
女性は女性ホルモンの影響を受けて出産授乳期と閉経後の老齢期が危ないらしい。前者は女性ホルモンのプロゲストロンが増えて骨盤を修正する代わりに腱鞘を収縮させる、後者は女性ホルモンのエストロゲンが減って腱鞘の柔軟性が衰えるためにドケルバン病の障害が起こり易くなる。
他にも糖尿病や人工透析を受けるほどの腎臓病や関節リウマチなどから併発する可能性もあるようだ。毛細血管の流れが滞って腱鞘への軽い炎症でも長引いて悪化したり、通常でも手を動かすのが難儀な状態から腱鞘へ無理が祟ったりするのが要因として挙げられる。
ドケルバン病は腱鞘炎の一種で――病名には発見したスイスの外科医のフリッツ・ド・ケルバンの名前が付けられている――手の親指を動かす短母指伸筋腱(主に親指を伸ばす腱)と長母指外転筋腱(主に親指を広げる腱)の二つが収まった腱鞘(手背第一コンパートメント)が諸々の要因から炎症を起こして腫れや痛みを生じるんだ。
手の親指が不調な病気はドケルバン病以外に母指CM関節症関節リウマチも多いらしいから自己診断では間違えないようにしたい。

二つとも腱鞘炎ではなくて関節炎なんだ。手の力が入り難くて親指の付け根が日増しに腫れて痛むような場合にはドケルバン病よりも罹患の可能性が高いかも知れない。良く分からなければ専門医に診断を早めに受けるべきだ。
ドケルバン病かどうかのチ…

Bluetoothの脆弱性:Blueborneへの対策について

パソコン、スマホ、タブレットなど、様々なデバイスに搭載されている無線通信規格のBluetoothにハッキングの恐れのあるBlueborneという脆弱性が発見された。
Bluetoothの無線通信からデバイスに侵入して誰でも遠隔操作が可能なので、プログラムが破壊されたり、データが盗み取られたりするかも知れないというとても危険な状態に陥ってしまっているんだ。
複数のデバイスを接続する暗号化に抜け道が残されていたためだけれどもBluetoothはWi-Fiと並んで現今で最も主要な無線通信規格だから酷い。
全世界で八十億台以上がBlueborneでハッカーに乗っ取られ兼ねないともいわれている。
僕はスマホからタブレットへのテザリングでいつも使っているから知ってまさかのBluetoothの脆弱性だったし、一体、どうすべきなのか、もう使えないのでは不便過ぎるし、速くても電池を食い易いWi-Fiだけでは困るばかりで、本当に参らざるを得なくなった。
Blueborneを回避する有効な二つの対策
Bluetoothをオフにするシステムアップデートを行う
BlueborneはBluetoothの脆弱性で無線通信で接続する暗号化の抜け道からハッカーに侵入されるからそれを切っておけば大丈夫なんだ。
Armisが2017年の9月12日に発表してデバイス毎にメーカーのセキュリティーパッチが続々と提供されているので、可能なかぎり、システムアップデートを行うべきだろう。
因みにiOS(Mac、iPhone、iPad)はバージョン10以降でBlueborneのセキュリティーパッチは必要ないらしい。
僕はスマホとタブレットが駄目で、それぞれ、MOTOROLAとSonyでシステムアップデートを確認したけれども提供されてない。ArmisからBlueborneが発表されて一ヶ月を過ぎてセキュリティーパッチが出ないのではサポートはもう終わりか、少なくとも対応が遅過ぎる。
Androidは恐ろしい。本家のGoogle以外のメーカーはプログラムの不具合にセキュリティーパッチをちゃんと配布するつもりがないわけだろう。スマホとタブレットの買い方を改めて考え直さないと行けなくなってしまう。
全体から捉えても中心的な機能の一つのBluetoothがハッキングの危険性に晒されるなんて想定外だし、もう二度と起こらないかも知れないにせよ、暫くして放…

Bloggerのモバイルで記事に埋め込んだYouTube動画のサイズを変更する方法

Bloggerブログで記事にYouTube動画を載せるにはウェブの投稿の「動画」から取り込むのが便利だと思う。
YouTubeの自分のチャンネルは直ぐに探せるし、他人のチャンネルは検索からキーワードやURLで埋め込みコードを簡単に取得できる。
サイズが「320×266」で固定されているからタブレットやパソコンでは大きく表示したくなるけど、しかしスマホでもバランスが悪くて変えたくなって来たんだ。
BloggerのデフォルトだとYouTube動画の様々な画面比にきっちり対応できるけれども昨今は16:9の画面比が大半を占めているから完全に合わせてしまった方が良いと思う。
毎回、上下の余りの黒い部分が太過ぎるし、モバイルの記事では最初にサムネイル画像が上下の黒い余りなしに表示されていて実際の動画よりも、可成、大きく膨らんでいる。
デザインとして画面比を16:9の「320×180」に設定するのが望ましい。
モバイルでYouTube動画のサイズをを変更する二つの方法
一つはタブレットやパソコンでやっているのと同じだ。
cssで最小幅を指定するとバランスを取りながら好きに表示できる。YouTube動画はiframeタグで取り込まれるから画面比が崩れ易くてデバイスの画面幅に合わせたレスポンシブ対応を考えるとhtml編集も必要になって来る。Bloggerでは自動で組み込まれてないから手動で記事毎に修正するのが厄介なので、デバイスの画面幅になるべくはみ出さない程度に最小幅で固定して表示する のが手早い。
レスポンシブ対応ではないからcssをかける画面幅よりもデバイスが大きくてずれるとYouTube動画の両端に隙間ができてぴったり合わなくなるからタブレットのcssをどのくらいで大きくして引き継ぐかを考え合わせながら指定するべきだろう。
スマホのモバイルだけだとcssをYouTubeの横幅の320pxから480pxまでの画面幅にメディアクエリで振り分けて記事のYouTube動画のiframeタグの最小幅を320pxにすると大丈夫だと思う。
cssでYouTube動画を16:9の画面比で表示するサンプルのソースコード
@media screen and (max-width:480px) and (min-width:320px) { .post-body iframe {min-width:320px;min-…

MOTOROLAのスマホで急速充電を止めるには最初から本体の電源を切っておくと良いみたいだ

イメージ
MOTOROLAのスマホでMoto G5 Plusを使い出して急速充電が長くても一時間半くらいで完了するから便利だと思う。
しかしながら発熱が大きいんだ。持っているのも辛くなるほどの高温に達してしまう。
普通ならば真夏に充電しながらインターネットに接続し続けたスマホではないだろうか。

スマホの電池持ちを考えると発熱は避けるには越さない。電池が熱くなると比較的に早く劣化するといわれる。少しでも長く、むろん修理なしで、使いたい気持ちからしてMOTOROLAのスマホの急速充電の機能は必要なかぎりでしか設定するべきではないだろう。
大抵、止めるのが良いと思うけど、ところがスイッチとかなんて本体に付いてないらしい。探しても探しても方法が見付からないという。だから仕様がなくてMoto G5 Plusではいつも急速充電ばかりやるしかなかったんだ。
電池が劣化しないで欲しいと神へ祈りながら充電中の余りに熱くなり過ぎる状態を一時間半くらい見守る日々が買ってから暫くの間は続いていた。
光明が差して来たのは真夏の最中だった。只でさえも発熱が増して来るし、MOTOROLAのスマホの急速充電を止められなければせめて電源を切っておきたいと感じた。全く動作しなくなるから充電しながら使わないままなのと比べるとほんの僅かな違いでしかないにせよ、発熱を避けられるのが有り難かったためだ。
やってみると完了するまでの時間が、三十分以上、伸びてしまって触るとさほど熱くならなかったのが意外な驚きだった。
ひょっとしたら通常充電と変わらないのではないか。MOTOROLAのスマホの急速充電を止められると期待しながらMoto G5 Plusの充電を、毎回、電源を切ってやるようにしてみた。やはり望み通りの結果を得られずにいなかったので――温度の下がり方にバラ付きはあるものの――急速充電を止める方法が見付かったんだと天にも昇るように喜んでしまった。
MOTOROLAのスマホは本体の電源を最初に切って充電すると完了するまで長くて、二時間以上、かかってさほど発熱しないという通常の状態に持って行けるわけだった。
追記:スマホのステータスバーなどから機内モードやモバイルデータやSIMカードを切って通信せずに充電しても電源を切るのと同じような効果が得られると感じる。
Moto G5 Plusはできれば、四年以上、快適に使いたいし、性能は大丈夫だとし…

スマホ/タブレットの写真編集アプリのSnapseedがアップデートを重ねて物凄く使い易くなって来た

イメージ
ちょっと前にPhotoshop Expressの画質がアップデートで上がってスマホ/タブレットの写真編集アプリで断トツに素晴らしいと気付いてからメインで使わないわけには行かなくなった。
しかし微妙なところで、物足りなくてもう一つの写真編集アプリが補完的に必要になってしまっていた。
pngファイル保存とても細かい修正普通のエフェクト
基本性能が高くてPhotoshop Expressの弱点をカバーできるようなスマホ/タブレットの写真編集アプリはないかと探していたら新しく見付け出したのがSnapseedだった。
昔から知っていたけど、これもやはりアップデートを重ねて数年で大躍進を遂げていたんだ。Photoshop Expressと双璧といって良いくらい素晴らしく優れた写真編集アプリに生まれ変わっている。
提供元のGoogleは本当に頑張ったと称えたいし、Playストアのアプリのトップデベロッパーとしては正しく流石だ。

Snapseedは総合力が高くて使い易さに溢れている。弱点としてはraw現像がdngファイルしか対応してないからカメラによってファイル変換が面倒臭いくらいしか思い付かない。普段、raw現像は殆どやらないから何気なく使う分にはもはや最高の仕上がりではないか。
するとスマホ/タブレットの写真編集アプリはSnapseedをメインにPhotoshop Expressから入れ換えて反対に前者の弱点をカバーするべく、特別なエフェクトやraw現像のために後者を使うのも便利だろうと考える。
格別に気に入ってSnapseedを愛用せずにいられなくなった三つの特徴について纏めておきたい。
pngファイル保存
形式と画質 via Snapseed
画質が「設定」から四種類の「JPG 100%」と「JPG 95%」と「JPG 80%」と「PNG」に選択できる。jpg(jpeg)は写真に、pngは絵やスクリーンショットに向いているファイル形式だけど、画質が上がると容量が増えるので、注意しなくてはならない。pngがjpgよりも良いけれども写真に使うとサイズが大きければ何倍にも膨れ上がるからなるべく避けるのが無難だ。
Snapseedは「完了」と共有ボタンのどちらでも編集した画像を保存できるけれどもjpgからpngへのファイル変換は共有ボタンでしかできなかった。編集した画像を「完了」で保存すると「設定」が「…

GoogleがiPhoneでもAndroidと同様にスマホの検索エンジンの利用者を増やすのはきっと勉強好きに適している

Appleのパソコンやタブレットやスマホが動作している大元のシステムアプリのiOSのデフォルトのブラウザはSafariという。インターネットのサイトを閲覧・操作できる。Safariには幾つかの検索エンジンを使い分ける機能が付いているけれども何もしないとGoogle検索をデフォルトで使用するように指定されている。
近年は検索エンジンの利用者はスマホが多くてAppleだとiPhoneだけれどもデフォルトのブラウザのSafariでデフォルトの検索エンジンを使うという最も簡単な方法へ入り込むためにGoogleは多額の契約金を支払っていたと分かって驚いた。
Androidを開発するGoogleはiOSを開発するAppleのライバルですが、iOSのデフォルトの検索エンジンになるためにGoogleは、なんと30億円ドル(約3300億円)という破格の契約金を支払ってると報じられています。
GoogleがAppleに検索のため3年で3倍増の年間3000億円超えを支払っているのにウィンウィンの理由は? via GIGAZINE
2014年に約1100億円だったのが三年後の2017年に約3300億円と三倍に跳ね上がっているらしい。
Googleの検索エンジンの宣伝費用といって良いかも知れない。AppleのデバイスでブラウザのSafariから設定を変えずにインターネットをやっていると検索エンジンはGoogleになっている。最初から気に留まり易いわけだけれども検索結果のヘッダーには「Google」のロゴが出ていたりもして利用者はどんな検索エンジンを使っているかを速やかに覚えずにいない。検索エンジンの性能が高ければ他に変える必要も特に持たないはずだし、利用者が気に入れば将来的にデバイスやブラウザを変えた場合でも検索エンジンだけは変えたくないとGoogleを又使いそうだから費用対効果は非常に大きいと考える。
検索エンジンの利用者は年々とスマホが増え続けているけれどもAndroidとiPhoneが二大勢力なんだ。AndroidはGoogleのシステムアプリでデフォルトのブラウザのデフォルトの検索エンジンにはGoogleが指定されている。するとiPhoneでもGoogleがデフォルトの検索エンジンならば全世界の殆どの人たちにとって幅広く馴染まれる結果に結び付くに違いない。
GoogleがAppleにiPhone…

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ
偶に始まらなかったり、途中で止まったりもしていたPlayストアでのAndroidアプリのダウンロードは安定して来ていると思うし、喜ばしいかぎりの昨今だけれども速度自体はいつも同じではないから何だろうと訝られる。
余りに遅過ぎるわけではないし、お手上げとまでは行かないにせよ、非常に遅い場合もある。
Playストアのアプリが不調でなければサーバーが混雑しているか、手持ちのスマホの通信状態が良くないかのどちらかではないかと考えていた。
時間帯によって変わるような感じがするし、朝方は物凄い勢いでダウンロードが進んでしまうので、狙い目ではないかと逆にPlayストアのサーバーやスマホの通信状態が皆に使われてないはずの時間帯を選びたい気持ちでツイートしていたらPlayストアの公式Twitterから返信を貰ったんだ。
Google Play ストアでのアプリの更新やダウンロードが遅く感じる場合は、端末の接続状況を確認後、端末の [設定] > [アプリ] > [Google Play ストア] のデータ / キャッシュを削除し、端末の再起動をお試しください。
Google Play via Twitter
念のために試すことにした。スマホの設定アプリの「Google Play ストア」のストレージのデータとキャッシュを消去して再起動する。Androidアプリのダウンロードが遅くなるのがPlayストアのサーバーか、スマホの通信状態のせいならば何も変わらないはずだ。
スマホのPlayストアのストレージ via Android
特に何も変わらなかった、やはり。全然、ダウンロード、またはアップデートも繋がらないみたいに不具合が起きているならばスマホの設定アプリからPlayストアのデータとキャッシュを消去して再起動するのが真っ先に必要な方法だろう。時間帯によって遅くなるという状態についてはPlayストアのサーバーか、スマホの通信状態が原因ではないかとPlayストアのツイートには返信しておいた。
日中が遅くて深夜から朝方にかけては物凄く速い。どちらかというとスマホの通信状態は大きく変わらないはずなので、Playスマホのサーバーが混雑しているかどうかが影響している可能性が大きいと思う。
速いと10MBが一秒程度しかかからない。普通で二三秒で、遅いと五秒以上かも知れない。
気付いてPlayストアでAndro…

ルーターとテザリングとホームネットワーク

スマホでインターネットを行う際に通信会社と契約して受け取ったSIMカードを挿入して使うのが一般的かも知れない。しかし他にも方法は幾つかあってルーターとテザリングとホームネットワーク(家庭内LAN)でも可能なんだ。
頭の中がぐちゃぐちゃになって訳が分からなくなると困るからはっきりさせておくべきではないかと思う。
どうにも難しいんだ、スマホから捉えようとするとルーターとテザリングとホームネットワークが。何もないのになぜインターネットが可能なのか。三つともSIMカードの代わりみたいなもので、間接的にデバイスをインターネットに接続することができる。
なのでそれ自体のスマホやタブレットやパソコンなどにはもちろん通信料金は発生しない。通信料金が発生するのは三つの間接的な方法のルーターとテザリングとホームネットワークの通信契約にかぎられる。SIMカードやインターネット回線の場合がある。どちらもスマホにSIMカードを挿入して使うのと変わらないけれども通信料金もルーターとテザリングとホームネットワークで使っているデバイスにとっては間接的に発生しているところだけが違う。
因みに公衆無線LANも町中でのホームネットワークとして手持ちのデバイスから無料で使えたりもする。BIGLOBEのBIGLOBE Wi-Fiなど、通信会社によってSIMカードに付いているか、またはセブンイレブンのセブンスポットなど、普通の会社が出していて登録すれば店やその周りで使えるようになる。
ルーターは通信機能しか持たない
スマホから捉えると卵みたいだ。ルーターは通信機能しか持たないし、他には何もできない。しかし様々な機器を結び付けて同時にインターネットに接続できるのが優れている。
ルーターを使うにはスマホのようにSIMカードを挿入するか、パソコンのようにモデムをくっ付けるかのどちからが考えられる。そこから様々なデバイスをWi-Fi(無線LAN)やLANケーブル(有線LAN)やBluetoothやUSBコードで結び付けてインターネットに接続できるようにする。
そして結び付けられた様々なデバイスの相互通信も可能にするのがルーターの最も大きな特徴なんだ。パソコンからスマホにデータを送ったり、カメラやテレビやオーディオなどの色んな相互通信に使える。ホームネットワークの中心というルーターならではの機能なんだ。テザリングでは無理だし、スマホ…

Google日本語入力のキーボードで全角の英数字を打ち込む方法

イメージ
スマホをMoto G5 Plusに買い替えたら文字入力のキーボードがGoogle日本語入力だった。使うのは初めてではなかったものの本格的には未経験だったので、どうなるかと不安が心に過った。しかし暫く使っている間に慣れて来て特に支障はないと感じた。他の文字入力のアプリに変えもせず、数ヶ月、経った今でも喜ばしく使い続けている。
ただし一つだけ大きな難点がGoogle日本語入力には含まれていて全角の英数字が打ち込めないのではないかと悩まされずにはいなかった。
駄目だったらもはや止めなくてはならないと日本語の文字入力のキーボードとして僕にとっては重要な項目だった。
英数字は半角で打ち込めるから良いのではないかとも思うし、文章で全角と使い分ける気持ちも厄介にせよ、英数字が日本語との組み合わせで少しだけ入ると文字サイズでバランスが合わなくて読み辛い感じがするから半角よりも全角に変えたくなってしまう。
Google日本語入力のキーボードで全角の英数字を打ち込む方法はないかと色々と調べながらあちこち探し回らすにいなかった。
全角の数字は直ぐに見付かった
全角の数字 via Google日本語入力
キーボードの記号のボタンから「[全]」を選択すると一から零まで全て揃っていて普通に打ち込める。
全角の英字は普通では無理だった
入力モードの切り換え via Google日本語入力
昔は入力モードの切り替えの長押しで大丈夫だったらしくて手持ちのデバイスだとウォークマンに付いているGoogle日本語入力は殆ど使わないからアップデートしてなくて古いままなのを確かめてみたら間違いなく動いていた。
設定の切り換え via Google日本語入力
今は駄目なので、アップデートでいつしか変わってしまったのではないか。入力モードの切り替えの長押しで画面に「入力方法」と「Google 日本語入力設定」が出て来るとはいえ、どちらを探しても全角の英字を出すという方法が見付からなくなっている。
他のマッシュルームのアプリをインストールすると選択肢に出て来るらしいので、全角の英字が入ったタイプを選んで使うのが非常に容易いもののそれも気に入ったのが見付からないかぎり、とにかくGoogle日本語入力のキーボードだけでできないかと考えてしまう。
全角の英字は文字変換から引き出せる
Google日本語入力を使っていて全角の英字が偶に出て来ると気付い…

スマホの電池残量の表示が異常に崩れる不具合の原因

Moto G5 Plusを使い出して暫くしてから電池残量の表示が飛んだのが悲しかった。電池残量が0%に切れかけたところから充電して一気に100%の満タンに上り詰めてしまった。異常に崩れていて不味いと思った。
そのまま、使っていてどうなるか。買ったばかりで故障したのかも知れないし、気がかりで本当に仕様がないけれども今度は逆にというか、充電済みの状態からガタンガタン落ちて従来とは比べようもない電池持ち悪さを露呈した。
電池が壊れたのでは自分ではどうしようもなくて修理に出すか、買い換えなくてはならないけれども実際の症状としてはスマホの電池残量のプログラムが乱れたから表示が異常に崩れたように考えた。
以前も似たような電池残量の表示の不具合に見舞われていた経験がヒントになったんだ。
最初のスマホでシステムアップデートを受けてから電池残量がぐちゃぐちゃで、充電済みからガタガタに落ちるし、充電時間も飛んだのかと早過ぎて使い続けるのも嫌気が差して来たので、一年くらいで予想外に買い換える一因になってしまったという感じだった。
原因は殆ど明らかにシステムアップデートで、調べると同一機種で他の人たちにも報告されていたし、やはりかと確信を覚えるに至った。
スマホの電池残量の表示が異常に崩れる原因はアプリの影響が相当に大きいのではないか
最初のスマホはシステムアップデートの後の不具合だからシステムアプリを変更すれば改善されたかも知れないにせよ、初期化しないと駄目なのも本当に辛いかぎりで、スマホに保存されたデータを事前に移し替えて戻さなくてはならないから手間もかかるにせよ、どこかで何かが抜け落ちるのが最も困るし、万一の失敗する危険性を避けるためには買い換えも選択せざるを得なかった。
Moto G5 Plusの場合はどうか。電池残量の表示が異常に崩れるという不具合の直近にシステムアップデートは受け取ってなかった。すると自分でインストールしたアプリのどれかがスマホのそうしたシステムアプリに干渉しているのではないかと推測された。
現今、スマホの電池持ちを徹底するべく、アプリというとソーシャルメディアとか創作用なんて必要でも入れないものが増えている。
気持ちはタブレットのお陰で、スマホには必要なアプリを全て入れておかなくても良いのではないかと思えたせいだ。電池持ちからするとタブレットは必要なかぎりでしかインターネットに…

Bloggerの公式テーマからContempoをブログに新しく採用した

イメージ
今年の三月にBloggerに公式テーマ/テンプレートが新しく四つ追加されていた。ContempoとSohoとEmporioとNotableという。それぞれに基本色が五つずつ用意されていて全部で二十種類になる。従来のテーマでは様々な難点を抱えていたし、細かいところだけれども改善されているのではないかと嬉しい予感がして直ぐに使ってみたくなった。
テーマ via Blogger
ただしBloggerのテーマを取り替えるのは僕には難儀だった。というのはパソコンを使ってないせいで、htmlのコピーが保存できなかつた。スマホ/タブレットの長押しで反映するのは張り付けただけだからコピーはパソコンできないのではないか。取り替えた後に止めたくて元に戻せなくなるのは辛いし、もしも可能でも自分で追加したソースコードを記載し直すのは厄介だと避けたかった。Bloggerではウェブのカスタマイズのテーマにバックアップ/復元のスイッチが付いているから本当は一発でテーマを取り替えられるし、簡単なはずなのにスマホ/タブレットで機能しなかったのも大きかった。
従来のシンプルテーマで画像動画文章レスポンシブと幾つも変更して相当に気に入っていたので、新しいテーマは使わなくても構わないと確かめもしないまま、試しもしないでいた。
ところが数ヵ月が過ぎて他のカスタマイズの少ないBloggerのブログを使えば後から元に戻すとしても手間がかからないし、新しいテーマを確かめるのは容易いと感じた。
僕は些細な日常以外にホームページの更新記録としてBloggerブログを三つ持っていてカスタマイズも殆どやってないので、2017年の新しい公式テーマはどんな感じかを初めて試した。
するといきなり取り替える直前にバックアップするかどうかの画面が表示されて驚いた。今までにはない親切設計ではないか。htmlをコピーせずに気持ちばかり急いて失敗をやらかしてしまう人が減りそうだ。事前に注意を促された。有り難い。僕としてはスマホ/タブレットではどうせ駄目だろうとスキップしかけたけど、しけし表示が改めて追加されたからもしかして機能も変わったとバックアップのスイッチを押したらできたので、嬉しかった。
Bloggerはスマホ/タブレットでもバックアップ/復元が可能になったからhtml編集は取り込んだxmlファイルを手持ちのエディターアプリから行ってア…

スマホのホーム画面の無効にしても消えないGoogle検索バーにホームアプリ/ランチャーを変えないでおこう

イメージ
スマホの電池持ちを考えるとGoogle検索はブラウザでできるし、アプリは要らない。しかしAndroidだと必ず付いて来る。Googleが出しているシステムソフトウェアだからGoogle検索も外すわけには行かないんだろう。自分で設定のアプリからGoogle検索のアプリを無効にするしかない。
しかしMoto G5 Plusにスマホを買い替えたらホーム画面のウィジェットのGoogle検索バーが出放しになっていた。オリジナルのデフォルトのランチャーとセットになっていてホーム画面のデザインから動かせない。Google検索のアプリを無効にすると反応しない検索バーだけ残ってしまって気分が落ち込む……。
Google検索バー via Google アプリ
調べるとデフォルトのランチャーに組み込まれているスマホはホームアプリ/ランチャーを変えるしかGoogle検索バーは外せないらしい。
スマホの電池持ちを考えると何もしないのが無難だし、パフォーマンスが安定しているのも間違いないので、どんな機種でもおよそ的確なものが搭載されているはずだ、ホームアプリ/ランチャーを変えるのは個人的に忍びない。
Playストアで他のランチャーを探してみたけれども使うと電池持ちが少し悪くなるようだ。Google検索のアプリを無効にするだけの場合よりも厳しいのは否定できない。動作も落ちたりし兼ねないし、中々、本当に選び切れないんだ。
結局、Moto G5 Plusでオリジナルのデフォルトのランチャーが気に入っているから変えなくても良いと思い直した。
Google検索のアプリはメモリに常駐するけど、せめてOK Googleだけ切っておけば――Googleの設定の「音声」から「『OK Google』の検出」の「Googleアプリから起動」のスイッチだ――電池持ちが何もせずに大幅に下がるわけではなさそうなので、改めて有効にした。
スマホのホーム画面に反応しないGoogle検索バーが残るのは辛いし、まるで死体のように不吉なので、ホームアプリ/ランチャーを変えずにデフォルトのままで消せなければ使えるようにしておきたくなる。Google検索はブラウザできるからアプリは要らないけれどもホーム画面に検索バーがあれば便利なのも本当だろう。もしも使うならばスマホの電池持ちに影響するのはブラウザとアプリのどっちでも同じだから気にしても仕様がない…

MOTOROLAのスマホのデフォルトで画面オフから自動的に表示されるロック画面は止められた

イメージ
Moto G5 Plusを使い出してデフォルトで画面オフから少し動かしただけでロック画面が浮き出て来る設定になっていると直ぐに気付いた。自動化アプリが搭載されているせいで、とても便利だけど、しかしながらスマホの電池持ちが確実に悪くなるから止めたかった。何もしなくても自動化アプリはスマホのバックグラウンドで作動していていつでも反応できるようにメモリと電力を消費しながら待機しているわけだ。

Moto G5 Plusの設定のアプリからスイッチを探してもなかったし、分からなくて当初からそのままにしていたもののMOTOROLAのMoto Displayがロック画面の自動化アプリだと分かってついに止められた。
MOTOROLAのシステムアプリだからMoto G5 Plusにかぎらず、メーカーのスマホで共通していると思う。
Moto Displayを無効にすると画面オフからロック画面が少し動かしただけで浮き出なくなる。
スマホの設定のアプリの「アプリ」か、「メモリ」で選択したアプリのアプリ名からMoto Displayを無効にすることができる。
システムアプリなので、前者だと直ぐには表示されてない。メニューから引き出さないと見付からないんだ。そして後者だと自動化アプリでやはり作動しているからメモリを使っているというアプリのリストに並んでいる。
Moto Displayを無効にして画面オフから電源ボタンを確実に使うようにすると壊れた場合に嫌だし、万一に備えてロック画面の自動化アプリを付けておくのも良いので、どちらかにするかは迷わずにいられないにせよ、Moto G5 Plusを電池ボタンが壊れないように丁寧に扱いながら電池持ちを僅かでも上げておきたい。

Androidの日本語フォントはマシュマロからGoogleフォントのNoto Sans CJKに変わった

イメージ
スマホをMoto G5 Plusに機種変更して日本語の表示が凄く良いと思った。見たことがあるようなフォントで、メインのホームページで取り入れているGoogleフォントのNoto Sans Japaneseにそっくりなので、Androidだからもしかしてスマホに日本語として新しく採用されたと感じた。

調べてみるとGoogleフォントのNoto Sans CJKがAndroid 6.0のマシュマロから標準の日本語フォントとして採用されていたらしい。中身はNoto Sans Japaneseと全く同じだ。素晴らしい気持ちがするし、凄く良いと思うので、Googleがやってくれたと個人的に拍手を送りたい。
タブレットがマシュマロだけど、しかし表示されてなくて機種によって独自の日本語が使われているからAndroidのスマホ/タブレットならば誰でもNoto Sans CJKを使用しているわけではないんだ。
Moto G5 Plusにスマホを買い替えて良かったという理由が一つ増えた。ちょっとした喜びにせよ、思い至れば愉快な気持ちに変わりはない。些細な日常の発見だから本当に面白いし、かねて考えていたよりも好運だった。
参考:Android 6.0 Marshmallowでは日本語フォントがモトヤフォントからNoto Sans CJKに変更される。

Google2段階認証プロセスのアカウントのセキュリティーを高めるための確認手順と注意点

Googleアカウントのセキュリティーを高めるためにGoogle2段階認証プロセスを使用している。
初めは名前だけ聞いて意味が良く分からなかったし、アカウントのセキュリティーを高められてもログインに手間が増えて面倒臭いに過ぎないと避けていた。
しかしサイト広告をGoogleアドセンスで取り入れているし、アカウントが同じなので、誰かに乗っ取られると生活費を稼ぐという全ての苦労が水の泡と消え失せてしまう。金銭が絡むと危険性が高まるのも間違いない世の中のかぎり、Google2段階認証プロセスは有り難いわけだから是非とも活用するべきではないかと気付き出した。
実際に登録しながらはっきり分かったのはアカウントの遠隔操作に強い。誰かにパスワードを悪用されても大丈夫なのがGoogle2段階認証プロセスだった。つまりパスワードだけではアカウントにログインできないからインターネットでのセキュリティーは万全とも過言ではないわけだ。
テキスト メッセージ、音声通話、モバイルアプリを介してお使いの携帯電話にコードが送信されます。セキュリティ キーをお持ちの場合は、パソコンの USB ポートにセキュリティ キーを挿入することもできます。
Google 2 段階認証プロセス via Google
パスワードに加えて確認コードも必要とされる。メインのデバイスへSMS等で発行されてアカウントにログインする際に入力しなくてはならないんだ。毎回、確認コードは変わるから固定したパスワードのように前以て盗まれる可能性は著しく低い。
両方とも一辺にまさか解読されないとはかぎらないし、誰かに侵入される恐れが全くないわけではないにせよ、アカウントのセキュリティーが非常に高いのは間違いない。パスワードだけでもそもそも大丈夫なはずだったならば鬼に金棒ではないか。面倒臭いのも当然ながら敢えて取り入れる重要性というと頷かれるし、不安の忍び寄る影が薄まるばかりの日々こそ気持ち良い。
Google2段階認証プロセスは案外と便利だ
確認コードがメインのデバイスへSMS等で送られるけれどもサイトやアプリでアカウントにログインするとログアウトしなければ必要とされないので、パスワードも入力しないまま、手間は全くかからずに済んでしまうから何もしてないのと同じだろう。
デバイス毎に確認コードが発行されてそのようにデバイス毎にアカウントへのログインが許可…

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

イメージ
道沿い(緑) © 天使のモノクローム
店頭で実物を確認しないで、インターネットでBIGLOBEに注文してしまったから少し焦った。二日で届いて、随分、早いと感心しながら開梱して手に取った感触はとにかく素晴らしかった。
全体的に小気味良い丸みが施されていて非常に持ち易い。以前、スマホの工場で働いていたことがあるから何種類も記憶に残っているけれどもMoto G5 Plusの感触は断トツだ。大きさと重さのバランスが巧みに取られているとしかいいようがない。5.2インチの画面だから大きくて手に合わないのがちょっと辛いくらいで、デザインを優先すれば5インチの画面のMoto G5こそ小さめで良いはずだと予想していた通りだったし、完全に納得してしまった。
背面のカメラの縁取りが大きくてそのままでは邪魔かも知れない。カバーを着ければ気にならなさそうだけど、しかし僕はやってないので、カメラを傷付けないために保護シートだけ貼った。出っ張りが机などに打つかるとやはり危ないと思う。写真に全く影響しないわけではないからなるべく避けたいにせよ、仕様がない。カメラの縁取りがしっかりしているのは撮影に適しているはずだし、性能を少しでも保たせるのではないか、良い写真が得られるとは期待している。
驚くのは背面の中央に浮き彫られたロゴだ。Moto G5 Plusを下から持つと人差し指が軽くかかったりする。ストッパーではないか。なので安心感を受け取る。カバーを着けないかぎり、持っていてスマホを地面に落とさないと心理的に仕向けられるのは有り難い。
スマホは三台目だけれどもブランドが初めてのMOTOROLAだし、Moto G5 Plusの初期設定に相当に手間取ってしまった。
マイクロSDカードの挿入が厳しかった。SIMカードも同じだけど、先ずは蓋を開けるのが一苦労だった。専用の棒が付いていて穴を押さなくてはならないとは知らなかった。スマホの上部側面で、やっても直ぐには無理だった。強力に押すべきか、よもや壊してしまいそうだから本当に参った。説明書を読んでも押すとしか載ってないから少しずつ少しずつやって開いてくれと祈るばかりだった。するとパカッとトレイが飛び出して来た。喜びながらなぜなのかと咄嗟に確かめるとトレイの留め具を専用の棒で押して外すような構造になっていた。たとえ強力でも簡単には壊れなかったみたいだ。トレイの留め具の先…

BIGLOBEの格安SIMでMoto G5 Plusにスマホも買い換え

イメージ
スマホのタッチパネルが不調だったけれどももはや画面の大半が反応しなくなってしまった。どうしようもない。最短でも四年くらい持たせるつもりで勢い込んで購入したにせよ、予定を変更せざるを得ない。
古いスマホが一年しか使わずにあるからメインに切り替えるか、または新しいスマホに買い換えるかと悩むけれども前者は今ではもう不便に感じるし、出費は嵩むものの通信契約も踏まえると後者が望ましいようだ。

ブログにも載せず、黙っていたけれども格安SIMはBIGLOBEが、一番、良かった。手持ちのスマホがauだからmineoにしていて次回からは通信契約をBIGLOBEに変えようと考えていた。
安い。調べると通話付きの6GBで二千円ちょっとだからmineoの通話付きとデータのみの3GBの二回線よりも三百円くらい下がる。一年で四千円近く助かる。
丁度、春先の入学や入社のシーズンのせいか、キャンペーンをやっていた。新しくスマホを買い換える人が多そうだけど、新規の通話付きの3GB以上と同時購入で一万円のキャッシュバックが貰える。しかも機種によって三千円のクーポンも出している。タイミングはぴったりなんだ。
因みにプレゼントもやっていてTwitterのフォローとリツイートからスマホが当たるかも知れないので、応募しておいた。
新しいスマホは何にするかが非常に重要だけれどもXperiaは止めざるを得ない。Sonyが好きで、ガラケーに参入してからずっと使ってスマホもXperiaだけしか頭になかったにせよ、今回、踏み潰しかけて駄目になったから僕のせいとはいえ、製品の耐久性に疑問が膨らんでしまった。
スマホは精密機器で、製品の耐久性がどうしても難しければいつか壊れてしまっても悲しみが少ないように最初からなるべく安いのを買っておかないと不味いのではないか。
Xperiaは高い。今までの半額の二三万で抑えたいと思う。予定外の出費なので、それでも辛い。しかし長く使えるように総合的に気に入る機種はどうしても二万円以下では厳しい感じがしてしまうんだ。
BIGLOBEのクーポン付きのスマホのラインナップでMOTOROLAMoto G5 Plus(ルナグレー)が高めで、三万円を越えるけれども性能とデザインで最も引き付けられた。
電池持ちが長い5.2インチの画面が使い易い処理速度に優れるマイクロSDカード使用可1.7F/12MPのカメラが良い纏…

少年の職場の悩みへの認識力の社会学

家の近くでスマホの音量を上げて喋る少年がいた。中学生だったけれども卒業したのか、去年の始めから日中にぷらぷらし出したようで、不可解に受け留めていた。聞こえて来た一本の通話からはっきり分かった。先方の友達も同じで、中学校を卒業したものの短時間のアルバイトをやっているみたいなんだ。だから時間が余っていてぷらぷらし出したわけだけれども改めてちょっと悲しかった。二人とも進学せず、正面に就職もできてない。
何を望んでいるのか、周りの大人たちは先生も親も。それとも不況で、仕事が減っているからもはや短時間のアルバイトでも仕様がないのか。
一年くらい経って音沙汰がなくなった。ぷらぷら少年の毎日の勤務時間が伸びたのかも知れない。アルバイトなのか、正社員なのか、どちらにしても何もしないでいるよりはせめて益しだろうとほっとしなくはなかった。分からないので、どこかのひね曲がった道にでも迷い込んでなければ良いと思うし、幸運を祈るしかない。
NHKスペシャルの見えない“貧困” ~未来を奪われる子どもたち~で、近年、日本の子供たちが学生でもアルバイトで多く働いていると取り上げていたけれども考えると世相が昭和以前に逆戻りしているのではないか。江戸時代なんか本当に当たり前だった。年少でも人間は働くべきと常識化されていて現在の途上国と日本も変わらなかったはずだ。今又、そうなりかけている。社会的に退化しているようで、耳の痛い実況だった。
ただし面白いのは僕も含めて働かずに済んだ学生が本当に勉強一筋だったかどうかは怪しくて学校に在籍しながら中身は遊んでいるだけならば働かざるを得ない子供たちこそ余程と幸せではないか。
社会的には危険だし、勉強しない人ばかりでは国もまさか進歩しないので――スマホ一つどうやって作り得るかも物理学者にしか分からない――博学を推進するべき政治が理想としては掲げられるだろう。
注意すると遊ぶのも大事だ。遊んでこそ僕も永遠の詩人になれた。高校時代にランボーカフカスピノザを読んでなかったら、または大学時代にフランス現代思想ポストモダンの批評をやってなかったら天使的な人に愛されたかどうかは決して定かとはいえないと思う。学校の授業とはさほど関係なくてむしろ遊びだった。自分が気に入ってそうした知識へ向かっていたからゲームやアニメと変わらないんだ。どう生きるかが問われていた。およそ世間一般の学習では…

Evernoteで同期に失敗してノートが消えたらプレミアム会員の更新履歴でしか取り戻せなかった

イメージ
朝から良い感じでブログの記事を書き進めて五千文字近くで完成した。中々の力作が仕上がったと満足しながら後は関連したリンクを貼るのにサイトを探していて、全部、見付かってもう公開しかけていた。
Evernoteのタブレットで見付けたリンクをノートに載せながら文章が可笑しいと思った。物凄く短くて半分くらいしかなくなっていて気付いた頃にはスマホとの同期に失敗して消え去ってしまっていた。

元々はタブレットで半分くらい書いた。それをスマホで開いて半分くらい書き足して完成した。次いでタブレットで見付けたリンクを載せるところで先に同期してなかったせいかも知れない、ノートが消えて失敗したというのは。
スマホからの新しいデータを受け取る前にタブレットで古いままの状態を少しだけ変えて更新してしまったようだ、はっきり覚えてないけど、とにかく。
複数のデバイスで同期がずれると重複ノートでいつも二つに分かれるのに違ったんだ。
一瞬の隙を突かれたのではないか、推測するには。
スマホとタブレットで一つのノートを別々に更新していて同期で打つかったらたぶん重複ノートで二つに分かれるはずなので、これはこれで間違えても安心して良いと思う。
悲しいのは別のデバイスの新しいデータを受け取りながら古いデータを開いて保存した場合なんだろう。新しいデータが今のデバイスで更新したよりも古いと判断されて直ぐ様と書き換えられたとしか考えられない。さもないとEvernoteは恐ろしくて使えなくなる。
僕が急ぎ過ぎたせいだ。というか、気付かないで、スマホからさっさと新しいデータは受け取ったつもりで、同期しているところでタブレットの古いままのノートを開いて書き換えたのが不味かった。同期しないで、ただ書き換えるだけならば後から同期してスマホとの重複ノートになるに過ぎないはずだった。
非常に困ったし、一日、丸潰れだ。二千文字以上もあれば記憶から引き出して書き直せないので、試したけれども数行で失われた部分は殆ど思い浮かばないし、ぽつぽつでは繋げても文章として違和感が酷いので、改めて途中からでも新しく書きながら速やかに流れるように纏めて行くしかない。
Evernote プレミアムなら、ノートの履歴を確認して、過去のノートを復元することが可能です。
Evernote ノートを編集前の状態に戻す方法(プレミアム機能) via Evernote日本語版ブログ
調…

スマホのタッチパネルの反応が悪いんだ

イメージ
スマホを買い換えて一年を過ぎてタッチパネルの反応が悪いと感じ出した。
冬で乾燥して指先の電気が減っているせいもあるかも知れない。スマホのタッチパネルは微弱な電流に反応していて人が手袋を着けていると操作できなくなるのもそのためだ。指先に息を吹きかけたりして幾らか湿らすと電気が流れ易くなって逆に良いとも聞かれる。
やってみても難しいくらいスマホの調子が下がっていてタッチパネルでもタブレットは大丈夫だから冬のせいとはかぎらないと思う。
調べてみると手持ちのXperia Z3にはタッチパネルの不具合が多く指摘されていたり、使い続けて故障したならばもはや修理する以外にスムーズな動作を回復する方法はなくなくなってしまうんだ。
またはスマホは入っているアプリが複数で干渉していると調子が下がるし、ストレージの容量が少ないのも動作に支障が出るみたいなので、注意しなくはならないと思う。
タッチパネルの不具合は幾つも原因が考えられるけれどもどうなのかというところで、さらに気付いたのは自分のせいも可能性として捨て切れなかった。
先日、ブログの画像が傾いて見えるのは自分のせいだと気付いたばかりだけど、するとスマホのタッチパネルの反応が悪いのも僕が指先を誤ってなければ大丈夫かも知れないとなる。
ノート via Evernote
キーボードはフリック入力を設定していてボタン毎に指先を上下左右に振りながら使っている。知らない間に感覚が雑になってフリック入力の許容範囲を越えれば駄目だろう。試しにゆっくり打ち込むと少しは益しに受け留められた。
完全に元通りにならなければ他の原因がやはり大きいだろうけれども自分のせいだと明らかに認めるのは指先が思ったよりも右寄りに付いてしまう。目線が傾いたのと同じで、指先もボタンに真っ直ぐに合わないみたいだから左寄りに矯正しないと駄目だと思う。
キーボード以外でもホームボタンが相当に辛くて駄目ならば専用のアプリが必要なくらい落ち込んでいる。
巷でタッチパネルの不具合はタッチ切れと呼ばれていて他人事では無い!『タッチ切れ』が発生しているか確認する方法によると絵のアプリで簡単に分かるらしい。
画面に線が全て引けるかどうかでやってみると恐ろしいことに真ん中が不味いという結果だった。
振り返ると、一回、踏み潰しかけたスマホだったので、そのときから大丈夫だったものの半年くらい経ってしかも乾燥する冬に懸念…